« 下地島 空港17エンドと通し池:宮古島駆け足旅行(9) | トップページ | ユートピアファーム宮古島:宮古島駆け足旅行(11) »

2019/03/13

來間大橋、來間島竜宮城展望台:宮古島駆け足旅行(10)

伊良部大橋、佐和田の浜、下地島空港、通り池を見学したあと、バスは宮古島本島に戻り「島の駅みやこ」で、昼食(人気メニュー宮古ラーメンを注文しました)を食べた後、本ツアー最後の大橋「 来間大橋(くりまおおはし)」に向かいました。

来間大橋は宮古島と来間島を結ぶ橋で、全長1,690m、総工費99億円をかけて1995年3月15日に開通し、現在、宮古諸島では伊良部大橋に次ぐ2番目の長さを持った大橋だそうです。

橋は2車線の車道の他に片側だけですが人・自転車が通れる専用道路も附設されています(伊良部大橋は両側につくられている)。また、橋桁下には伊良部大橋と同様に、水や電気を送るパイプラインが敷設されており、島の重要な生活道路橋となっているようです。

Ta300018kurimaohasirimg0333_2019022
↑ 来間大橋: 宮古島本島から來間島に向かいます。橋は、ほゞ真直ぐで人・自転車用の専用道路は右側にあります。車だと、あっと言う間に渡ってしまいますが、徒歩や自転車ならば橋の上からゆっくり四週の景色を見ながら渡ることができます。

Ta300019kurimajimarimg0337_20190227
↑ 橋は50トン級の船舶が通れるように橋の中央部が盛り上がっています。この中央部の海面(既往最高高潮位)から桁下までの高さは13.5mだそうです。

Ta300020aozorakurimarimg0340_201902
↑ バスは「あおぞらパーラー」ほか2店前の駐車場で駐車させていただいて、そこから徒歩で島の集落を通り抜けて島最大の展望ポイント「竜宮城展望台」に向いました。

Ta300050sisadsc_5944_20190227_14314
↑ 集落内の赤瓦の屋根に、島の守護神シーサーが 威風堂々と四周を睥睨していました。

Ta3000200ryugujyorimg0346_20190227_
↑ 竜宮城展望台に着きました。

Ta3000220ryugujyoudsc_5930_20190227
↑ 展望台は鉄筋コンクリート造り3階建てす。沖縄は台風の常襲地ですからこのような建造物にしないと持たないでしょう。

建物の内壁には、春秋の渡りの季節に、この島に渡ってくる渡り鳥たちを描いた浮き彫りが、各階ごとに描かれていたので、休み休み鑑賞して、階段を楽しくのぼることができました。

そして、この3階からの眺めが素晴らしく、沖縄宮古の自然を満喫することができました。

Ta3000310umikurimajimarimg0358_2019
↑ 宮古島・前浜ビーチの方向を、左(西)の方向から右(東)の方向へと展望しました。

Ta3000320umikurimajimarimg0359_2019

↑ 遠方に白い建物が見えました。そしてエメラルドグリーンの海に釘付けとなりました。

Ta3000330umikurimajimarimg0360_2019
↑ 竜宮展望台の真正面です。左端の白い建物はあとで確認したら宮古島東急ホテルで、その右の白い浜は前浜ビーチでした。

Ta3000340umikurimajimarimg0361_2019
↑ さらに右へカメラを向けると、先刻渡ってきた来間大橋が眺望できました。

Ta3000400kurumajimatokyuhoteidsc_59

↑ トリミングして拡大して見たら、白い建物はまさしく宮古島東急ホテルでした。

海上になにか動くものが見えたので、さらにトリミングして拡大してみたら・・・・

Ta3000410kurumajimasafeendsc_5941_2
↑ ヨットかなと思ったら、ウインド・サーフインでした。  ボードは早春の風を帆一杯に受けて、気持ちよげに滑走していました。

Ta3000420kurumajimasafeendsc_5933_2
↑ ガイドさんの説明によると、明日この宮古島与那覇前浜ビーチで世界的ウインドサーフィンイベント「 Defi Wind 」 が開催されるので、大勢のウインドサーファーが来ており、その練習が行われているのではないかとのことでした。

Ta4000100kurimasimarimg0369_2019022
↑  カメラを更に右の方に向けると、遠方にひときわ目立つ塔が認められました。来間大橋の袂付近に見られたランドマークになっている塔(名称不詳)のようです。そして 手前の建物群は来間小中学校です。

Ta4000200kurimasimarimg0368_2019022
↑ 更に右、竜宮城展望台登り口を俯瞰した風景です。

Ta4000400kurimasimarimg0366_2019022
↑ 海辺に近い手前は琉球松と広葉樹の混交林で、島の内陸部はサトウキビ畑などの畑地になっています。

Ta4000500kurimasimarimg0365_2019022
↑ 展望台をぐるっと360度一周しました。この方向が西の方向です。

帰りは、海岸寄りの集落を散策しながら集合地点に行きました。

Ta500020gajyumarukurimarimg0371_201
↑ ガジュマル展望台。ガジュマルの繁みを笠にした「あずまや」がありました。ガジュマルの木は本物なのか?でした。それとも本物であるが枯れてしまったのか??でした。 ベンチがあって、海を眺めながら休憩できます。

Ta600010ontakekurimajimarimg0376_20
↑ 島の人が、昔から信仰している社(御嶽さん)だそうです。

Ta600010ontakekurimajimarimg0377_20
↑ 謂れが書いてありました。

Ta500010kurigagyokourimg0372_201902
↑ 来間漁港ビーチに着きました。右手遠方に來間大橋が見えます。

Ta500010kurimajimagyokourimg0373_20
↑ 浜はこじんまりとしていますが、白い砂浜から、白から紺色へと遷り変わる海色のクラジュエイションがなんとも言えません。

Ta500010kurimajimagyokourimg0375_20
↑ ここからの来間大橋の眺めもまた素敵です。ここで集合時間までずごして、指定のバス集合所まで行き、14時55分、次の予定地ユートピアファームへと向かいました。

 

 

|

« 下地島 空港17エンドと通し池:宮古島駆け足旅行(9) | トップページ | ユートピアファーム宮古島:宮古島駆け足旅行(11) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 來間大橋、來間島竜宮城展望台:宮古島駆け足旅行(10):

« 下地島 空港17エンドと通し池:宮古島駆け足旅行(9) | トップページ | ユートピアファーム宮古島:宮古島駆け足旅行(11) »