« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月の記事

2021/07/14

ブルーベリージャムを作りました

2021/07/14(記)

ビワの白ワインコンポートを作った勢いに乗って、今日は、自宅の庭と菜園で採れたブルーベリーでジャムを作りました🎵

ジャムは、パンに塗ってたべたり、ヨーグルトに混ぜて食べようかと思っています。

20210518bberryr0080328-2
菜園のブルーベリーが結実しました(2021/05/18 撮影)
2021071103bberryrimg3866-2
野鳥が実を食べに来たので防鳥ネットを張りました(2021/07/11/ 撮影)

20210713blueberryrimg0061-2
熟したブルーベリーを収穫しました(2021/07/13 撮影)
全部で330gほど収穫出来ました。

20210714bberryrimg0234-2
ジャムを作る材料
砂糖  130g
レモン果汁 小さじ 1杯
できあがったジャムの容器(コーヒーの空き瓶を利用しました)

20210714bberryrimg0243-2

水洗いして、へたやゴミを取ったブルーベリーをザルにあげて水を切り、計量して砂糖の量を決めます。
砂糖の量はブルーベリーの重量の40%程度(130g)としました。
20210714bberryrimg0244-2
最初はブルーベリーだけをホウロウ鍋にいれて、弱火で焦がさないように木ベラでかき混ぜながら注意して加熱します。
ブルーベリーの水分が出始めたら、中火に変え、10~20分くらい煮詰めて行きます。

20210714bberryrimg0249-2

水分が出て、焦げ付かないような状態になったら、計量した砂糖(130g)を入れ、さらに煮詰めます。
20210714bberryrimg0254-2

アクが出てきたらシャモジですくって捨てます。
最後に、レモン汁(ここではレモン果汁を使いました)を小さじ1杯分を加えました。
20210714bberryrimg0256-2

煮込み具合を見て火を止めます。
20210714bberryrimg0261-2
あらかじめ熱湯消毒した保存瓶(ここではコーヒー瓶を代用しました)に、熱々のジャムを詰めます。
ここでは、それほどの長期保存は考えていないので、瓶の密封はしません。

| | コメント (0)

2021/07/10

ビワの白ワインコンポート

2021/07/09(記)

コロナウイルスの感染拡大がなかなか終息しません。不要不急の外出を控えて、もっぱら、菜園の野菜作りなどに精を出しています。

今年は、菜園の畑の脇のビワが、3年前に枝の切り戻しをしたお陰でしょうか、沢山実をつけました。生食だけでは食べきれないので、しばらくぶりに「ビワのシロップ煮」や「ビワの白ワインコンポート」などをつくりました。

政府対策本部は昨日8日、「東京都に4度目の緊急事態宣言を発令し、沖縄県への宣言と、大阪府や首都圏3県に適用中の”まん延防止等重点処置”の延長(7月12日から8月22日まで)と、1都3県でのオリンピック競技は 無観客で開催する」という方針を発表しました。

これは重い決断です。オリンピック開催(7月23日)まで、あと2週間で始まります。オリンピック開催が、真剣に討議されて決められたとすれば、これを成功させるために、私も 非力で出来ることは限られてはいますが、全力をあげ、全面的に協力しようと覚悟を固めました。

2021062800biwar0083720-2

 出来上がった「ビワの白ワインコンポート」を「ヨーグルト」と一緒に食べると美味しいです🎵

2021062801biwawinecr0083557-2
瓶詰めにして、冷蔵庫に入れて保存します。
ビンはコーヒーの空き瓶を利用しました🎵

2021062803biwasatour0083506-2a

2021062802winekuensanr0083736-2a
1: 鍋に水250ccと白ワイン(Mercian Bistro)500cc、きび砂糖(140g: 私は沖産産「花見糖」を使いました)をいれ、沸騰させる。                    
アルコールが飛んだら火を止めて、冷ます。
2:クエン酸水: 水250ccを入れた別の鍋に、クエン酸大さじ2杯を入れて中火で溶かし、溶けたら耐熱ガラスボールに移して冷まします。    
2021062804biwawinecr0083499-2
 ビワの処理   
3:ビワ(皮付き1300g)を、皮付きのまま包丁で2分し、さじ(ギザギザスプーン)を利用して、種子や皮を剥ぎとる。(以下の画像参照)                         
                      

注:皮を先に剥いで、実を2分するやり方もあります。


2021062805biwawinecr0083512-2
ギザのついたスプーンで種子を取り
2021062806biwawinecr0083513a-2
実の内側の皮も取ります。
2021062807biwawinecr0083522-2
外皮は簡単に剥けます。
2021062808biwawinecr0083527-2
クエン酸水のガラスボールに入れた
「皮を剥いたあとのビワ」
皮を剥き終わったら直ちに、2で用意したクエン酸水のボールに入れて、ビワの実が酸化するのを防ぎます。
注:全部剥き終わったあと、計量して「皮を剥いたあとのビワの実の重量」を算出したら約800gとなりました。

すべてのビワに当てはまる訳ではありませんが、我が家のビワでは、
「皮を剥いたあとのビワの実の重量」=「皮付きのままのビワの重量」X0.615
という関係が」成り立ちました。この関係を利用すると、
「皮を剥いたあとのビワの実の重量」のおよその値が、「皮付きのままのビワの重量」を知ることによって推測出来ます。
4:3でつくった「皮を剥いてクエン酸ボールに浸したビワ」をクエン酸水ごと1で作った白ワイン・砂糖水の鍋に、         
 
 入れて中火にかけます。  
2021062809biwawinecr0083552-2
沸騰したら弱火にして灰汁(あく)を取りながら5~10分くらい煮ます。
火を止めて、粗熱が取れたら用意したビン(ここではコーヒーの空き瓶を利用しました) に入れて保存します。
保存瓶はあらかじめ「熱湯消毒」をして用意しておきます。 

|

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »