« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の記事

2020/04/20

突然のココログ容量不足で、しばらくブログを休みます

15年余の長きにわたり掲載を続けてきたココログ(プロ)ですが、ついに容量不足に落ち入りました。愛着あるココログを今しばらく続けべきか、それともこれを機会にココログとお別れするか、今後の方針を決めるため、しばらくご猶予をいただきたく、当分のあいだブログは休載いたします。長い間の御厚志ありがとうございました。

| | コメント (1)

2020/04/18

サトイモの畝づくりと種芋の植付け 2(2020/04/16)

前回の続きで、今回はサトイモの植付けです。植付けた里芋は購入した種芋ではなく昨年我が家で収穫した自家栽培の「石川早生」と「土垂れ」です。
↑ 植付け「石川早生」(2020/04/16)
幅15cm、深さ25cmの溝を掘り、元肥として牛糞堆肥を施して
その上に土を2~3cmほどかぶせて「間土」をした上に種芋(石川早生)を40cmの間隔をとって植付けます。

11120200416satoimo1r0012548
↑ 株間に化成肥料(14-1414)を半握り施す。

11520200416satoimoune1r0012524
↑ 4~5cmほど土をかぶせて終了。

20020200416satoimoune2r0012555
↑ 「土垂れ」の植付けも同様です。

23020200416satoimoune2r0012560
↑ 溝を掘り、元肥を施して2~3cmほど間土をして、その上に種芋を置きます。

23220200416satoimoue2r0012565
↑ 種芋は40cm間隔におき、その間に化成肥料を施します。

24220200416satoimoune1r0012576
↑ 最後に植付けたタネイモの上に4~5cmほど土をかぶせます。
このタネイモにかぶせ土の多少がその後の出芽の差を左右する大きな要因になるので気をつけなければいけません。
この畑では覆土の厚さを4~5cmとしました。

|

2020/04/17

サトイモの畝づくりと種芋の植付け 1(2020/04/16)

4月16日 特別処置法に基づく「緊急事態宣言」が、全国に拡大されて発出されました。不要不急の外出は一層慎まなければなりません。私も予定した長距離外出はやめて、外出は当分の間は、近くの菜園に行き野菜づくりを愉しむことにしました。

菜園は、家から3分くらいのところにあり、かつ人通りも少ないので、「3密」の条件はクリアできて、コロナウイルス感染の確率はかなり低いと思っています。菜園での趣味の野菜作りは、その収穫で食を楽しめることと、体を動かすため、健康にも良いということです。そう言うことで、今日はサトイモの畝作りと、種の植え付け作業をしました。

(1):サトイモの「芽出し」(催芽):昨年秋に収穫した里芋の良いもの和選んでダンボール箱に詰め、古新聞紙をかぶせてて蓋をして、市販の家庭用冷蔵庫の上にのせて越冬させました(下図)。

0420200416korochanr0012513
↑ 芽出しをしたサトイモ「石川早生」(2020/04/16)
4月16日 蓋をあけたところ、サトイモはほぼ揃って芽がでていました。

0520200416dodarer0012510
↑ 芽出ししたサトイモ「土垂れ」(2020/04/16)
(2)元肥 : 牛糞堆肥と化成肥料を用意しました。
1020200416satoimor0012552
↑ 牛糞堆肥

1520200416satoimokaseir0012585
 ↑ 化成肥料(高度化成 N-P-K:14-14-14)
(3)畝づくり:菜園「まさる畑」に畝幅90cm、畝長9mの畝2本(A,B)を作り、A畝に
石川早生」、B畝に「土垂れ」の種芋をそれぞれ22個、株間を40cmとって 植付けました

10620200416satoimoune1r0012519
A畝 : 「石川早生」を植付けます。
10720200416satoimoune1r0012529
↑ 畝の中央に深さ25cmほどの溝を掘り、・・・
10920200416satoimo1r0012537
 牛ふん堆肥を施し、その上に土を2~3cmかぶせ「間土」とします。
以下次回に続きます。
 

 

|

2020/04/15

ノダフジの花房が伸びてきました(2020/04/14~15)

我が家の鉢植えのノダフジの花房が2~3日前の雨の恵みを受けてぐ~んと伸びてきました。鉢植えなので、こじんまりとしていますが、身近に眺めてたのしめます。花はまだ蕾~半開きの状態ですが、いつ花を開いてくれるか、心わくわく、その日を楽しみに待っています。

1020200414nodafujir0012452
↑ ノダフジ(2020/04/14 撮影)

1020200414nodafujir0012458
↑ 13日に38mm/day強の降雨がありました。そのお陰でしょうか急に花房が伸びてきました(2020/04/14 撮影)

1020200415nodafujir0012478
↑ 花房は4房ほどつきました(2020/04/15 撮影) 

1020200415nodafujir0012481

1020200415nodafujir0012482

1020200415nodafujir0012484

1020200415nodafujir0012492

1020200415nodafujir0012488

11020200415nodafujir0012495

11020200415nodafujir0012467
↑ 次回は満開の姿をお披露目したいと思っています。

 

 

|

2020/04/14

ジャーマンアイリス(紫花)が咲き始めました(2020/04/14)

白花のジャーマンアイリスの開花(4月5日)に続いて、今日(14日)は紫花のジャーマンアイリスが咲き出しました。

1020200412jirispr0011788
↑ ジャーマンアイリス蕾(2020/04/05 撮影)
白花のジャーマンアイリスが咲いたときはまだ蕾でした。

1020200414jirispr0012374
↑ 紫花のジャーマンアイリス開花(2020/04/14 撮影)
1020200414jirispr0012385

↑ 白花のジャーマンアイリスより9日遅れて開花しました。

2020200414jiriswr0012381
↑ 白花のジャーマンアイリスはまだ次々と咲いています(2020/04/14 撮影) 

2220200414jiriswr0012383
↑ ジャーマンアイリス
別名:ドイツアヤメ

3020200414jirisyorg
↑ 黄花のジャーマンアイリス(2020/04/14 撮影) 
黄花のジャーマンアイリスは、まだ蕾も見えていません、開花はもう少し後です。

 

|

2020/04/13

イチゴの雑草取り・追肥と畝に黒マルチを張りました(2020/04/12)

明日(4月13日)は、1日中雨との予報なので、少し遅れてしまった菜園のイチゴの畝の雑草取りと追肥をして黒マルチを張ることにしました。

イチゴの追肥は、やり過ぎると栄養成長ばかり盛んになって花は咲かなくなるという。我が家のイチゴの畝は昨年の秋に初めて移植したので、どの程度の肥料をやって良いのか見当がつかないのですが、標準より少なめに施肥しました。肥料は「いも豆の肥料」と緩効性肥料の「マグアンプK」(中粒タイプ)です。マグアンプの肥料成分の割合は、N-P-K-M:6-40-6-15で、効果は約1年間持続すると説明書には書かれています。

イチゴの黒マルチは、通常、2月下旬~3月上旬が良いといわれていますが、この時期はまだ寒くて外での作業は身体的にちょっと厳しかったので、遅れてしまいました。しかし、我が家のイチゴは露地栽培なので、雑草抑制、病害虫予防と収穫時のイチゴの泥よけを主目的としており、地温制御・加温効果は考えていないので、マルチを張る時期が少々遅れてもいいかなと考えています。

1020200412ichigohanar0012323
↑ イチゴの花が咲き始めました。
我が家のイチゴの品種は「とよのか」です。
2020200410ichigor0012278

↑ 古い品種ですが、病虫害につよく、かつ適当な甘さがあるので、ず~と続けて栽培しています。


4020200412ichigomanpr0012318
↑ 雑草を取って「いも豆の肥料」と「マグアンプK」の追肥をしました。

5020200412ichigohataker0012320
↑ 追肥はやり過ぎると、生育は盛んになるが花はつきにくくなるので施肥量は控えめにしました。

8020200412ichigomulti1r0012336
↑ 雑草取り、追肥を終わった後、黒マルチを張りました。

9020200412ichigomultir0012341
↑ マルチ張りを終わってひとまず完了!

10020200410ichigor0012271
↑ 花は人工授粉をする予定ですが、すでに自然受粉した果実も見られました。

 

|

2020/04/12

ミノウスバの幼虫がマサキの生垣に大量発生!(2020/04/11)

3月11日 庭の点検と手入れをした後、ふと、マサキの生垣に目をやると、 やわらかい新芽を展開し始めた若葉の様子が一部変色して、おかしいところがあるのに気がつきました。

近づいて、よく見ると、もう20mmくらいの大きさになった毛虫がマサキの若葉にむらがっており、葉を食い荒らしているのです。以前、柿の木の葉がイラガの被害を受けた(2008/07/30 and 2017/07/23 当ブログ)ことがありましたが、このときは7月の下旬の頃だったので、イラガ類の食害にしては早いなと思ってブログで調べてみたら、この食害の主は、イガラ科ではなくマダラガ科に属するミノウスバであることがわかりました。 ミノウスバは主にマサキ、ニシキギ、マユミ、ヒサカキなどによく発生するそうです。

1020200411minousubar0012313
↑ ミノウスバの幼虫(2020/04/11)
1120200411minousubar0012298

↑ マサキの若葉に群がっていました。

1220200411minousubar0012296
↑ ミノウスバは柔らかい若葉が展開する4月~5月頃が一番よく発生するようです。


1320200411minousubar0012300_20200412223101
↑ 幼虫は淡黄色と黒色の縦縞模様です。
ミノウスバの生活史
幼虫は5月中旬頃に木を離れて石の下に繭をつくり蛹になって夏を越す。
晩秋に羽化した成虫は、マサキなどの木の枝に産卵する。
卵はそのまま越冬し、春になると孵化し、幼虫となってマサキなどの新芽を食害する。
(ウイキペデイアの解説を参照・要約しました)

 

|

2020/04/11

ツルニチニチソウ、ブルーベリーが開花(2020/04/10)

巷ではコロナ旋風が吹き荒れていますが、暖かい日差しをうけて、庭のツルニチニチソウ、菜園脇のブルーべりーが花をさかせはじめました。

庭の鉢植えのツルニチニチソウが1輪花を開きはじめました。地植えしたツルニチニチソウが繁茂しすぎて周辺の草花に迷惑をかけるようになったので、整理して鉢植えにしました。しばらくは、おとなしく花を咲かせてくれるとおもうのですが、また伸び出してくるかと思っています。

先日、つぼみの状態の庭に植えたブルーベリーを紹介しましたが、これより一歩先に菜園「まさる畑」脇のブルーベリーが花をさかせました。

菜園脇のブルーベリーは日当たりが良いので、開花も早く、花数も多く、きれいです。そして、たくさん実をつけますが、悩みはネットをかけないとヒヨドリなどの野鳥がめざとく食べ頃の果実を見つけて食べてしまうことです。

1020200410tsurunitinitisour0012221
↑ ツルニチニチソウ
地植えのツルニチニチそうが繁茂しすぎたので、整理して鉢植えにしました。

1220200410tsurunitinitisour0012229
↑ 原産地は南ヨーロッパから北アフリカ
花期は4月下旬から6月上旬であるが、冬でも咲いているのを見たことがある。

1320200410tsurunitinitisour0012225
↑ しばらくおとなしくしていると思いますが、また暴れ出すでしょう。

2020200410blueberryr0012233
↑ 菜園脇のブルーベリー(2020/04/10)

2020200410blueberryr0012234

2020200410blueberryr0012237

2020200410blueberryr0012245

2020200410blueberryr0012247

2020200410blueberryr0012249

2020200410blueberryr0012251
↑ よく見ると、花も綺麗です。

|

2020/04/10

ジャガイモ発芽(2020/04/09)

3月18日に菜園「まさる畑」に 植付けたジャガイモ(男爵とキタアカリ)が4月9日に芽を出しました。、植付けてから発芽まで22日かかりました。

ジャガイモの発芽は、植えつけ後15~30日といわれているので、22日かかっての発芽は、まずまずの成績かと思われます。次の作業は、芽が10cmほどになったら行う「芽かき」です。

5020200409jyagahataker0012216
↑ 3月18日に植付けたジャガイモが発芽しました(2020/04/09)。
左の畝:男爵   右の畝:キタアカリ

5520200409dansyakur0012213
↑ 1kgを植付けました。

6120200409dansyakur0012209
↑ 男爵

6220200409dansyakur0012211
↑ 男爵

6520200409kitaakarir0012215

7020200409kitaakariar0012195
↑ キタアカリ

7220200409kitaakarir0012202
↑ キタアカリ
ジャガイモの発芽は、植付け後22日なので、まずは順調の発芽と思われるので一安心です。
次の作業は、芽が10cmほどになったときです。時々チェックしないといけません。

 

 

|

2020/04/09

スナップエンドウ、キヌサヤエンドウ、ソラマメ(2020/04/09)

菜園「まさる畑」のスナップエンドウの花が咲き始めたと思ったら、あっという間に実が大きくなりました。キヌサヤエンドウは、ぐんぐんと枝葉がが成長し、花が咲き始めましたが、まだ実は小さいので、収穫はスナップエンドウより少しおくなりそうです。

ソラマメは、今年は、冬期の成長がやや遅れ気味で、成長が不揃いになってしまいましたが、これまた花盛りです。アブラムシの発生が数株に見られたので、今日スミチオン1000倍液を散布しました。

3020200409sendour0011995
↑ スナップエンドウ
今年の冬は成長が遅れ気味で心配しましたが、無事冬を越してくれました。
3120200409sendour0011997
↑ 3月に入って花を咲かせたと思ったら・・・

3220200409sendour0012033
↑ 次々と実を結んでくれました。

13020200409sendour0012031
↑ 実の成長は早く、日に日に大きく膨らみ始めました。もう数日で収穫できそうです。

4020200409sayaendour0012005
↑ キヌサヤエンドウ
3月に入って、気温があがり、適度の雨の恵みをうけて・・・・・

4220200409sayaendour0012018
↑  次々とつぼみをつけて・・・


4120200409sayaendour0012009
↑ いま花盛りです。 そして、まもなく実を結を結んでくれるでしょう。

8020200409soramamer0012171
↑ ソラマメ
今年の冬は成長が思わしくなくて、ちょっとしんぱいしましたが・・・

8120200409soramamer0012104
↑ 無事、冬を乗り越して、花を咲かせてくれました。
数株にアブラムシがたかっているのが見られたのでスミチオン1000倍希釈液を散布しました。

|

2020/04/08

クレマチスの蕾が膨らみ(4/7)、カノコユリ(4/6)とギボウシ(4/7)が芽を出しました。

新型コロナウイルスの感染伝播の勢いが止みそうにありません。4月7日、政府はついに「緊急事態宣言」を発しましたが、今日のTVニュース速報によれば、東京都で1日で144人、同じく神奈川県では68人の感染者を確認し、全国合計では500人を超えて、502人の感染者を確認しました。

いずれも、これまでの1日の最多の記録で、感染の勢いは衰えそうには見えません。我が県は「緊急事態宣言」の 指定地域には入っていませんが、今しばらく不要不急の外出は自粛して、ここ当分、庭の手入れや、菜園の畑作りに励もうと思っています。

4月8日 昨日は庭の雑草取り、クレマチスなどの手入れをしたが、今日は、前日に引き続いて、菜園「まさる畑」の雑草取りと、耕運の畑作りで汗をかきました。

1020200407clema1ar0011857
↑ クレマチスの蕾が膨らみ始めました。

1120200407clema1br0011861

1220200407clema20r0011924

1320200407clemar0011925
カノコユリも芽を出しました。

1820200406kanokoyurir0011802
↑ カノコユリ

2020200407gibousi2r0011883
↑ ギボウシも出そろいました。

2320200407gibousi1r0011879
↑ ギボウシは斑入りのものもあります。

 

|

2020/04/07

ジャーマンアイリス、シバサクラが開花。そしてヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリも花盛り!(2020/04/06~07)

4月6日 ジャーマンアイリス白花が開花し、続いて今日7日はシバサクラが開花しました。6日は暖かいお天気の日となり、午前中は庭の草取りをし、花壇に植付けた草花の手入れをしました。午後は菜園「まさる畑」のそら豆、えんどう豆の手入れをした後、里芋植付けのための畑作りをしました。7日も良いお天気。でもコロナウイルスの感染拡大で、外出自粛です。昨日に引き続いてクレマチスの手入れをしました。

0020200406giriswr0011867
↑ ジャーマンアイリス・白花(2020/04/06)

0020200406giriswr0011874
↑ 別名:ドイツアヤメ

0020200406giriswr0011878
↑ 白花は病気にも強く頑強で繁殖力も旺盛です。

1020200407sakrasour0011959
↑ シバサクラが咲き始めました(2020/04/07)

1020200407sakurasour0011941
↑ シバサクラ:今年は例年より早い開花です(2020/04/07)

1020200407sakurasour0011954
↑ シバサクラ:別名「ハナツメクサ(花詰草)」

2020200406himeodorikosour0011811
↑ ヒメオドリコソウ

2020200406himeodorikosour0011818
↑ 

2020200406himeodorikosour0011819
↑ 雑草扱いにされていますが、よく見れば綺麗な花です。

2020200407ohinunofugurir0011900
↑ オオイヌノフグリ
雑草として、すくかたづけられてしまいますが・・・


2020200407ohinunofugurir0011907_20200407225501
↑ かわいらしい花を咲かせています。

2020200407ohinunofugurir0011918
↑ 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/04/05

ノダフジ、ブルーベリー、ジャーマンアイリス(2020/04/05)

4月5日 昨日は良いお天気でしたが、今日は朝から曇ったり小雨が降ったりしてお天気はぐずつき気味です。菜園の畑作りは一時休憩にして、今日は、庭を一回り、草花の様子を点検しました。

巷では、今まで経験したことのない未曾有のコロナウイルス旋風が吹き荒れているというのに、 我が家の庭のノダフジ(野田藤)、ブルーベリー、ジャーマンアイリスたちは何事もなかったかのように、一雨ごとに冬の眠りから目覚めて花蕾や若芽を膨らませ始めました。

この子たちは、もうまもなく、お約束の愛らしい綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。いつ花を咲かせてくれるのか、たのしみに待たれます。

11020200405nodafujir0011742
↑ ノダフジ(野田藤)

12020200405nodafujir0011748
↑ 「野田藤」の名の由来
平安時代末期に現在の大阪市福島区玉川付近は「野田の細江」と呼ばれており、鎌倉時代には藤が自生して繁茂していたようです。
鎌倉時代初期、時の太政大臣西園寺公経は「野田の細江」をしばしば訪れて、次の歌を歌ったという。
難波潟 野田の細江を見わたせば 藤浪かかる 花のうきはし
現在、流通している「野田藤」はこの「野田の細江」の藤を起源としているそうです。
14020200405nodafujir0011751

↑  

20020200405blueberrysr
↑ ブルーベリーA

21020200405blueberryr0011775
↑ ブルーベリーA

22020200405blueberryr0011779
↑ ブルーベリーB

24020200405blueberryr0011777
↑ ブルーベリーB

30020200405germanirisssrr0011788
↑ ジャーマンアイリス・紫花

31020200405germanirisr0011782
↑ ジャーマンアイリス・紫花

32020200405germanirisr0011789
↑ ジャーマンアイリス・白花

33020200405germanirisr0011790
↑ ジャーマンアイリス・白花

 

|

2020/04/03

チューリップ(赤・白)が咲き出しました(2020/04/03)

4月3日 今朝、ツバメ2羽が家の周辺を飛び交っているのを目撃しました。今シーズン初見です。

4月2日 庭に植付けた赤花のチューリップと白花のチューリップが前日の雨の恵みを受けて開花しました。ここ数年は、新しい種球根を補植していませんが、2010年に植付けた球根の子孫が、毎年花を咲かせてくれています。

1020200403tyuliprr0011694_20200403214501
↑ チューリップが咲き始めました(2020/-4/03 撮影)

1120200403tyuliprr0011717

1220200403tyuliprr0011698

1320200403tyuliprr0011718
↑ 数は少なくなりましたが、毎年咲いてくれます。

2120200403tyulipwr0011708
↑ 白花のチューリップも咲きだしました。
植えっぱなしにしておいたら、球根が分裂して、固まって生えてきました😵👀




2320200403tyulipwr0011713
↑ このチューリップは、純白ではなく、花びらに黄色い筋が↑はいって
います。

2420200403tyulipwr0011714

2520200403tyulipwr0011688
↑ 購入したときは、もっと黄色味が強かったが、年を越すごとに黄色味が薄れて白っぽくなってきました。

 

|

2020/04/02

ローズマリーの花が見頃になりました!

我が家の庭に地植えしたローズマリー、昨年の暮れからぽつぽつと花を咲かせていたのですが、花数が少なくあまり目立ちません。

しかし、寒い冬を越して、暖かい春が訪れてくると、青紫色の雫がきらめくような綺麗な花を次々と咲かせて庭を飾ってくれます。

2020200327rosemaryr0011619
↑ ローズマリー
シソ科マンネンロウ属 常緑低木 原産地:地中海沿岸地方

2120200327rosemaryr0011621
↑ 和名:マンネンロウ

2220200327rosemaryr0011623
↑ 開花期:10月~5月

2320200327rosemaryr0011628
↑ 葉の抽出液には血行を促進する成分が含まれており、強壮剤として使われたり、外傷の下用薬として使われたりする。

2420200327rosemaryr0011633
↑ 葉は、殺菌作用があるため、魚介類や肉類の料理に使われたりしている。

|

2020/04/01

3月27日 我が家の近くのK小学校の校庭に咲いた桜の花が満開になりました。突然襲ってきた新型コロナウイルスの感染拡大で、今年の春は汚染近くの人が集まる公園での花見会の自粛が勧告されて、せっかく綺麗に咲いた桜の花も思うように見られなくなりましたが、ここは人通りも少なく、心ゆくまで花見ができました。

1020200327sakurar0011635
↑ 桜:今年も咲いてくれました(2020/03/27)

1020200327sakurar0011670
↑ 満開ですが新学期が始まる前なので、小学校に児童たちはまだ登校していません。

1220200327sakurar0011663

1320200327sakurar0011651

1420200327sakurar0011675
↑ 咲き始めの花は、ピンク色のつぼみが混じっていて綺麗です。

1720200327sakurar0011656

1820200327sakurar0011679
↑ 独りそぞろ歩き、心ゆくまで花見を愉しみました。

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »