« 三宅島の自然観察・鳥見行(1):ウチヤマセンニュウ(2019/05/21-23) | トップページ | 三宅島の自然観察・鳥見行(3):亜種シチトウメジロ(2019/05/21-23) »

2019/06/27

三宅島の自然観察・鳥見行(2):アオウミガメ(2019/05/21-23)

伊豆岬のBWポイントで、ウチヤマセンニュウの観察は少し遠かったのですが納得できる程度に見ることができ、その姿もカメラに収めることができました。もちろん初見・初撮りです。

前日は低気通過で荒れたお天気と海況で心配したのですが、島に着いてすぐ、お目当ての鳥の一つウチヤマセンニュウに出会えて写真が撮れたのでラッキーでした。テンションUP、気分上々となりました。

その後、1時間ほど、周辺を散策しながら自然の風景とそのほかの鳥見を楽しみました。そして、再び地元の地理に詳しいドライバーさんの案内付きの専用バスに乗って、島内を反時計周りで一周の自然観察・鳥見行を続けました。

昭和37年(1962年)の噴火でできたスコリア 丘「三七山展望台」から「ひょうたん山」を遠望したあと、「富賀浜」地先で「アオウミガメ」を観察しました。

Ta2001037yamafunkakouimg_0039_20190522_0
↑ 三七山展望台から眺めた「ひようたん山」(昭和15年(1940年)の噴火でできた噴石丘。噴火前は海であった。)
Ta20020kaiganimg_0043_20190522_083749_00
↑ 周辺の海:
Ta20030kaiganimg_0044_20190522_085846_00
↑ 前日の低気圧通過の余波を受けて未だ海は少し荒れていた。
Ta20040togahamaimg_0045_20190522_085855_
↑ 
Ta20050togahamaimg_0046_20190522_090123_
Ta20060togahamaimg_0054_20190522_090551_
Ta10010aoumigamedsc_1026_20190522_091549
Ta10020aoumigamedsc_1034_20190522_091605
Ta10030aoumigamedsc_1059_20190522_091706
Ta10040aoumigamedsc_1065_20190522_091706
Ta20010aoumigamedsc_2568_20190523_130409
Ta200010aoumigamedsc_2569_20190523_13040
Ta200010aoumigamedsc_2570_20190523_13040
Ta200010aoumigamedsc_2572_20190523_13040
↑ アオウミガメ カメ目ウミガメ科アオウミガメ属
日本ではアオウミガメは主に小笠原諸島で産卵するが南開諸島でも産卵する。
産卵地と採食を行う地域の間を回遊し、小笠原諸島で産卵する個体群は南日本や南西諸島で採食を行うことが知られている(ウィキペディア)。
環境省レッドリスト:絶滅危惧種Ⅱ類(VU)VUに指定されている。
日本では小笠原諸島の父島および母島において食用目的のウミガメ漁が認められているが、年に135頭の捕獲制限が設けられている。

 

 

|

« 三宅島の自然観察・鳥見行(1):ウチヤマセンニュウ(2019/05/21-23) | トップページ | 三宅島の自然観察・鳥見行(3):亜種シチトウメジロ(2019/05/21-23) »

旅行・地域」カテゴリの記事