« 菜園の仕事始め:ライ麦の麦踏をしました。 | トップページ | ベニマシコ、ジョウビタキ、シメ(2019/01/11):埼玉県芝川第一調整池の野鳥(2) »

2019/01/12

チュウヒ、ミコアイサ、オオハクチョウ、コハクチョウ(2019/01/11):埼玉県芝川第一調整池の野鳥(1)

なかなかお目にかかることができない冬鳥さん達が、埼玉県見沼の葦原や田んぼの周辺に飛来して来ているというので、芝川第一調整池に出かけました。

現地に10時頃到着し、芝川左岸の調整池の周回道路を時計回りに移動しながら、野鳥の観測を開始しました。

池には、オオバン、ダイサギ、アオサギ、カワウのなどの水鳥が目につきましたが、お目当てのミコアイサやチュウヒの飛翔などを観察したかったので、先を急いで堰堤近くまで行きました。

そこには、すでに、数名のCMさんがカメラを構えておられたので、早速お仲間に入れてもらい、チュウヒが飛翔するのを待ちました。

チュウヒは11時30分頃に、対岸の林の方から姿を現わし、調整池内の葦原の上を滑翔し始めました。しかし、遠いです。ピンボケ量産を承知の上で、連写のしまくり。その結果、ようやく証拠写真程度の画像を数枚とることができました。

To1000tyuhisibakawadsc_5158_2019011
↑ チュウヒ: 腰が白いのでオスのAdのようです。

To1100tyuhisibakawadsc_5164_2019011
↑ 葦原を低空で飛び回りなから獲物を探しているようでしたが、なかなか見つからない様でした。

To1300tyuhisibakawadsc_5171_2019011
↑ 何回も飛翔してくれましたが、遠かったです。

両翼を浅いV字型を保つ滑翔と、羽ばたきを繰り返しながら風上に向かい、顔を下に向けて葦原の上を低い高度で飛びながら、獲物を探していました。

To2000mikoaisasibakawadsc_5375_2019
↑ ミコアイサ: オスが2羽、メス1羽いました。 この子たちも池の真ん中にいてなかなか近くまではきてくれませんでした。

To2200mikoaisasibakawadsc_5358_2019
↑ オスのミコアイサです。 少しトリミングしました。

To2300mikoaisasibakawafdsc_5501_201
↑ メスのミコアイサ。 風に流されて、すこし近くまで来てくれました。

To1000ohhakutyousibakawadsc_5249_20
↑ オオハクチョウ: 嘴の黄色部が先端に食い込んでいるのが確認できました。

To1100kohakutyousibakawadsc_5251_20
↑ 後から1羽、コハクチョウがついてきました。コハクチョウの嘴は黄色部の面積が嘴全体の半分以下になっています。

To3000hakutyousibakawadsc_5257_2019
↑ オオハクチョウ2羽とコハクチョウ1羽が飛来して来ており、一緒に行動していました。

To3000hakutyousibakawadsc_5261_2019
↑ 葦原の上を通過して・・・

To3000hakutyousibakawadsc_5345_2019
↑ 池の真ん中に着水しましたが、すぐに頭を羽の中に突っ込んでしまいました。。 

To3000hakutyousibakawadsc_5417_2019
↑ どこかで採餌してきて疲れたのたのでしょうか、ここではぐっすりお休みで、顔を見せてくれませんでした。

 

|

« 菜園の仕事始め:ライ麦の麦踏をしました。 | トップページ | ベニマシコ、ジョウビタキ、シメ(2019/01/11):埼玉県芝川第一調整池の野鳥(2) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チュウヒ、ミコアイサ、オオハクチョウ、コハクチョウ(2019/01/11):埼玉県芝川第一調整池の野鳥(1):

« 菜園の仕事始め:ライ麦の麦踏をしました。 | トップページ | ベニマシコ、ジョウビタキ、シメ(2019/01/11):埼玉県芝川第一調整池の野鳥(2) »