« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)③: キンバト | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑤: リュウキュウメジロ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、カルガモ、イソヒヨドリ、チュウサギ »

2019/07/18

宮古島鳥見行(2019/06/16~18)④:リュウキュウコノハズク

鳥見ツアー2日目 朝食後、専用車に乗って島内探鳥ツアー開始です。最初の目的地は大野山林です。現地について多くの野鳥に会えることを期待していたのですが、有名な水場には水溜まりが一つもなく、期待したアカショウビンやサンコウチョウなどの声は聞こえ、素早く飛び回る姿は見られるのですが、水浴びの風景は残念ながら、見られませんでした。

その代り、リュウキュウコノハズクが道路のすぐ脇の藪にいて、慰め顔にじっと止まっていたので、じっくり観察することができて嬉しかった。アカショウビンやサンコウチョウは、期待していた大野山林では撮影できなかったが、この後、ほかの場所で撮影することができたので、今回の鳥旅の大きな目標は達成されました。

To100ryukyukonohazukusdsc_5421_20190617_
↑ リュウキュウコノハズク ( 2019/06/17 宮古島)。
亜種リュキュウコノハズク: フクロウ目フクロウ科 全長22cm 
(通常は「亜種」の語は省略して呼んでいる)
To200ryukyukonohazukuldsc_5440_20190617_
↑ リュウキュウコノハズクの虹彩は黄色です。これに対してフクロウの虹彩は黒褐色(暗色)。
To300ryukyukonohazukuldsc_5434_20190617_
↑ コノハズクの名は「木の葉に隠れてしまうほど小さなミミズク」という意味でなずけられた(「野鳥の名前 山渓名前図鑑」山と山渓社)。
カメラを通して見たり画像で見ると大きく感ずるが、コミミズク(全長38cm)、フクロウ(同50cm)よりは大分小さい。
ムクドリ(24cm)やツグミ(24cm)よりやや小さいくらいの大きさなのですね。上の画像はトリミングしています。
To700ryukyukonohazukudsc_5409_20190617_1
↑ 上3枚の個体とは別の個体のようですが定かではありません。上三枚の個体の居る近くで撮りました。
To800ryukyukonohazukusdsc_5416_20190617_
↑ 頭部の羽角(うかく)は寝かせているのでしょうか、ちょびっとしか見えません。

|

« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)③: キンバト | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑤: リュウキュウメジロ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、カルガモ、イソヒヨドリ、チュウサギ »

野鳥」カテゴリの記事