« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑧:シロハラクイナ、インドクジャク | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑩:ムラサキサギ、ハジロクロハラアジサシ »

2019/07/23

宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑨:シマキンパラ、セッカ

探鳥3日目の朝は、小雨が降ったり止んだりで、雨の時は車に閉じこもったりして窮屈な思いをしたが、雨が止むと、空気はさらっとしてあまり蒸す暑さは感じられませんでした。この朝は、お天気は雨がぱらついたりして撮影条件はあまり良くなかったが、鳥の出は前日と比べると大変よく、農耕地でのシロハラクイナ、インドクジャクに続いて、背丈まで伸びた草地(カヤ?ススキ原)では、シマキンパラ、とセッカに会うことができました。

To100simakinparadsc_6345_20190618_073125
↑ シマキンパラ ( 2019/06/18 07:31 宮古島)
背丈もある草原に黒っぽい小鳥が飛び込んできました。
To110simakinparadsc_6346_20190618_073126
↑ ガイドさんの「シマキンパラだ!」という声で、初めてこの鳥がシマキンパラであるということを知りました。
よく見るとお腹に網目模様の斑がある。
To120simakinparadsc_6352_20190618_073446
↑ 1羽だけかと思ったら2羽いました。もう1羽は左下方に黒い頭が見えます。夫婦かも知れません。
To130simakinparadsc_6353_20190618_073446
↑ 下面(お腹)は白く、胸と脇に黒~黒褐色の鱗(うろこ)状~網目模様にも見える~斑がある。
To140simakinparadsc_6367_20190618_073453
↑ ポジションを少しずらして撮ったら2羽いました。雌雄は判りませんが夫婦かも知れません。
To300sekkadsc_6519_20190618_082505_0001
↑ セッカ( 2019/06/18 08:25 宮古島)
To310sekkadsc_6523_20190618_082507_0003
↑ 体下面(お腹)の黄色味が強いので幼鳥のように見えます。
To320sekkadsc_6530_20190618_082510_0004
↑ 日本では本州以南で繁殖し、多雪地や本州北部のものは冬季に南下する(「日本の鳥550 山野の鳥」文一総合出版による)。
To330sekkadsc_6542_20190618_082517_0007
↑ 何かを見つけたようです・・・首を伸ばしました。
To340sekkadsc_6544_20190618_082517_0000
↑ クモ?を捕らえたようです。

 

|

« 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑧:シロハラクイナ、インドクジャク | トップページ | 宮古島鳥見行(2019/06/16~18)⑩:ムラサキサギ、ハジロクロハラアジサシ »

野鳥」カテゴリの記事