« アマサギ | トップページ | コサギ »

2019/07/05

ゴイサギ

土浦市内のサギコロニーには、アマサギ、シロサギ類に混じって、ゴイサギも営巣しており、子育ての真っ最中でした。

To10010gaosadidsc_2785_20190612_073907_0
↑ ゴイサギ 成鳥 (2019/06/12  土浦市 )
To10020goisagidsc_2779_20190612_073900_0
To10040goisagidsc_2802_20190612_074024_0
アマサギ ペリカン目 サギ科 全長46~56cm  留鳥
To20010goisagidsc_2929_20190612_075238_0
To20020goisagidsc_2934_20190612_075243_0
↑ ゴイサギは夜行性ですが、
To30030goisagidsc_3169_20190612_081301_0
↑ 育雛期は昼間でも採食・給餌をします。
To30040goisagidsc_3197_20190612_081406_0
To42010goisagidsc_3838_20190612_100620_0
↑ 未だ孵化して間もないヒナが親鳥の抱雛・給餌を受けていました。
To42020goisagidsc_3857_20190612_100710_0
To40010hosigoidsc_2703_20190612_072829_0
↑ 孵化から3週間ほどすると夜間の給餌が多くなるそうです。
To50010hosigoidsc_3139_20190612_080718_0
↑ 翼を振って、トビの練習をする雛も現れました。
To50030hosigoidsc_3145_20190612_080720_0
↑ 雛の巣立ちを促すためん、雛から離れ、雛を呼んで給餌をする親鳥も見られました。
To60020hosigoidsc_2871_20190612_074816_0
↑ 孵化後6週間ほどで親は巣に戻らなくなるそうです。雛は道立して自分で餌を探さなければなりません。
To70010goisagi3sdsc_2900_20190612_075151
↑ ゴイサギの幼鳥もいました。 第2回夏羽2S と思われる。
背の暗青緑色部に未だ褐色味が残っている。

 

 

|

« アマサギ | トップページ | コサギ »

野鳥」カテゴリの記事