« オオマシコ:枝止まり・地上採食(2020/01/28~29) | トップページ | ミコアイサ、ホシハジロ、ヒレンジャク(2020/01/29) »

2020/02/17

イスカ♂♀(2020/01/29)

前回の続きです。 前日は、オオマシコがよく姿を見せてくれて、しっかり観察できましたが、もう一つのお目当てのイスカは、姿は見せてくれたが、すぐに飛んで行ってしまい、じっくり観察することができませんでした。

そして、この日(29日)は、イスカの観察を主目的として、朝一番に昨日のポイントに向かい、9時頃、現地に到着しましたが、・・・ありゃ、ありゃ、ありゃ~です。 

現場周辺は昨夜降った雨のお陰でしょうか、あたり一面、深い霧に被われていて視界が効かず、鳥の声は聞こえても姿は見えずで、鳥見はちょっと絶望的、鳥撮は断念せざるを得ませんでした。

0202001290917oyamanoyousur0010750

しかし、ありがたや、まもなく幸運の女神は微笑んでくれました。10時過ぎ頃から空が急に明るくなり青空が見えてきたのです。

1202001291051isukamdsc_3133_20200217104101
そして、待望のイスカが待機していた公園広場に飛来してきて、少し遠かったのですが、オスメスが松の木の天辺に止まってくれました。

220200129adsc_3137
大トリミングをして見たら、嘴が交差しているのが確認できたので、イスカの♂であることが確認できました。

320200129dsc_3206_20200217110301
オスのイスカは2羽以上いたようですが・・・・

420200129dsc_3196_20200217110701
正確な数は、私にはわかりませんでした。

5202001291106isukafdsc_3231_20200217111001
隣の松の梢の天辺にメスのイスカが止まりました。

620200129dsc_3253
これもトリミングして見ます。紛れもなくメスのイスカです。

7202001291109isukamfdsc_3300
と、・・・そのメスの止まっている松の梢に、オスのイスカがやって来ました。

8202001291109dsc_3301
なんと、幸運にも♂♀ペアのイスカを観察してカメラに収めることができました。
謝辞:今回のツアーにあたって、寒い中一所懸命現地を案内してくださったガイドさん、および、長期間の走行を安全に徹してバスを運転してくださったドライバーさんに感謝いたします。また、楽しく鳥見ができ、いろいろお話を伺うことができた同行にの鳥友さん達にも厚く御礼いたします。

 

 

 

|

« オオマシコ:枝止まり・地上採食(2020/01/28~29) | トップページ | ミコアイサ、ホシハジロ、ヒレンジャク(2020/01/29) »

野鳥」カテゴリの記事