« 白菜キムチをつくりました(2):キムチの材料集めと漬け込み下ごしらえ(2020/12/16) | トップページ | 木星と土星の大接近! 月も出ていて3天体の競演を楽しむ(2020/12/22) »

2020/12/20

白菜キムチをつくりました(3):キムチの塗りつけと漬け込み完了しました。(2020/12/16)

 我が家の菜園で12月12日に収穫した白菜のキムチ漬の漬け込みが16日に完了しました。収穫から漬け込み完了まで5日ほどかかりました。

少々日時がかかりすぎ!という感もありますが、寒かったが、この間天気が良かったので、体が良く動き、のんびりと愉しみながら仕事を続けることできました。

あと1週間ほどで、食べ頃の時期を迎えます。今年も美味しいキムチ漬がたべられると期待されるので・・・心わくわく楽しみにしています。

20201216400kimutiringoimg_4435
用意したキムチ漬けの材料 1
上段左から右へ:  ①ニンニク ②ショウガ ③リンゴ ④ニンジン
下段左から右へ:  ⑤タマネギ ⑥ネギ   ⑦ニラ ⑧ダイコン 
20201216405ikanosiokaraimg_4439
用意したキムチ漬けの材料 2
左から右へ: ⑨すりごま ⑩はちみつ ⑪ナンプラー 12・イカの塩辛
20201216410kimutinomotozairyouimg_4444
容器に上記の材料を・・・
20201216420kimutinomotozairyouimg_4446
順次いれて・・・先につくったキムチ糊と混ぜ合わせます。
混ぜあわせるときと、次のキムチの塗込めの作業の時は、ビニール手袋は必須。前掛けも準必須。そして場合によってはマスク、眼鏡をかけた方が良いこともあります。
20201216440mimutinomotodekiagariimg_4449
味見をして、用意した薬味や蜂蜜、ナンプラーなどで、辛み、甘み、旨みを調節します。
20201216450yannyomunuriimg_4448
下漬けした白菜とヤンニョムが入った容器をならべて、塗りつけ準備が終わったら、白菜の葉と葉の間に1枚1枚丁寧にヤンニョムを塗り込んで行きます。この、4作業は丁寧にやる必要があるので、たいへん時間がかかります。
塗り終わった白菜は、いったん仮置きの容器(画像の奥に写っている2個の容器)に入れて、それから漬け樽に入れました。

20201216600tarunitsukekomikanimg_4469
「漬け樽」にポリ袋を敷き、白菜を順次詰めてゆきます。白菜の間に隙間が出来たときはヤンニョムを詰めます。

20201216720tsukekomikanryouimg_4475

「漬け樽」の大きさは、ホームセンターで購入した20リットル入りの漬物用ポリ樽で、3個の白菜が十分余裕を持って収まりました。
20201216740tsukekomihakusaikimutiimg_448
蓋をして、一晩部屋(常温)に置いたあと、軒下デッキ(寒いところ)に置き、シートをかぶせて、発酵が進むのを待ちます。
食べ時の目安は1週間ほど経った頃から。
そのときが楽しみです。

|

« 白菜キムチをつくりました(2):キムチの材料集めと漬け込み下ごしらえ(2020/12/16) | トップページ | 木星と土星の大接近! 月も出ていて3天体の競演を楽しむ(2020/12/22) »

家庭菜園」カテゴリの記事