« 2019年7月 | トップページ

2019年8月の記事

2019/08/28

菜園の近況(2018/08/269):サトイモの草取り・追肥・土寄せを完了

菜園「丘の畑」4区のサトイモ(土垂れ、福井上庄)の草取り、追肥、土寄せを2日がかりで、やっと完了しました。

Ha100sato4bimg_0667-2_20190825_091605_00
↑ 今季の我が家の畑、雑草の伸びが著しい。雑草の主体はスベリヒユなので比較的除去しやすいが、難敵のスギナが侵入しており、これを除去するのに手間がかかりました。

Ha110satoimo4bimg_0699_20190826_165320_0
↑ ようやく草取りが終わりました。暑かったので、これで25日の作業は終了。

Ha120sato4bimg_0703_20190826_174903_0011
↑ 26日 追肥(化成肥料)をした後、土寄せをして完了。
今年は、畝間に雑草はよく茂ったが、なぜか毎年悩ませられるアブラムシが全く見られず、またセスジスズメの食害も今のところ受けていません。ちょっと不思議です。

 

 

|

2019/08/27

菜園の近況(2019/08/25):サツマイモの蔓返し、ネギと落花生の草取り・追肥・土寄せ

8月の下旬に入って、ようやく涼しくなり、菜園の仕事もやり易くなりました。しかし、今年はなぜか畑は雑草が伸び放題で茫々。雑草取りに追いまくられています。

菜園「丘の畑」のサツマイモの蔓がだいぶ伸びてきたので「つる返し」をしました。ネギ(赤ひげ)の草取り・追肥・土寄せを済ませました。ネギの畝のお隣の落花生も子房柄が土の中に潜るようになったので土寄せをしました。

Ha100img_0668-2_20190825_091614_0002
↑ サツマイモ(ベニアズマ、ベニハルカ)の蔓がお隣の畝まで伸びてきたので・・・・

Ha110img_0683-2_20190825_103922_0008
↑ 「つる返し」をしました(2019/08/25)。

Ha200img_0671-2_20190825_091627_0003
↑ ネギ(赤ひげ)は、両隣の畝の野菜に囲まれて窮屈そう・・・

Ha210img_0687-2_20190825_104008_0009
↑ 追肥・土寄せをしました。

Ha300img_0673-2_20190825_091642_0004
↑ 落花生(千葉半立ち)も子房柄が土の中に潜るようになったので・・・

Ha310img_0695-2_20190825_171412_0012
↑ 土寄せをしました。3回目の土寄せで、追肥は十分と判断されたので、しませんでした。

|

2019/08/25

菜園の近況(2019/08/24):ネギとサトイモの草取り・追肥・土寄せ

8月20日に、日本の南方洋上に台風の卵の”熱帯低気圧”が発生したとの気象情報があり、秋雨前線と熱低で今週は、雨が続きました。

雨量は、近くのアメダス(つくば)観測地点で、20日に29.1mm、21日2.5mm、22日3.5mm、23日2.0mm、24日0.5mmです。このところ日中は晴れ間もあったので、菜園の野菜にとっては恵の雨となりました。

涼しい時間帯を見計らって、菜園「丘の畑」の、ネギとサトイモの草取り・追肥・土寄せをしました。

Ha1000negiimg_0662_20190824_112357_0001
↑ ネギ(石倉)1:草取り・追肥・土寄せをすませました。

Ha130satoimoimg_0605_20190821_171926_000
 ↑ サトイモ(土垂れ)1:草取り、3回目追肥・土寄せをしました。

Ha170satoimoimg_0622_20190822_180816_000
↑ サトイモ(土垂れ)2:こちらも同様に土寄せ完了。
サトイモは、あと2畝ほど土寄せが残っています😞

 

|

2019/08/24

菜園の近況(2019/08/22):スイカ、インゲン

あっという間に夏が過ぎて、秋の兆しがほのかに見えてきました。しかし、今年の夏は例年に比べて異常ともいえる変則的な気象の変動で、畑の野菜の成長はその変動に翻弄されました。

海の方も異変が生じたようで、今季は8月10日の解禁以降、8月21日まで水揚げゼロ。22日にようやく根室市花咲港に水揚げされたが水揚げ量はたったの14トン。1kg当たり平均価格は2000円を超えました。市内の鮮魚店で販売されたサンマは小ぶりで1匹350であったという。

Ha100suikaimg_0603_20190811_193248_0000
↑ アッと言う間に夏は過ぎ、スイカももう終わりですが、まだいくつか残っています。
食後の水分補給用として食べています。

Ha110ingenimg_0608_20190821_172033_0002
↑ 「三度豆」とも呼ばれているインゲン。元気で成長しているが・・・・

Ha115ingenimg_0642_20190824_111410_0002-
↑ インゲン:花が咲き、実はできているが、なかなか鞘が大きくなりません。
収穫はもう少し先です。

|

2019/08/05

菜園の夏野菜の近況

菜園「まさる畑」のズッキーニとカボチャの収穫が終りました。「丘の畑」のウリとスイカ、「まさる畑」のトマト、ナス、トウガラシなどを残して、夏野菜の収穫もそろそろ終りです。

代わって、「丘の畑」のインゲン、サトイモ、サツマイモ、ラッカセイ、ネギなどが、ほゞ順調に生育し、秋の味覚に期待を持てるようになりましたが、8月に入っての猛暑で体はバテ気味です。

畑の雑草も勢いよく伸びてきたので雑草取りが大変です。今年は例年になく暑い日が続き、熱中症の危険があるので日中の農作業は朝晩の涼しい時間を除いて、ほとんどできません。お陰で、畝間は雑草で茫々です。

Ha100yasai3spimg_0230_20190720_153137_00
↑ ズッキーニ、カボチャ(雪化粧)、桂ウリの収穫が終わりました(2019/07/20)
ズッキー二は、長さ40cmを越える巨大ズッキーニとなりました。
Ha11040zukkiniimg_0032_20190606_073512_0
↑ ズッキーニは、かなり収穫したが、採り残した「緑ズッキーニ」がジャンボズッキー。
Ha210suikakuromusumeimg_0599_20190805_10
↑ スイカ(黒娘)これで収穫終了です(2019/08/05)
Ha220suikabenikodamaimg_0600_20190805_10
↑ スイカ(紅小玉)(2018/08/05)
お盆に孫たちが来るので、今日は紅小玉1個、黒娘1個を収穫して、残り3個の紅小玉を畑に残しました。
Ha320ingenuneimg_0581_20190805_105113_00
↑ インゲンが大きくなりました(2019/08/05)
Ha300ingenhanaimg_0245_20190726_114027_0
↑ インゲンの花:7月27日頃 咲き始めました(2019/07/26)。
Ha310ingenmameimg_0585_20190805_105254_0
↑ 開花後10日ほどで、第1回の収穫ができるくらいに莢が大きくなりました。(2019/08/05)。
Ha600satoimoimg_0591_20190805_105403_000
↑ サトイモ:だいぶ大きくなりましたが、第2回目の草取り、追肥・土寄せが迫ってきました。
Ha700satsumaimoimg_0588_20190805_105330_
↑ サツマイモ(ベニアズマ、ベニハルカ)もツルが大きく伸びてきました。
Ha800negiimg_0595_20190805_105459_0004
↑ ネギも期待できます。
Ha900rakkaseiimg_0594_20190805_105449_00
↑ ラッカセイもそろそろ開花です(219/08/05)。

|

2019/08/02

ホオジロカンムリヅル(2019/07/11) ② 採食遊歩編

色々と所用が重なり少々遅れてしまいましたが、前回の続きです。 ホオジロカンムリヅルのホームグラウンドの一つのようで、谷津田の休耕田に来て採食を始めました。草の葉に止まっている虫や、地面に潜んでいる虫などを探して食べているように見えました。

To200hkturudsc_7423_20190711_103537_0004
↑ 谷津田の休耕田で採食するホオジロカンムリヅル( 2019/07/11 千葉県長南町)
To300hkturudsc_7433_20190711_103729_0008
↑ 休耕田脇の未舗装道路に出て羽繕いをしたりして・・・
To310hkturudsc_7441_20190711_103731_0011
↑ のんびり採食です。
To400hkturudsc_7444_20190711_104255_0013
↑ 今度は水溜まりのある休耕田の縁に行きました。
To410hkturudsc_7458_20190711_104354_0015
To500hkturudsc_7476_20190711_104805_0017
To510hkturudsc_7498_20190711_104904_0019
To600hkturudsc_7487_20190711_104855_0018
↑ 採食が終わったようで、あたりを見まわした。
To610hkturudsc_7540_20190711_110151_0022
↑ ゆっくり休息と思ったら、急に飛び立って谷津田の上流の森へと向かい
ました。
To620hkturudsc_7564_20190711_110201_0023
To630hkturudsc_7614_20190711_110235_0026
↑ 葛の蔦に覆われた木の梢に止まりました。
To640hkturudsc_7626_20190711_110312_0027
To650hkturudsc_7650_20190711_111204_0029
↑ ここが、このホオジロカンムリヅルの憩いの場(それとも塒?}のようです。
ホオジロカンムリヅル:ツル目ツル科カンムリヅル属 全長 100~110cm
分布:本来の生息地はアフリカ大陸東南部の湿地および草原で、日本へ自力で飛来したとは考えにくく、施設あるいは個人で飼育していたものが逃げ出したもの、いわゆる「篭脱け鳥」となって水田休耕地など、山里の湿地や草原で生活していると見られます。このホオジロカンムリツルが日本の風土に順応あるいは適応して、歓迎されべき日本の野鳥として生息できるようになるか、注目されるところです。

 

|

« 2019年7月 | トップページ