« シジュウカラ | トップページ | ツツドリ? それとも ホトトギスの幼鳥?悩ましき判定 »

2018/10/24

ユリカモメ、コブハクチョウ:牛久沼の野鳥たち(2018.10.21)

今日は家でパソコンに向かい、少し遅れていた野鳥観察結果の整理をしました。

一昨日(1月21日)の牛久沼公園は、朝から雲一つない快晴の秋日和で、長期予報ではこの晴天が2~3日続くとの予報でしたが、台風26号の発生で影響を受けたのでしょうか。今日は終日雨が降ったり、止んだりのお天気でした。

そこで、予定していた菜園の仕事は見送りとし、公園での鳥見データーの整理へとスイッチを入れ替えました。

To100yurikamomedsc_8112_20181021_12
↑ 冬鳥のユリカモメが6羽姿を見せていました。

To110yurikampmeusikudsc_8084_201810
↑ もう冬羽への換羽は完了しています。

To200kobuhaktyouusikurimg0074_20181
↑ コブハクチョウは餌付けをしているので、

To210kobukakutyouusikudsc_8106_2018
↑ 周年滞在しています。

To220kobuhakutyouusikurimg0080_2018

↑ ここで生まれた幼鳥もいました。

To230kobuhakutyoujrdsc_8110_2018102
↑ コブハクチョウの幼鳥。 あどけない顔をしていますね。

To300ohbanusikudsc_8134_20181021_12
↑ オオバンがのんびり日向ぼっこをしていました。

To400hidorigamousikudsc_8186_201810
↑  ヒドリガモ♂ 数羽の群れで泳いでいました。

To410hidorigamousikudsc_8187_201810
↑ ヒドリガモ♀

To500karugamousikudsc_8260_20181021
↑ 少し遠いところではがルガモの群れが泳いいました。

To510karugamousikunumadsc_8267_2018
↑ カルガモ

To600kawauusikudsc_8341_20181021_14

↑ そして、さらに遠いところではカワウが盛んに潜水して採餌していました。

 

 

|

« シジュウカラ | トップページ | ツツドリ? それとも ホトトギスの幼鳥?悩ましき判定 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65909/67305318

この記事へのトラックバック一覧です: ユリカモメ、コブハクチョウ:牛久沼の野鳥たち(2018.10.21):

« シジュウカラ | トップページ | ツツドリ? それとも ホトトギスの幼鳥?悩ましき判定 »