« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑤: リュウキュウメジロ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、カルガモ、イソヒヨドリ、チュウサギ | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑦:ヤエヤマオオコウモリ »

2019/07/20

宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑥:リュウキュウアカショウビン 

宮古島2日目の午後の探鳥もこれでおしまいかと思われた頃、シギラリゾートの緑地の周辺で、思いもよらぬリュウキュウアカショウビンに出会いました。出会った時間は、ほんの2~3分でしたが、明るい草地に植栽された木に止まってくれたので、その綺麗な姿をじっくりと見ることができました。

To300akasyoubin1dsc_5957_20190617_154933
↑ 亜種リュウキュウアカショウビン(2019/06/17 15:49 宮古島)
ブッポウソウ目ブッポウソウ科 全長25~27cm
To500akasyoubin2dsc_5918_20190617_154924
↑ 何か白いものを落しました。
To600akasyoubindsc_5919_20190617_154924_
↑ よく見たらウ〇チでした。
To700akasyoubin2dsc_5924_20190617_154925
↑ 本命の大野山林ではよいところに出てくれなかったので、きょうはこれで終わりかと思っていたら、最後に綺麗なところに姿を見せて挨拶してくれました。
日本では①亜種アカショウビンと②亜種リュウキュウアカショウビンの2亜種が分布する(ただし亜種の語は、通常使用する場合、煩わしいので、しばしば省略されて使われる)。
この亜種2種はいずれも夏鳥として日本に渡来するが、①は九州以北に、②は南西諸島に渡来してその分布域を異にする。
また、両亜種間の大きな形質的違いは
②は翼上面と体上面の紫色光沢が、①よりも強ことと、腰の縦線はより青味が強い水色(コバルトブルー)で幅が広いというが、この画像で後ろ姿は撮れなかったので腰の青い縦線は確認できなかった。

 

 

 

|

« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑤: リュウキュウメジロ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、カルガモ、イソヒヨドリ、チュウサギ | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑦:ヤエヤマオオコウモリ »

野鳥」カテゴリの記事