« 白菜の収穫と下漬け(2018/12/10-11) | トップページ | ルリビタキ(2018/12/15) »

2018/12/14

白菜キムチを漬け込みました(2018/12/13)

 12月11日は、関東地方のトップを切って、前橋気象台で「初雪」が観測されました。昨シーズンよりは21日遅いが、平年より4日ほど早い初雪だそうです。

いよいよ本格的な冬の到来のようです。12月13日 白菜の下漬けが終わったので、早速、白菜キムチの漬け込みにとりかかりました。

漬け方は、昨年とほぼ同じですが、塩漬けの白菜の量を減らし、キムチ漬けの方が長期保存できるので、キムチ漬けの量を多く漬け込みました。

Ha50kimutirimg0088_20181213_231103_
↑ 12月13日 白菜キムチの漬け込みを完了しました。

Ha100kimutirimg0023_20181213_114349Ha105kimutirimg0016_20181213_111458

 ↑ 12月11日に「下漬けした白菜」を13日取り出しました。

白菜は1株4片に分割して、下漬けしました[2ケース=9片X2=18片ケース=8.5株]。

Ha106kimutisrimg0097_20181214_09183
↑ 自家製のヤンニョム(キムチ漬けの素)を、下漬けした白菜に塗り込んでキムチ漬けを完

了。

     作り方の概要は「続き」をご覧ください(クリック)。

           自家製のヤンニョムの作り方

Ha110kimutirimg0012_20181213_1020_2Ha120kimutirimg0007_20181213_101847

↑ ヤンニョムの材料

Ha200kimutirimg0044_20181213_200935
↑ カツオのだし袋を入れ出汁をつくる。 水 500ml+昆布出し汁250ml+カツオだし

Ha210kimutirimg0036_20181213_195852

↑ 切り餅4個をサイコロ形に切り、

Ha220kimutirimg0050_20181213_201833
↑ 鍋に餅を入れ、焦がさないよう注意しながら、おかゆ状になるまで鍋をかき回して溶かす。

Ha230kimutirimg0052_20181213_205628
↑ 粉唐辛子と中粗挽き唐辛子を入れてよくかき混ぜる。

Ha300kimutirimg0026_20181213_171913
↑ ヤンニョムの具材を揃えます。

Ha310kimutirimg0057_20181213_210359Ha320kimutirimg0060_20181213_211238

↑ よくかき混ぜます。

Ha330kimutirimg0061_20181213_212933
↑ よく混ざったら

Ha340kimutirimg0064_20181213_213610
↑ イカの塩辛、ナンプラーなどを入れます。

Ha400kimutirimg0077_20181213_220827
↑ 最後に唐辛子の糊を入れ、よくかき混ぜて「ヤンニョム」の完成です。

Ha450kimutirimg0080_20181213_220957

↑ 下漬けをした白菜にヤンニョムを塗り付けます。

Ha670kimutirimg0084_20181213_231044
↑ ヤンニョムを塗り付けた白菜を、樽に詰めます。

Ha1000kimutirimg0097_20181214_09183
↑ 詰め終わったら、ビニール袋の空気を抜いて、うち蓋をのせ、軽い重石を置いて冷暗所に置きます。

このあと、早ければ3~4日ほどで食べられるでしょう。

|

« 白菜の収穫と下漬け(2018/12/10-11) | トップページ | ルリビタキ(2018/12/15) »

家庭菜園」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白菜キムチを漬け込みました(2018/12/13):

« 白菜の収穫と下漬け(2018/12/10-11) | トップページ | ルリビタキ(2018/12/15) »