« 伊良部大橋、佐和田の浜:宮古島駆け足旅行(8) | トップページ | 來間大橋、來間島竜宮城展望台:宮古島駆け足旅行(10) »

2019/03/11

下地島 空港17エンドと通し池:宮古島駆け足旅行(9)

 伊良部大橋を渡り、下地島の佐和田の浜を車窓見学しながらバスは西行して、11:30頃、この島の二つの人気スポットのうちの一つ下地島空港17エンドへの周回道路の入り口に着きました。

この、入り口は今年の3月30日からLCCが就航すると、その安全飛行の確保のため、閉鎖されるそうです。そうなると、周回道路は利用できなくなるので、人気の17エンドにも行けなくなるので、ラッキーでした。

Ta40010airportsimojirimg0261_201902
↑ 空港17エンドへの入り口。 この入口を入り、右折して滑走路に沿って進みます。

Ta41010airportsimojirimg0262_201902
↑ 道が狭いので、大型のバスは侵入が難しいかもしれません。

Ta42010airportsimojirimg0263_201902
↑ コバルトブルーの海が見え始めました。

Ta43070simojisimaairportrimg0264_20
↑ 滑走路北側の先端部、通称「17エンド」に着きました。ここで、海と滑走路を離着陸する航空機を眺めることができます。

Ta48010airportsimojisimarimg0260_20
↑ 滑走路を柵越しに眺めました。 かっては、タッチ&ゴー訓練を行う外国の珍しい大型航空機の写真を撮る航空機フアンで賑わったそうですね。

Ta350010simojisimaend17dsc_5920_201
↑ 下地島空港は当初、パイロット訓練用空港として造られたが、最近需要の増大したLCC(ローコストキャリーア)のための空港として改造が進められ、今年の3月30日に開業する予定となっています。

この空港開港に伴って、30日からジェットスター・ジャパン(JJP/GK)が成田から就航すると発表されています。

Ta44010simojisimaaportrimg0258_2019
↑空港「17エンド」からの、マリンブルーの海の眺めが素晴らしい。

Ta45010simojisimaaportrimg0259_2019
Ta46020simojisimaaportrimg0271_2019
Ta47030simojisimaaportrimg0270_2019

↑ 「17エンド」での、エメラルドグリーンの海原の鑑賞のあと、この島のもう一つのおすすめポイント「通り池」に行くために、島の西側に行きました。

Ta50055simojisimaaprimg0276_2019022
↑ 島の西側も綺麗な海が続いていましたが、時間の節約のため車窓見学。写真はバスの窓ガラス越しに撮ったので、ガラスの反射光が写ってしまいました(乞御容赦)。

Ta52056simojisimaaprimg0277_20190_2

↑ 写真の黒い部分は生長しつつある珊瑚の岩礁だそうです。

Ta50010simojisimarimg0313_20190227_
↑ 12時20分 「通し池」の入り口に到着しました。この右の道をまっすぐに行きます。

Ta50310gajyumarutoriikerimg0303_201
↑熱帯植物に覆われた細い道をぬけると、急に開けたところに出ました。

Ta505100tooriikerimg0288_20190227_1
↑ この島はサンゴ礁が隆起してできた島なので、地面は石灰岩です。石灰岩を母岩として生成された土はアルカリ性なので、植生は貧相です。

Ta51010toriikehirimg0299_20190227_1
↑ 石灰質の岩だらけの路をしばらく行くと、「通り池」と書いた石碑が立っていました。

「通り池」は、石碑のすぐそばにあったので、迷うことなく見学することができました。

Ta52010toriike1rimg0296_20190227_12
↑ 海に近い方の池です。 神秘的な感じのする紺青の色を湛えていました。

池の成因は、石灰岩地域によく見られるドリーネやウバーレと同じとみてよいようです。 池は国の名勝及び天然記念物に指定されているとのこと。

Ta53010toriike2rimg0293_20190227_12
↑ 光の当たり加減の違いでしょうか、こちらはやや緑っぽい紺色です。

この二つの池は、地下の洞穴でつながっており、海に近い池は地下の洞穴で、さらにその外側の外海につながっているそうです。

このため、ベテランのダイバーさんは、海からこの洞穴を潜って池に行くダイビングを楽しんだりしているそうです。

Ta54010tooriikerimg0290_20190227_12
↑ 帰りは、また同じ凸凹道と、ジャングル道をを引き返しました。

Ta60010gajyumarutohriikerimg0301_20
↑ なんて言う木なのか、名前を忘れてしまいましたが・・・

Ta50410kinomitoriikerimg0305_201902
↑ こんな実が成っていました。食べられそうですが誰も食べる人はいないそうです。

Ta55010hanatoriikerimg0310_20190227
↑ ジャングル道では、ピンクの綺麗な花が咲ていました。

Ta57010yuritohriikerimg0311_2019022
↑ そしてテッポウユリも見られました。ここのテッポウユリは未だ花を咲かせておらず、蕾は小さかった.。

Ta59010makiyamatenboudaidsc_5915_20
↑ 帰りのバスの窓から伊良部島の牧山展望台が見えました。今回のツアーでは、寄れなかったので、次回来たときは是非ここに寄って見たい。

伊良部島の面積は39.2㎢で、約6300人(2005年)ほどの人が生活しています。島の最高標高は89mで、この最高点付近に牧山展望台があり、宮古島本島、お隣の下地島や池間島などが展望できるとのガイドさんの説明でしたが、今回のツアーのスケジュールには入らかったので、車窓から見るだけ。 

宮古島は、来るとき想像したよりはるかに自然が豊かで、大変気に入りました。今回は、駆け足旅行になってしまいましたが、また来たいと思いました。

|

« 伊良部大橋、佐和田の浜:宮古島駆け足旅行(8) | トップページ | 來間大橋、來間島竜宮城展望台:宮古島駆け足旅行(10) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下地島 空港17エンドと通し池:宮古島駆け足旅行(9):

« 伊良部大橋、佐和田の浜:宮古島駆け足旅行(8) | トップページ | 來間大橋、來間島竜宮城展望台:宮古島駆け足旅行(10) »