カテゴリー「野菜」の記事

2018/06/24

ジャガイモ(男爵)を収穫しました(9018/06/22)

6月21日、菜園「丘の畑」に植え付けたジャガイモ「男爵」を試し掘りした結果、いもはかなり熟度が進んでおり、いもの一部は病気を持っているものも認められた。長雨で病気の進行が進んではまずいので、収穫は梅雨明けを待たずに、梅雨の合間を狙って収穫することにしました。

早速、天気予報を調べたら、22日は晴れ、23日は午前中は晴れだが、午後からは天気が崩れ雨になるとのこと。そこで、善は急げ、急遽、22日に先ず「男爵」を収穫することにしました。

結果は、23日掘り上げたジャガイモを乾かして、ケースに入れ、物置に収納した後、午後から雨がぱらつき、本日24日の朝まで雨となりました。間一髪で雨を免れました。 梅雨の間の一仕事を終えて、今日はTVにスイッチをいれ、ほっと一息ですo(*^▽^*)o

Ha300dansyakur0028877_20180621_1202
↑ ジャガイモ「男爵」の畝(2018/06/21): 茎葉はまだそれほど枯れ込んでいないが、試し掘りをした結果は、「イモ」は、十分ついており、熟度も順調に進んでいたので、梅雨明けを待たずに”梅雨の合間”を狙って掘ることにしました。 

Ha310jyagadansyakur0029053
↑ 試し掘りで予想されたように、いもは十分ついていました。

Ha320jyagadansyakuhosirimg0019_2018
↑ 22日午後半日、畑で天日干しいた後、庭に持ち帰り、23日の午前の半日、引き続いてまた天日干しをしました。 午後は芋についた土を丁寧に払い、台秤で計量した後、プラスチックケースに入れて物置の暗所に収納しました。

「男爵」の種芋2kgを植え付けて、まあ食べても問題は無いと思われたイモ(有効収穫量)が、今年は23kg収穫できました。その内訳(M1,M2,M3,Mh,S1)は、「続き」の頁に示されています。

このほかに、品質障害(中心空洞、褐色心腐、黒色心腐、粗皮症)を受けたと思しきジャガイモ3kg及び、おおむね25g以下の小玉ジャガイモ600gは、食料にせず廃棄処分しました。したがって、上記統計には入っていません。

 2018年度収穫のジャガイモ(男爵)の計量結果(→続きをご覧ください

 

続きを読む "ジャガイモ(男爵)を収穫しました(9018/06/22)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

ジャガイモ(男爵)の試し掘り

6月21日  今日は一年で一番長い日~夏至~ですね。真冬の頃は午後5時ごろになると真っ暗になってしまうのに、このごろは午後7時頃になってもまだ薄明るいので、日が長くなったのが実感されます。でも明日から、まただんだんと日が短くなってゆくのですね。

昨日の雨は今日はすっかり止んで梅雨の晴れ間~朝から青空が見えてきました。今日は、雨が降ったりして、なかなか見に行けなかった第一菜園「丘の畑」の様子を見に行ってきました。

13日に播種したゴマとヒマワリ、17日に発芽し始めたのを確認した後、今朝見まわったら、芽はほゞ出揃っていました。先ずは一安心というところです。

ジャガイモの男爵とキタアカリは、葉が黄色く色づき始めました。「収穫」そろそろOKのサインなので、今日は男爵の1株を試し掘りしました。キタアカリは昨日の雨で未だ畑の土がぬかるんでいるので明日することにしました。

Ha100dansyakur0028882_20180621_12_2
↑ ジャガイモ(左の畝:キタアカリ、右の畝:ダンシャク)の葉が黄色く色づき始めました(2018/06/21)。

Ha110dansyakur0028911_20180621_12_2Ha115dansyakur0028915_20180621_12_2

↑ 1株(種芋1片)でこのくらい採れました。

Ha120dansyakur0028921_20180621_1253
↑ 試し掘りなので少し詳しくチェックしました。

ジャガイモの総個数:22個  総重量:1550g 

一見、よさそうに見えるが、重症ではないが全体的にそうか病に罹っています(これは毎年のことで防ぎようがありません)。

緑化いも 1個、 品質障害いも(中心空洞~褐色心腐病?)2個 ありました。

Ha130dansyakur0028935_20180621_1443Ha135dansyakur0028934_20180621_1442

↑ 50g以下の小いも、緑色いも及び品質障害いもを除いた、良質のいも10個を選び計量しました。  1030gありました。 いも1個当たりの平均重量は103gとなります。


Ha125dansyakur0028949_20180621_1704

↑ 左:緑色いも 右:品質障害いも(外見は良さそうに見えるが、切ってみると・・・(;ω;))


Ha150dansyakur0028937_20180621_1650

↑ 中が空洞で、腐りが始まっていました。一番大きいイモに見られました。こういうことがあるので、大きいイモができたと単純に喜ぶことはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

夏野菜:採りたての旬の味覚を楽しめる頃となりました。

関東地方が6月6日に梅雨入りした後、当地は11日、15日、20日とほぼ4~5日の周期で10~20mm程度の好サイクルの降雨にめぐまれ、菜園の水管理が大助かりでした。

お陰で、菜園は、多少病虫害の心配はありますが、ズッキーニ、ピーマン類、シシトウ、ナス、トマト、キュウリ、インゲンなどの露地植の野菜が順調に開花・結実して嬉しい収穫期を迎えることがでました。

Ha200yasair0028772_20180619_081111_
↑ 菜園の夏野菜が旬の時期を迎えました(1)(2018/06/19)。

左 :ズッキーニ(黄、緑)、ナス(千両2号、水ナス)、こどもピ^-マン

右上:ピーマン(京波)

右下:中玉トマト(フルツカ、レッドオーレ)、小玉トマト(アイコ 赤、黄)

Ha210yasai2r0028790_20180619_104404

↑ 菜園の夏野菜が旬の時期を迎えました(2)(2018/06/19)。

 キュウリ(春秋節成)、つるなしインゲン、シシトウ

Ha300zukkinir0028809_20180619_10563
↑ ズッキーニの現況: (2018/06/19 撮影)。 植え付け月日:4月20日

Ha310pmanzukkir0028801_20180619_105
↑ 手前の畝左から :トウガラシ鷹の爪(1)、シシトウ(2)、ピーマン(京波、2)

カラーピーマン(赤、黄 各1)、 こどもピーマン(1)。  植え付け月日:4月13日。

注1:()内の数値は植え付けた株数。 以下同様。

注2:「こどもピーマン」:タキイ種苗がメキシコのトウガラシ「ハラベーニョ(ハラベト)」を親として開発・作出した「唐辛子の変種」で肉厚で辛くないピーマン。

ブランド名では”ピーマン””と名付けられているが、分類学的には”辛くない”「トウガラシの変種」で、形は、細長くトウガラシの形に近い。

Ha320nasur0028814_20180619_105812_0

↑ ナス(千両2号4;水ナス2)の畝(2018/06/19 撮影)。 

  植え付け月日:4月13日。

Ha330tomator0028816_20180619_105828
↑ トマトの畝(2018/06/19 撮影)。 

手前より; ホーム桃太郎(4)、レッドオーレ(1) 植え付け月日:4月17日。

       フルツカ(1)、 アイコ(赤、黄 各1) 植え付け月日:4月20日。

Ha340kyuhrir0028812_20180619_105749
↑ キュウリ(春夏節成り、4)の畝(2018/06/19 撮影)。 植え付け月日:4月20日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

つるなしインゲンとカボチャ

4月15日に第1回目の播種をしたつるなしインゲンが収穫の時期を迎えました。そして、4月22日に苗をYホームセンターで購入し、23日に植え付けた坊ちゃんカボチャが順調に成長し、11個の実をつけました。

Ha200ingenr0028743_20180617_160449_
↑ 第1回目播種のつるなしインゲンが大きくなりました(2018/06/17)。さきました

Ha230ingenhanar0028758_20180617_161
↑ 花が咲きました。

Ha240ingenhanamir0028763_20180617_1
↑ 花が咲き終わると、すぐ実が大きくなり、

Ha250ingenr0028746_20180617_160546_
↑ 花後、2週間ほどで収穫できるようになります。

Ha260ingenr0028749_20180617_160923_
↑ 6月13日 初採りしました。

         ボチャンカボチャ

Ha100kaboochabochanr0028522_20180_2
↑ 第2菜園「まさる畑」に植え付けたボチャンカボチャが大きくなりました。

Ha110kabochabochanr0028666_20180617
↑ 1番果が直径15cmほどになりました(2018/06/17)。

Ha120kabochabochanr0028670_20180617
↑ 2番果も負けじと直径15cmほどになりました(2018/06/17)。

全部で11個ほど結実したので、発泡スチロールの座布団を敷いてあげました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/06/15

トウモロコシの除げつ・除房とベビーコーン(ヤングコーン)、そしてネットを張りました。

昨年は、梅雨入り宣言のあと、空梅雨となり、菜園の作物は水不足で窮屈な思いをしたが、今年は、たっぷりの雨。

水をほしがるトウモロコシのお世話の労力が大幅に減りましたヽ(´▽`)/。

Ha100morokosihanahor0028183_2018060
↑ 6月3日 トウモロコシの雌穂から雌蕊(ひげ)が出始めました。

Ha110morokosimebanar0028177_2018060
↑ 6月3日 トウモロコシのひげ。

Ha200babycornr0028464_20180615_0635
↑ 6月14日 「除げつ(分げつ枝~脇芽欠き)」と「除房(摘果)」をしました。 

トウモロコシ(スイートコーン系)は、一株に1本のトウモロコシを残すのが基本ですが、我が家では、大きくなった2本目のトウモロコシはそのまま残しました。

Ha210babycornr0028469_20180615_0641
↑ 「ベビーコーン」。これは、収穫の一部です。

Ha220babycornresipir0028504_2018061
↑ 妻君が中華風炒め物ベビーコーンに料理してくれました。

除去した若いトウモロコシは、ベビーコーンとして、美味しくいただきました。炒め物ほか、サラダや塩ゆで、あるいは天ぷらなどにしても美味しくいただけます。

Ha300morokosihanar0028189_20180603_
↑ 6月3日の時点(雌穂から雌蕊「ひげ」が出始めた頃)のトウモロコシ。

Ha305morokosinetr0028486_20180615_1

↑  6月14日 「除げつ」と「除房」をした後

Ha310morokosinetr0028476_20180615_1

↑ 「防鳥」と強風による「倒伏防御」を目的として、「ネット」を張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

菜園の現況(180604):タマネギを収穫し吊り干しにしました。

タマネギ「OL黄」が倒れ始めてから20日ほど経ったので収穫し、一部は生食用、あとは「吊るし干し」にしました。

「赤玉」はまだ、殆どが倒れないので、半分ほど収穫して「吊るし干し」にしました。

Ha600tamanegir0028220_20180604_1550
↑ 収穫したタマネギの吊り干し(2018/06/04)。

明後日は降雨との予報なので、用心のため、夜間は雨除けのブルーシートを掛けました。

Ha100tamanegir0027726_20180525_1121
↑ タマネギ「OL黄」は、倒れはじめてから20日ほど経て、十分乾いたので収穫することにしました。

Ha200tamanegiolkir0028196_20180603_
↑ 100個植え付けたタマネギ「OL黄」のうち、60個を「吊り干し」にしました。40個は「新タマネギ」として残したり、親戚・知人に分けたりしました。

Ha00tanamegir0028198_20180603_12343
↑ 「赤玉」も、葉が倒れないのもあったが20株ほど収穫しました。

Ha400tamanegir0028213_20180603_1603
↑ 一般の農家では、通常、軒下に吊るしますが、我が家ではそれができないので、裏庭で露天干しです。

Ha500tamanegir0028219_20180604_1550
↑ 雨が降った時の用心のために、夜間はブルーシートを被せます。露天干しである程度乾燥したら、物置に取り込んで、吊るし干しにします。これで、来年の3月くらいまで保存できるかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/06/01

夏野菜の初採り、 カボチャの人工授粉

一昨日の雨で、キュウリがぐ~んと生長し、嬉しい初採りとなりました。トマトもレッドオーレ、赤玉アイコ、ピーマンが大きくなったのでそれぞれ一個づつ初採りしました。

そして今朝は、珍しく早く目覚めたので畑を見回りました。カボチャの「ボチャン」の雌花が1個、雄花も2個開花していたので、念のため人工受粉を施しました。

Ha100kyuhrir0027995_20180531_194805
↑ 5月31日 今年はキュウリが元気旺盛です。4株を植えたのですが、形の良いキュウリが一度に6本も採れました。

Ha110kyuhrir0028001_20180601_083906
↑ 次々と花を咲かせています。

Ha120ohatsuyasair0027997_20180601_0
↑ 5月31日 トマトは、中玉のレッドオーレと小玉のアイコ(赤)が色づいたので、それぞれ1個づつ収穫しました。ピーマン(京波)も1個収穫しました。それぞれ初採りです。

Ha130tomator0028005_20180601_084021
↑ トマトの畝: 「ホーム桃太郎」の実は、急がずじっくりと生長しています。

Ha140nasuhanar0028020_20180601_0843
↑ ナスも、次々と花を咲かせているが、この子たちも、慌てず急がずじっくりと生長しています。

Ha150battar0028014_20180601_084223_
↑ バッタ(?)が、ナスの葉っぱを齧って大きな穴をあけていましたが、死一等を免じて許してあげました。

Ha200bochankabochar0028043_20180601
↑ 6月1日 朝の見回りで、かぼちゃ「坊ちゃん」の開花を点検しました。

Ha210bochanobanar0028048_20180601_0
↑ 雄花が2個咲いていました。

Ha240bochanr0028062_20180601_092509
↑ 雄花から、やや離れたところに雌花も1個咲いていました。

まだ、昆虫も少なく、自力で授粉するのは難しいと思われたので、受粉のお手伝いーー人工授粉ーーをしてあげました。

Ha220bochanosiber0028055_20180601_0
↑ 雄花の花びらをとって、雄蘂だけにして・・・

Ha230bochanosiber0028053_20180601_0

↑ 花粉を雌花にまぶします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/31

菜園の現況(180529-30):ニンニク、キヌサヤエンドウの収穫

昨年の秋から冬にかけて育てた野菜の収穫がそろそろ終わりに近づきました。昨年の9月19日に植え付けたニンニクを、5月29日に収穫、そして11月19日に播種したキヌサヤエンドウを5月30日に収穫しました。キヌサヤエンドウはまだ花が咲いているので、もう1回くらい収穫できそうです。

Ha300ninnikur0027870_20180529_17021
↑ ニンニク: 今年のニンニクは、どうしたことか今までにない不作でした。さび病にかかってしまったようです。

Ha310ninnikur0027878_20180531_12004
↑ 5月29日収穫 : 薬剤散布はしなかったので、未曽有の不作となりました。

前年に自家栽培のニンニクを植え付けて、問題なく収穫できたので、今年も自家栽培の球を植え付けました。それがいけなかったのでしょか、冬を越して春までは良かったのですが、その後、急に成長が悪くなったので、良く調べたらさび病にかかっているらしいことが分かりました。

Ha320ninnikur0027882_20180531_12023
↑ 今年の収穫は小さい玉ばかりで、大きい玉は一つもできませんでした。

 来年度は身元のしっかりしたタネを購入して栽培しようと思っています。

Ha200kinusayaendour0027877_20180530
↑ キヌサヤエンドウ: 5月30日 裏の畑に播種したキヌサヤエンドウを収穫しました。

Ha210kinusayar0027988_20180531_1755
↑ まだ、花が咲いているので、もう1回くらい収穫できそうです。

Ha230kinusayar0027986_20180531_1755
↑ スナップエンドウは、収穫終了となってしまいましたが、キヌサヤエンドウは収穫期間が長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/30

菜園の現況(180525):トウモロコシの雄穂が出始めました。

4月11日に播種したトウモロコシ「ピーター早生1号」 が5月25日に雄穂を出し始めました続いて 「ゴールドラッシュ」 が2日遅れの5月27日に雄穂を出始めました

ピーター早生1号は、83日ほどで収穫できる「早生」種であるというが、出穂は2~3日くらい早いだけで、あまり差がありませんでした。

Ha500toumorokosir0027706_20180525_1
↑ トウモロコシの雄穂が出はじめました(2018/05/25)。

Ha510toumorokosir0027717_20180525_1
↑ ピーター早生1号の方が、若干早く出穂しましたが、・・・

ピーター早生1号:甘味バイカラー粒種  1985年発表。 実がハニーバンタムより柔らかく、甘味がある。ハニーバンタムの改良種。

Ha530toumorokosir0027708_20180525_1
↑ ゴールドラッシュも早いのはもう出穂していました。

ゴールドラッシュ:甘味黄色粒種  2004年発表。 実が柔らかく、糖度が高い品種で生食が可能。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

菜園の現況(180526):ソラマメの初収穫、続いて2回目の収穫をしました。

ソラマメの莢が膨らんで下向きに垂れ下がり出しました。ソラマメは採り遅れるとあっと言う間に実が固くなってしまい、せっかくの風味が落ちてしまうので、その収穫の適期を見定めることが、美味しいソラマメを食べるために重要なポイントになります

収穫は、少し早めでしたが、27日に東京の従兄弟は我が家に寄ってくれるとの連絡があったので、5月26日、菜園「丘の畑」のソラマメ今シーズン初収穫~のソラマメを収穫しました。

自家用車で来たので、ソラマメのほか、新タマネギや大根なども一緒におすそ分けをして、ついでに同じく東京に住んでいる親戚にも運んでもらいました。

雨が降ると、品質はガタ落ちになるので、善は急げ~。引き続いて28日に第2回目の収穫をしました。これは、少し遠い長男夫妻・孫たちの家と、娘夫妻・孫たちの家にゆうパックで送ってあげました。

Ha110soramame2r0027839_20180529_072
↑ 昨年11月9日に播種したソラマメが無事に冬を越し、収穫の時期を迎えました。

Ha200soramamer0027801_20180526_1806

↑ 5月26日、下向きに垂れ下がった形の良いソラマメを選んで第1回目の収穫をしました。

  今年の初収穫です。さやごと生重で計量したら5.5kgありました(o^-^o)。

Ha200soramamer0027814_20180526_1812
↑ 試食をしたら、味も良し、お世話した甲斐ありと、天地に感謝。翌日東京の従兄弟夫婦が我が家に立ち寄ってくれたので、初物の味を味わってもらいたいと思い、他の親戚の分も含めて、送料無料でお土産に持って行ってもらいました。(*^-^)。

TYの天気予報によると、九州は梅雨入りし、関東も梅雨入りが近いと報じて、水曜日から雨になりそうだというので、28日引き続いて第2回目の収穫をすることにしました( →続く )。

続きを読む "菜園の現況(180526):ソラマメの初収穫、続いて2回目の収穫をしました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧