« 夏の北海道鳥見行(6):羽幌港から天売島へ | トップページ | 夏の北海道鳥見行(8):ウトウの帰巣風景--天売島 »

2018/07/17

夏の北海道鳥見行(7):ウミネココロニー - - 天売島

鳥見行3日目(6.28 その5) いよいよ天売島です。14時に羽幌港を出発し、1.5時間ほどの鳥見の航海をを楽しんで15時30分、ほぼ定刻どうりに天売島に着きました。

港に迎えに来てくれた宿のバスに乗り、宿に入ってチェックインした後、再び宿の主人が運転するバスに乗り、黒崎海岸に行ってウミネコが営巣しているコロニーを案内していただきました。

To700umonekoeisoutirimg0170_2018062
↑ 天売島黒崎海岸のウミネココロニー

To710rimg0172_20180628_161415_000_2To720rimg0175_20180628_161427_0003

↑ 天売島黒崎海岸のウミネココロニー全景

To750rimg0176_20180628_161435_0000

To800uminekocolonydsc_1517_20180628

↑ 石の色がウミネコの色とよく似ており、保護色になっています。

To810uminekocolonydsc_1565_20180628
↑ 猫のような声を出してなくウミネコの成鳥。

To820uminekocolonydsc_1543_20180628

↑ ウミネコの可愛い雛

To820uminekocolonydsc_1520_20180628

↑ すこし大きい雛

To840uminekocolonydsc_1581_20180628

↑ えさを欲しがる雛、シランふりをしている親。

To850uminekocolonydsc_1585_20180628

↑  一生懸命羽ばたきをしている雛。 

To850uminekocolonydsc_1598_20180628

↑ もう少しで飛び立つことができるでしょう。色々な成長段階の雛が観察できました。

生きとし生けるもの、みんな元気に育ってくれることを祈って別れました。

|

« 夏の北海道鳥見行(6):羽幌港から天売島へ | トップページ | 夏の北海道鳥見行(8):ウトウの帰巣風景--天売島 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の北海道鳥見行(7):ウミネココロニー - - 天売島:

« 夏の北海道鳥見行(6):羽幌港から天売島へ | トップページ | 夏の北海道鳥見行(8):ウトウの帰巣風景--天売島 »