« キアゲハの幼虫観察記(2):蛹になりました。 | トップページ | オニアジサシ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ(三番瀬:2019/10/26) »

2019/10/28

ハジロカイツブリ、ノビタキ(2019/10/23)

10月23日 1年ぶりに秋の狭山湖を訪れ、野鳥たちと遊んできました。湖面では、キンクロハジロ、ホシハジロ、ヒドリガモなどの群れが見られたが、遠くてよく観察できませんでした。その中でハジロカイツブリが堰堤の近くにやってきてくれて、餌捕りの潜りを何度も披露して楽しませてくれました。

堤防下の草地や植え込みでは、ノビタキやホオアカ?が姿を見せてくれましたが、お目当てのノゴマは姿を見せてくれませんでした。

20191023100img_20191023_115305-2
↑ 初秋の狭山湖

20191023131dsc_4901-2
↑ 遠くにキンクロハジロ、ヒドリガモの群れがおよいでいました。

20191023135dsc_4766-2
↑ ユリカモメも1羽、ポツリと泳いでいました。

20191023140dsc_4733-2
↑ 気がついたら、堰堤近くにハジロカイツブリが餌取りをしていました。

20191023142dsc_4741-2

20191023150dsc_4974-2

201910231512

20191023154dsc_4978-3

20191023156dsc_4980-2

20191023160dsc_4946-2
↑ 堰堤ではハクセキレイ♂が餌探しです。

20191023170dsc_4996-2
↑ ハクセキレイ♀もいました。

20191023200img_20191023_115404-2
↑ 堤防下の草原や植え込みにはノビタキが飛び交っていました。

20191023213dsc_4003-2
↑ ノビタキ

20191023215dsc_4315-2

20191023220dsc_4145-2

20191023230dsc_4164-2

20191023300dsc_4287-2
↑ 植え込みの中から、ホオアカ?それともホオジロ?らしき小鳥2羽が姿を見せました。

20191023310dsc_4382-2
お目当てのノゴマを期待したのですが、ノゴマはとうとう姿を見せませんでした。

 

 

|

« キアゲハの幼虫観察記(2):蛹になりました。 | トップページ | オニアジサシ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ(三番瀬:2019/10/26) »

野鳥」カテゴリの記事