« アオジ、コサギ、バリケン(2019/01/18): つくば市赤塚公園(2) | トップページ | オオヒシクイ(2019/01/22) »

2019/01/26

里の森の冬鳥(2019/01/19)

今日は、風はそれほどでもなかったが、一段と寒い日でした。そして、夕方近くになってちらりと雪が降ってきました。このまま降り続けるのかなと思ったら、1時間くらい降って止んでしまいました。今夜、また雪が降り続ければ、初雪になるかも知れません。明日の朝が楽しみです。

先日(1月19日)、今年の里の森の冬鳥は如何にと、つくば市高崎自然の森を訪れました。

冬鳥は、今年は、数年前に比べるとやや少ないように感じましたが、森およびその脇を流れる稲荷川の周辺で、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミ、シメ、カシラダカなどの冬鳥たちが元気な姿を見せていました。また、オオバン、カルガモ、ノスリなどの常連さんの元気な姿も観察してきました。

To100siroharaokazakidsc_8169_201901
↑ シロハラ: スズメ目ヒタキ科  全長25cm 冬鳥 ( 2019/01/19 高崎自然の森)

園内は綺麗に整備されていましたが、鳥影は少なく、静かでした。ぐるっと一回りしたところで、何か飛び立つ鳥がいました。よく見たら、シロハラでした。 森を出て、稲荷川沿いに散策したら、お馴染みの留鳥とともに、お待ちかねの冬鳥さんたちもいました。

To120ohbantakasakidsc_8011_20190119
↑ オオバン: この周辺ではお馴染みさんです。

To130karugamotakasakidsc_8023_20190
↑ カルガモ: カルガモさんここでも健在で、お馴染みさんです。

To140jyohbitakitakasakidsc_8101_201
↑ ジョウビタキ♂: 冬鳥さんです。川沿いに数羽いました。

To150aojitakasakidsc_8204_20190119_
↑ アオジ: 留鳥または漂鳥  まだ、用心深いです。人が近づくとすぐ草藪の中に逃げ込んでしまいます。

To200tsugumitakasakitakasakidsc_811
↑ ツクミ: 冬鳥  川沿いの畑で採餌していました。

To210simetakasakidsc_8034_20190119_
↑ シメ: 冬鳥  危険を感じると高いところに飛び上がり、安全と見ると地上に降りて採餌をしていました。

To220kasiradakatakasakidsc_8233_201
↑ カシラダカ: 冬鳥  この子たちは、細かい木の枝をバリケードにして身を守っているようです。

 もう少し、見えるところに出て欲しいと願っても、この子たちに恐怖心を持たせたら、怖がって出てくれないでしょうね。

To230nosuritakasakidsc_8128_2019011

↑ ノスリ : タカ目タカ科 留鳥または漂鳥 ( 2019/01/19 高崎自然の森)

ふと気がついたら、ノスリが飛翔していました。 森の小鳥たちは、ノスリを怖がって出てきてくれなかったかも知れません。

 

|

« アオジ、コサギ、バリケン(2019/01/18): つくば市赤塚公園(2) | トップページ | オオヒシクイ(2019/01/22) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里の森の冬鳥(2019/01/19):

« アオジ、コサギ、バリケン(2019/01/18): つくば市赤塚公園(2) | トップページ | オオヒシクイ(2019/01/22) »