« サトイモの畝づくりと種芋の植付け 1(2020/04/16) | トップページ | 突然のココログ容量不足で、しばらくブログを休みます »

2020/04/18

サトイモの畝づくりと種芋の植付け 2(2020/04/16)

前回の続きで、今回はサトイモの植付けです。植付けた里芋は購入した種芋ではなく昨年我が家で収穫した自家栽培の「石川早生」と「土垂れ」です。
↑ 植付け「石川早生」(2020/04/16)
幅15cm、深さ25cmの溝を掘り、元肥として牛糞堆肥を施して
その上に土を2~3cmほどかぶせて「間土」をした上に種芋(石川早生)を40cmの間隔をとって植付けます。

11120200416satoimo1r0012548
↑ 株間に化成肥料(14-1414)を半握り施す。

11520200416satoimoune1r0012524
↑ 4~5cmほど土をかぶせて終了。

20020200416satoimoune2r0012555
↑ 「土垂れ」の植付けも同様です。

23020200416satoimoune2r0012560
↑ 溝を掘り、元肥を施して2~3cmほど間土をして、その上に種芋を置きます。

23220200416satoimoue2r0012565
↑ 種芋は40cm間隔におき、その間に化成肥料を施します。

24220200416satoimoune1r0012576
↑ 最後に植付けたタネイモの上に4~5cmほど土をかぶせます。
このタネイモにかぶせ土の多少がその後の出芽の差を左右する大きな要因になるので気をつけなければいけません。
この畑では覆土の厚さを4~5cmとしました。

|

« サトイモの畝づくりと種芋の植付け 1(2020/04/16) | トップページ | 突然のココログ容量不足で、しばらくブログを休みます »

家庭菜園」カテゴリの記事