« 台風一過:畑の様子 | トップページ | アカガシラサギ 2(2018/07/30):笹薮のマイホーム »

2018/08/01

アカガシラサギ 1(2018/07/30):木止まり

アカガシラサギ: 数少ない旅鳥として各地に飛来していますが、茨城県のこのサギ村には、1昨年あたりから、お仲間に入れてもらっています。しかし、まだ孤軍奮闘中です。

Ha00sakuragawasagicolonyrimg0300_20

↑ 常陸国桜川河川敷サギ村:上流源の桜川市磯部は謡曲「櫻川」の物語の発祥地。

現地には7時20分頃に着きましたが、すでに、三脚を立てた5名ほどの先客が、おりました。御挨拶をして、鳥さんたちの様子を窺い、お仲間に入れてもらいました。

お目当てのアカガシラサギは、最初、笹藪の中にいましたが、やがて、少し高く上がっている「お気に入り」と言われている木の枝に出てくれました。

To1001akagasirasagidsc_3178_2018073
↑ お気に入りの弓なりに曲がった木の枝に止まりました。

To1001akagasirasagidsc_3188_2018073
↑  アカガシラサギ(夏羽):ペリカン目サギ科 全長45cm  雌雄同色。

To1001akagasirasagidsc_3216_2018073
↑ 夏羽は頭から頸、胸にかけて茶褐色。

To1001akagasirasagidsc_3241_2018073
↑  背は青味のある濃い灰色。

To1001akagasirasagidsc_3259_2018073
↑ 冠羽があり、胸は僅かに青味を帯びた褐色。

To1001akagasirasagidsc_3267_2018073
↑ 足は黄緑色。

To1001akagasirasagidsc_3278_2018073
↑ 正面顔はちょっと怖い。

To1001akagasirasagidsc_3287_2018073
↑ 嘴は黄色で先端は黒く、最先端部は、ぽちっと黄色。

To1001akagasirasagidsc_3309_2018073

↑ 体下面と尾羽は白い。 婚姻色か、嘴に青味がさしている。

To1001akagasirasagidsc_3312_2018073
↑ ちょっと上空を警戒。 

To1001akagasirasagidsc_3320_2018073
↑ 下を覗く。

To1001akagasirasagidsc_3326_2018073

↑ こっちの方から見た方が、見易いかな(○゚ε゚○)

To1001akagasirasagidsc_3353_2018073

↑ そろそろ食事に行うかな。このあと7時30分過ぎに、川上の方に飛んで行ってしまいました。いきなり飛んで行ってしまったので、シャッターが間に合わず、飛び立つときの写真は撮れませんでした。

このあとアカガシラサギは飛び立って2時間くらい帰って来ませんでした。 しかし、アカガシラサギが留守のあいだは、1000羽近くもいると言われるこのコロニーのダイサギ、チュウサギ、コサギ、ゴイサギなどを観察して、退屈しませんでした。

次回は、朝の笹藪の中アカガシラサギの姿と、再度、帰って来たあとの笹薮の中のアカガシラサギの姿を紹介します。

|

« 台風一過:畑の様子 | トップページ | アカガシラサギ 2(2018/07/30):笹薮のマイホーム »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/67009281

この記事へのトラックバック一覧です: アカガシラサギ 1(2018/07/30):木止まり:

« 台風一過:畑の様子 | トップページ | アカガシラサギ 2(2018/07/30):笹薮のマイホーム »