« 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(3):函館駅~湾岸~トラピスト修道院 | トップページ | 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(5): 松前藩屋敷(1) »

2019/05/19

北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(4):更木(さらき)岬から白神(しらかみ)岬まで

北斗市のトラピスト修道院を参観したあと、函館山に見送られながら国道228号線を西進し、北海道唯一の城下町松前町へと向かいました。トラピスト修道院から松前町までの距離は約69km。今回の観光の主要目的は松前・江差の観光なのでバスは先を急ぎます。更木岬~白神岬間も見どころが沢山ありましたが、その間2回ほどトイレ休憩をとっただけで、この間は、ガイドさんの案内付きですが、ひたすら走りつづける車窓観光となりました。

Ta10010hakodateyamaimg_0191_20190508_085
↑ 函館山に見送られて228号線を一路西へと進みます。函館湾の波は静かでした。
Ta10010kanrinmaru1img_0220_20190508_0941
↑ サラキ岬でトイレ休憩。遠くに見える船は復元された「咸臨丸」。 ここは幕府海軍が保有していた軍艦「咸臨丸」の終焉の地です。
Ta20010hamaimg_0221_20190508_095020_0003
↑ 木古内町「みそぎ浜」 佐女川神社の神事・海水の「みそぎ」をする浜で、通例は1月15日に行われる。
Ta30010kikonaiekiimg_0223_20190508_10000
↑ 木古内駅
Ta30020kikonaimitinoekiimg_0225_20190508
↑ 木古内「道の駅」みそぎの里きこない
Ta30030koukoumotikikonaiimg_0227_2019050
↑ 木古内の坊「孝行餅」ゆべしに似たお餅で美味しかった。
Ta40010seikaitonneruimg_0236_20190508_10
↑ 青函トンネルの入り口。青函トンネル記念館は寄りませんでした。
Ta50010yokozunanosatoimg_0238_20190508_1
↑ 横綱千代乃山・千代の富士の郷里福島町を通過。ガイドさんの説明あり。北島三郎さんの生まれ育った家も、先を急いでガイドさんの説明だけで車窓観光。
Ta60010kaiganimg_0245_20190508_104849_00
↑ やがて、洗濯板状に並んだごつごつした岩の海岸に出ました。
Ta60020kaiganimg_0250_20190508_105102_00
↑ 函館湾内の波静かな海が一変して、日本海から押し寄せる荒々しい波となりました。
Ta70020sirakamomisaki2img_0262_20190508_
↑ 北海道最南端の岬(北緯41度23分、東経140度11分)「白神岬」に到達。
Ta80010gyokouimg_0270_20190508_105738_00
↑ そして松前町に入りました。 以下、次回へ。

 

|

« 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(3):函館駅~湾岸~トラピスト修道院 | トップページ | 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(5): 松前藩屋敷(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事