« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)④:リュウキュウコノハズク | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑥:リュウキュウアカショウビン  »

2019/07/20

宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑤: リュウキュウメジロ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、カルガモ、イソヒヨドリ、チュウサギ

鳥見行2日目は、探鳥の途中で雨が降ったり止んだりでお天気が安定しませんでした。ホテルを出たときは雨が降っておらず、この日の目的地の一つ池間島に行く途中で、リュウキュウメジロ、ゴイサギ、コサギ、チュウサギなどに出会ったが、池間島の湿地帯に着いた時は小雨が降り出して、展望台には上がったが鳥影は薄く、お目当てのムラサキサギには会うことができませんでした。しかし、最終日の3日目の朝に再度訪れたときには、間近に飛んできてくれて、十分観察することができ、万々歳でした。

To1000mejirodsc_5498_20190617_112000_000
↑ 亜種リュウキュウメジロ (2019/06/17 宮古島 )
本土の亜種メジロは脇が灰褐色であるが亜種リュウキュウメジロは白色~灰白色である。
To1000mejirodsc_5510_20190617_112005_000
↑ 亜種リュウキュウメジロ:スズメ目ヒヨドリ科 全長11cm~12cm
To2000goisagidsc_5528_20190617_113841_00
↑ ゴイサギ
畑の堆肥置き場の周辺に群れでいました。
To3000amasagidsc_5539_20190617_115206_00
↑ アマサギ
池間島の湿原にいました。
To4000tyusagidsc_5544_20190617_115214_00
↑ チュウサギ
湿原にはチュウサギもいました。何か咥えて飛び立ちました。
To4000tyusagidsc_5553_20190617_115232_00
↑ カエルを捕まえたようです。
To5000kosagisdsc_5588_20190617_120147_00
↑ 池間島から宮古島に戻り、マングローブの湿地にはコサギがいました。
To5100kosagidsc_5587_20190617_120145_000
↑ コサギは蟹とかハゼのような小魚を狙っているようです。
To6000karugamodsc_5766_20190617_140844_0
↑ 畑地帯ではカルガモ親子が採餌していました。
To6000karugamodsc_5769_20190617_140846_0
↑ コガモは大分大きくなっています。
To7000isohiyodoridsc_5849_20190617_15032
↑ 途中、休憩したレストランの屋根裏をふと見上げたら・・・・
To7000isohiyodoridsc_5885_20190617_15041
↑ 大きな口を開けて大騒ぎ・・
To7000isohiyodoridsc_5894_20190617_15060
↑ イソヒヨドリが巣造りをして子育てをしているところでした。
To7000isohiyodoridsc_5890_20190617_15060
↑ 親鳥がせっせと餌の昆虫の幼虫を捕らえて雛にあげていました。
To7000tyusagidsc_5802_20190617_142320_00
↑ チュウサギは公園の草地で採食していました。
To7000tyusagidsc_5811_20190617_142327_00
↑ つかつ離れず、ゆうゆうとお食事です。
To7000tyusagidsc_5812_20190617_142327_00
↑ 草陰に隠れた昆虫を見つけているようです。
To7000tyusagidsc_5817_20190617_142339_00
↑ 慌てて逃げることなく、悠々と去ってゆきました。

 

 

 

|

« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)④:リュウキュウコノハズク | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑥:リュウキュウアカショウビン  »

野鳥」カテゴリの記事