« 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(7): 松前城八景 | トップページ | 菜園「丘の畑」の近況(2019/05/31) »

2019/05/29

北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(8): 松前公園のさくら 

日本の花、桜の花はどこで見ても、いつ見ても美しく、こころ和めます。 関東で4月に楽しんだ桜の花を、ここ北海道の松前で、また出会い、今年は2度、桜の花を楽しむことができました。

「さくらの里」松前公園の桜は、この土地の花を愛でる人たちや「花守」によって藩政の時代から大切に育てられてきたそうです。その結果、現在、早咲きから遅咲きまで、およそ250種、1万本ほどに桜が松前城を中心とした公園に毎年みごとな花を咲かせてます。花は、4月下旬から5月上旬まで次々と咲いて、1ヵ月もの長い間、この桜の里を訪れる人たちを楽しませてくれます。

Ha100sakuramatsuriimg_0406_20190508_1215
↑ 松前城の城内も場外も桜の花が綺麗に咲いていました。
Ha220sakuraimg_0373_20190508_115958_0021
↑ 松前城周辺には250種の桜が植えられているそうです。
Ha300sakuraimg_0363_20190508_115200_0020
↑ 桜のトンネル
Ha410sakuraimg_0318_20190508_112250_0008
↑ 花笠 松前で作出された桜です。
Ha400sakurahanagasaimg_0337_20190508_113
↑ 松前花笠  説明書
Ha420sakuraimg_0326_20190508_113328_0011
↑ 「花笠」と言う名は、花が笠を垂れたような形状となるところから名付けられたそうです。
Ha510sakuraimg_0345_20190508_113702_0019
↑ 紅豊
Ha500sakuraimg_0344_20190508_113657_0018
↑ 紅豊 この桜も松前生まれの桜だそうです。
↑ 白花の桜も満開でした。
Ha610sakuraimg_0341_20190508_113617_0015
↑ 雨宿という桜でしょうか?
Ha620sakuraimg_0340_20190508_113610_0014
↑ 見ごたえがありました。
Ha1000sakuraimg_0320_20190508_112959_000
↑ 新桜見本園 110種ほど育成されているそうです。十分鑑賞する時間がなく、遠くから眺めただけで通過しました。
Ha1100sakuraimg_0323_20190508_113224_000
↑ 一重の桜ですが、花弁はかなり大きい。
Ha1200sakuraimg_0324_20190508_113230_001
↑ こちらも白花の一重です。
Ha1300sakuraimg_0314_20190508_112202_000
↑ 松前藩屋敷 日本庭園の桜です。
Ha1310sakuraimg_0317_20190508_112243_000
↑ 「糸くぐり」という名札が掛かっていました。
Ha1320sakuraimg_0315_20190508_112212_000
↑ 中咲き(開花時期5月上旬~中旬)で
Ha1330sakuraimg_0316_20190508_112218_000
↑ ちょうど見頃でした。
Ha1500sakuramatsuriimg_0405_20190508_121
↑ たった一回の見学ではすべての桜を見ることはできません。時期を変えて、何回も来たくなりましたが、遠いのでいつ来られるのか判りません。

 

 

 

 

|

« 北海道函館・松前・上の国・江差周遊の旅(7): 松前城八景 | トップページ | 菜園「丘の畑」の近況(2019/05/31) »

旅行・地域」カテゴリの記事