« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑥:リュウキュウアカショウビン  | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑧:シロハラクイナ、インドクジャク »

2019/07/21

宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑦:ヤエヤマオオコウモリ

宮古島鳥見行2日目 リュウキュウアカショウビンを観察し、予定した探鳥地をほゞ巡回したので途中1カ所、午前中に訪れてキンバトを観察した下地地区の公園を再度点検してホテルに帰るということになりました。

公園には朝方いたキンバトはまだ居ましたが、あいかわらず樹木の茂みの中にいて、殆ど動きません。すると近くの木にバサバサと音がして何か飛び込んできたものがありました。何者ぞ!とよく見たら、鳥では無く大きな蝙蝠「ヤエヤマオオコウモリ」でした。

To100yohkoumoridsc_6030_20190617_165304_
↑ 亜種ヤエヤマオオコウモリ ( 2019/06/17 16:53 宮古島)
ヤエヤマオオコウモリは宮古列島、八重山列島および波照間島の限られた地域にのみ生息している固有亜種です。
To200yohkoumoridsc_6039_20190617_165307_
↑ からだ全体は暗褐色だが、首の周りは首輪をしているように白色または淡黄橙色の体毛で被われている。
To300yohkoumoridsc_6048_20190617_165309_
↑ ヤエヤマオオコウモリは、胴体の長さ20cm、体重は0.5~1.5kgほどあるそうです。
お腹の下部の丸いものは、♂のシンボルかな?
To400yohkoumoridsc_6047_20190617_165309_
↑ 顔の部分をトリミングしてみました。鳥では無くやはり動物ですね!
To500yohkoumoridsc_6100_20190617_165426_
↑ 暫らくして少し離れた木に飛び移りました。
食べ物は植物食で、果樹(ビワ、アコウなど)、花蜜(デイゴの花蜜など)や葉、花粉などを常食しているそうです。
To600yohkoumoridsc_6109_20190617_165538_
↑ 次々と飛び移って行きます。
この種の大型の蝙蝠は小型の蝙蝠と異なって、自分の眼で見る有視界飛行をしているそうです。
お腹の二つの丸い玉は陰嚢のように見えますが逆光のため定かではありません。

 

 

|

« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑥:リュウキュウアカショウビン  | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑧:シロハラクイナ、インドクジャク »

動物」カテゴリの記事