カテゴリー「野菜」の記事

2018/05/22

菜園の現況:トウモロコシ、エダマメ、ジャガイモ、ネギ

菜園「丘の畑」:4月10日に播種したトウモロコシ「ピーターコーン」と「ゴールドラッシュ」は順調に生育したが、エダマメ「湯あがり娘」は、60穴中10穴しか発芽しなかったので、5月15日、中生種の種子「夕涼み」を購入して、播き直しました。

3月23日に植え付けたジャガイモ「男爵」と「キタアカリ」は順調に成長し、5月7日頃から花を咲かせはじめました。 少し遅れたが、追肥をして、22日に土寄せをしました。

3月25日に植え付けたネギ「石倉一本」、「赤ひげ」、「下仁田」の追肥、土寄せを5月22日完了しました。

Ha50yasaiokanohatake4r0027469_20180
↑ 菜園「丘の畑」第Ⅳ区の風景。 手前より順に右へ:トンネルネットはエダマメ、の畝で、順次、トウモロコシ、ジャガイモ、ネギの畝です。

Ha210edamamenetr0027207_20180515_11
↑ エダマメ: 今年は、4月10日に播種した「湯あがり娘」なぜか発芽率が悪く60穴中10穴しか発芽せず、大失敗という結果になってしまいました。

そこで、急遽、中生種の「夕涼み」を購入し、5月15日に蒔き直しました。

Ha220edamametaner0027211_20180515_1Ha230edamamer0027318_20180521_14445

 夕涼み
 5月15日播種

 5月20日 発芽開始

Ha240edamamenetr0027329_20180521_14
↑ 「夕涼み」は、今のところ順調に発芽しているので、少し遅れたが、今年も美味しい枝豆がたべられそうです。

Ha100toumorokosir0027474_20180522_1
↑  4月10日に播種したトウモロコシ「ピーターコーン」と「ゴールドラッシュ」ともに順調にせいいくています。 5月20日 追肥を済ませました。

Ha300jyagaimothtyr0027477_20180522_
↑ ジャガイモ: 3月23日に植え付けた「キタアカリ」と「ダンシャク」ともに順調に生育し、5月7日頃から、花が開き始めました。 雑草を取り、追肥をした後22日に土寄せをしました。

Ha400negithtyr0027479_20180522_1112
↑ ネギ: 3月25日に植え付けたネギ「石倉一本」(60本)、「赤ひげ」(20本)、「下仁田」(45本)がほぼ順調に生育しました。

Ha410negithtyr0027480_20180522_1113
↑ 梅雨期に入るとさび病がちょっと心配です。22日、軽く追肥をしました。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

サツマイモの植え付け

雨の後は五月晴れ。過ごしやすい季節になりました。そして、晴れの日は、日本各地で真夏日並みの暑さが記録されたりするようになり、菜園の野菜も急に生長し出しました。

今年は、サツマイモの植えつけも少し早めに植え付ける農家もあちこちで見られたので、我が家も5月19日に、近くのHCで、サツマイモの苗(ベニハルカ40本、ベニアズマ20本)を購入し、(ベニハルカ20本、ベニアズマ20本)を「丘の畑」に、残りのベニハルカ20本を「まさる畑」に植え付けました。

Ha051701satsumaimohatakezukuririmg0

↑ 5月17日 「丘の畑」:サツマイモの植えつけの前に、雑草を取って畑の準備。 

 計測して、元肥を施す溝(幅15cm、深さ15cm) を掘ります・・・

Ha051702satsumaimohatakezukuririmg0
↑ 元肥として、未熟堆肥(昨秋の柿の落ち葉を保存しておいたもの)と鶏糞堆肥100g/㎡、化成肥料20g/㎡、過リン酸石灰半握り/㎡を施しました。

Ha051801satsumaimomultir0027284_201
↑ 5月18日 2畝(長さ9m)をつくり、黒マルチを張りました。

Ha052001satsumaimnaerimg0001_201805
↑ 5月19日 お馴染みのHCに行き、苗の購入。 今年は昨年より値上りしています。

  苗 : ベニアズマ(ウイルスフリー)20本(\498)  ベニハルカ 40本(\1396)

Ha052002satsmaimouetsukerimg0015_20
↑ 5月20日  ベニハルカ20本(左畝)  ベニハルカ20本(右畝)の植え付け(株間隔 40cm)を植え付けた後、水を補給して完了。

 「まさる畑」にもベニハルカ20本を植え付けました(写真は省略)。

Ha052101satsumauetsukekanr0027304_2
↑ 5月21日 無降水日が続いているので、今朝、水を補給して苗の状況を点検。

  関東地方は23日に降雨がるとの予報なので、それまで水を補給する予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

落花生が発芽し、ほゞ100%本葉が出揃いました。

5月6日、菜園「丘の畑」第Ⅱ区に直播きした落花生(千葉半立)が、15日頃から芽を出し始め、17日に点検したときは、ほぼ100%発芽したことが確認され、本日(19日)のチェックでは、これまたほゞ100%本葉がでそろいました。その急速な成長にビックリです。

落花生(ピーナッツ)の種子は、昨年収穫した落花生のうち姿形の良いものを選別した自家採種の種子です。

落花生の直播きは、移植という手間が省けるので労力的には楽ですが、時期が早すぎると、畑地の地温が十分上昇していない年もあるので、その時、冷たい雨が降ったりすると、種子が発芽しないまま腐ってしまうことがあります。

また、播種が遅すぎると、収穫がぐんと落ちてしまうので、最適の播種の時期を見極めるのが重要なポイントとになります。 今年は、幸いにもその第1関門を突破できたようですが、まだまだ気を緩めることはできません。

Ha50rakkaseihataker0027104_20180506

↑ 5月5日 落花生の畝作り開始。 長さ9mの畝を3畝作りました。

  畝幅70cm、畝間130cmとし、通路幅60cmを取りました。 

Ha55rakkaseihasyur0027115_20180507_

↑ 5月6日 2条穴開き銀ネズマルチを張って、落花生を播種しました。 播種した後、鳥除け、虫除けのためのネットを被せました。

マルチの規格: 株間27cm、条間40cm、 穴径6cm 2条千鳥。 銀ネズミ色マリチシート幅95cm。 

Ha100rakkasei_hatsugar0027276_20180
↑ 5月17日 落花生が発芽し、ほゞ100% 芽が出そろいました。

Ha110rakkaseir0027265_20180517_1002
Ha120rakkaseir0027264_20180517_1002
Ha130rakkaseir0027269_20180517_1005

↑ 5月17日  早いものは、何株が本葉が展開しました。

Ha200rakkaseihonbar0027286_20180519

↑ 5月19日 発芽したので、弓を張り、べた掛けをトンネルネットにしました。

Ha210rakkaseihonbar0027297_20180519
↑ 発芽後2日目 発芽してからの生長は早い。

Ha220rakkaseihonbar0027299_20180519
↑ 次々と本葉が展開し始めました。

Ha230rakkaseihonbar0027300_20180519
↑ 草丈が10cmほどになったら、鳥よけのトンネルネットは外す予定にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

5月の菜園(1):ラッキョウ、ニンニク、タマネギ

5月に入り、雨天と晴天が2~4日のリズムで繰り返して出現し、次第に夏らしくなりました。昨年の秋に植え付けた我が家の菜園の野菜たちラッキョウ、ニンニク、タマネギが、そろそろ収穫の時期を迎えました。

Ha100rakkyour0027242_20180517_09525
↑ ラッキョウ: 昨年秋9月19日に植え付けたラッキョウが無事に冬を越し大きくなりました(1018.0517 撮影)。

Ha110rakkyour0027252_20180517_095_2
↑  雑草取りが大変ですが、そのほかはあまり手がかかりません。順調に育ってくれれば6~7月頃に収穫できそうです。

Ha210ninikur0027273_20180517_100715
↑  ニンニク: ラッキョウと同じく昨年の9月19日に植え付けたニンニクは、あまり生育が良くありません。

Ha220ninnikur0027257_20180517_09561
↑ 自家栽培したニンニクを種にしたのですが、そのせいでしょうか。

Ha230ninnikur0027260_20180517_09580
↑ 試し堀をしたのですが、写真のように貧弱で、スーパーなどで市販されているニンニクに比べるとかなり見劣りがします。

Ha300tamanegir0027245_20180517_0953
↑ 黄玉タマネギ(OL黄): 昨年11月7日に植え付けたOL黄の葉が倒れ始めました(1018.0517 撮影)。

Ha310tamanegir0027247_20180517_0953
↑ 今年は黄玉(OL黄)の方が、早く収穫できそうです。

Ha320tamanegir0027249_20180517_0954
↑ 赤玉タマネギ(猩々赤)の葉は、まだ倒れません。したがって、収穫は黄玉よりも遅れるかな、と思っています。

 

 

続きを読む "5月の菜園(1):ラッキョウ、ニンニク、タマネギ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

ソラマメの摘心、支柱立て・・・間もなく収穫です。

5月7日 ソラマメの草丈が70cmを越えるほど繁って来たので、摘心し、倒伏予防のための支柱立てをしました。

豆鞘も大きくなり、下を向きはじめたので、そろそろ収穫の準備です。

Ha100soramamer0027136_20180511_1536

↑ 4月末からの気温の上昇と、ソラマメにとってはタイミングの良い降雨だったのでしょうか、生長が急速に進みました。

Ha110soramamer0027144_20180514_1804
↑ 70cm以上を目安に伸びすぎたものは、花が咲いても良い結実が見込めないので頂部は摘心し、株の倒伏を避けるために支柱立てをしました。

Ha120soramamer0027162_20180514_1809
Ha130soramamer0027133_20180511_1534

Ha140soramamer0027131_20180511_1534

↑ 鞘が下を向き始めたものもで始まました。背筋が黒くなったら収穫適期だそうです。

そして、収穫の適期は僅か数日・・・・採り遅れないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/25

夏野菜第2陣の植え付け(2018/04/20):トマト、キュウリ、ズッキーニ、カボチャ、セロリーを完了。

春は足早に進んでいます。降雨があったり、希望した苗がHCで見つからなかったりして、野菜の植え付け計画が多少乱れましたが、4月20日無事、本年の夏野菜第2陣(トマト、キュウリ、ズッキーニ、カボチャ、セロリー)の植え付けが完了しました。 

Ha100natsuyasaiuetsuke2r0026929_2_2
↑ 4月20日 夏野菜第2陣の植え付けが終わりました(撮影 2018/04/20)。

Ha105natsuyasai2naer0026819_2018042
↑ 苗は、お馴染みのHCで購入しました。

Ha115aikorr0026837_20180420_162333_Ha117aikorr0026835_20180420_162310_

小玉トマト

アイコ(赤)

1本

 

Ha125aikoyr0026834_20180420_162258_Ha127aikoyr0026832_20180420_162226_

小玉トマト

アイコ(黄)

1本

Ha135furutikar0026841_20180420_1624

Ha137furutikar0026839_20180420_1624

中玉トマト

フルティカ

1本

Ha200naysusuzumi4hatir0026829_20180
↑ キュウリは「夏すずみ」4本を植え付けました。

Ha300zukkiiniyr0026933_20180421_115Ha310zukkinigr0026935_20180421_1159

↑ ズッキーニは黄(左)1本、緑(右)2本を植えました。

Ha400bochanr0026927_20180421_115748

↑ カボチャは「坊ちゃん」の苗を購入して植え付けました。このほかに「伯爵」を植え付けようと思っていますが、苗が得られないので、種から育てる予定にしています。

このほかに今年は「セロリー」の苗も購入しましたが、これは目が届いて管理のしやすい裏庭の畑に植える予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/16

トマトの植え付け完了。イチゴはいま花盛りです。

13日に、ナスやピーマンなどを植え付けた後、すぐにトマトを植え付ける予定でいましたが、14、15日は天候が悪化して、風雨となったので、本日ようやくトマト(桃太郎4株、レッドオーレ1株)の植え付けを終わりました。

これで、夏野菜第1陣の植え付けは終わりましたが、引き続いて第2陣夏野菜(小玉トマト、キュウリ、カボチャ、ヅッキーニなど)の植え付けをする予定です。

裏の畑に植え付けたイチゴ(豊の香)が、今年は沢山花を咲かせ、いま満開です。昨年よりも収穫は良さそうなので、収穫が楽しみです。

Ha100tomatouetsuker0026740_20180416
↑ ナスやピーマンなどの植えつけ(手前の畝)の後、今日16日にトマト(桃太郎4、レッドオーレ1)の植え付け(2番目の畝)を終わりました。 

Ha110tomatouetsuker0026743_20180416
↑ 引き続いて、第2陣の植え付けをする予定です。

          イチゴはいま花盛りです

Ha100ichigouner0026226_20180411_102
↑ 品種は、「とよのか(豊の香)」です。今は、新しい品種が沢山出ていますが、かつては全国シェア1位になったこともあります。 病害虫に強く、我が家では10㎡ほどの面積で、栽培しています。

Ha110ichigo1r0026238_20180411_10300
↑ トヨノカ : 1984年(昭和59年)に登録された品種です。

Ha120ichigo2r0026234_20180411_10294
↑ 果実は香りが良く、果皮は鮮やかな紅色をしている。

Ha130ichigo3r0026232_20180411_10294
↑ 果汁も多めで日持ちが良く、育てやすい。

Ha140ichigor0026231_20180411_102836
↑ 今年は花数が多く、収穫が楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/13

夏野菜:ナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、カラーピーマンの植え付け

気象情報によると関東地方は、土曜日午後から日曜日にかけて、お天気が崩れ、雨天となるとのことなので、野菜第1陣の植えつけの予定を繰り上げて、今日することにしました。

第1陣の夏野菜の植えつけはナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、カラーピーマンです。明日の午前はトマトを植え付ける予定にしています。

Ha100masaruhataker0026350_20180412_

↑ 4月12日 「まさる畑」の畝づくりをしました。 元肥を撒いて。

Ha110masaruhataker0026356_20180412_
↑ 畝をつくります。

Ha120masaruhataker0026358_20180412_
↑ マルチシートを張って、12日は終わり。

Ha130masaruhataker0026394_20180413_
↑ 4月13日 は 左の畝に、ナス、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、カラーピーマンを植え付けます。

Ha200nasunaer0026401_20180413_15482
↑ ナスは千両2号4株、水ナス2株で、午前中にお馴染みのHCで購入しました。

Ha300takanotsumer0026409_20180413_1Ha310sisitour0026411_20180413_16482

↑ 左:トウガラシ(鷹の爪) 右:シシトウ

Ha320kyounamir0026415_20180413_16_2Ha330cpimanrr0026419_20180413_16494

↑ 左: ピーマン(京波) 右:カラーピーマン(赤)

Ha340cpimanyr0026420_20180413_16494Ha350kodomopmanr0026423_20180413_16

↑ 左: カラーピーマン(黄)   右:こどもピーマン(甘いピーマン)

Ha400pmanetaluner0026425_20180413_1
↑ ピーマンなど、植え付け完了。

Ha410nasuandonr0026427_20180413_165
↑ 風よけの「あんどん」をかけました。

Ha420nasuandonr0026430_20180413_165
↑ 明日は、トマトの苗の植え付けを続行する予定です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/11

菜園の近況(0411):エンドウ、ジャガイモ、トウモロコシ、エダマメ

今年の春は、各地のサクラや公園の花などの開花が早いというニュースTVで報じられていますが、わが菜園の野菜の生長も、そのような恩典を受けているのでしょうか、心持ち成長が早いように感じられます(^-^;。

Ha60sendownetr0026110_20180404_1609
↑ スナップエンドウ(ツルナシエンドウ)の花が咲き出しました(2018/04/04 撮影)。

 播種(2017/11/19)から、開花(4月4日現在)まで、136日かかりました。

Ha70sendouhanar0026107_20180404_152
↑ 追肥・土寄せをしました(2018/04/04 撮影)。

おおよその見当では、開花後20~25日程度で収穫できる予定です。

Ha100dansyakuhatsugar0026155_201804
↑ 3月23日に植え付けたジャガイモ(男爵)が芽を出し始めました(2018/04/09 撮影)。

種イモを植え付けてから17日で、芽が出ました。

Ha110kitaakarihatsugar0026139_20180
↑ 同じく、キタアカリも発芽しました (2018/04/09 撮影)。

芽が10cm以上になったら、「芽掻き」をする予定です。

Ha200edamametaihir0026178_20180410_Ha200morokosiunedukurir0026160_20_2

↑ 4月10日 トウモロコシ用とエダマメ用の畝づくりをしました。

Ha300mamekositaner0026297_20180411_
↑ トウモロコシの種子は「ピーター早生1号」、「ゴ-ルドラッシュ」の2品種、エダマメは「湯あがり娘」を購入して蒔きました。

Ha500edamamemarutir0026191_20180410Ha400morokosimarutir0026173_20180_2

↑ 穴あき銀ねずマルチを敷きました。 左:エダマメ用  右:トウモロコシ用

マルチ幅:95cm 穴の直径:6cm 穴の間隔:47cmX45cm 2条ちどり

播種は、種子2粒を直撒き。畝の長さは8m(1畝29X2穴)。

Ha600morokosisheetr0026195_20180410
↑ 種子を蒔いたあと、水をやり、鳥よけのシートを張りました(4月10日)。

左:エダマメの畝(2X2X29粒播種)  右:ピーター早生1号(59粒)とゴ-ルドラッシュ(50)粒を、畝を2分して蒔きました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

ソラマメの開花(0331)、サトイモの植え付け(0401)

今年は桜の開花が早く、今まで寒さで縮こまって生育がもどかしかった菜園の野菜も、このところの暖かさで、急に生長し始めました。

昨年11月9日と11日に播種したソラマメは、花が数日前から咲き出したので3月31日に、それまで被せていた防虫ネットトンネルを外し、追肥・土寄せをしました。

また、サトイモも霜の恐れがほとんど無くなったので、4月1日に植え付けをしました。

Ha100soramamer0025938_20180329_1153
↑ 菜園「丘の畑」のソラマメが花を咲かせ始めました(2018/03/31)。

Ha110soramamer0025907_20180329_1127
↑ 昨年播種したソラマメ(右:11月9日、左11月11日)の畝に、防寒・防虫・防鳥用としてかけたトンネルを外すことにしました。

Ha120soramamer0025916_20180329_1144
↑ ソラマメは例年に比べて成長の度合いがやや遅れているように感じられたが、花蕾はしっかりついていたので、そこそこの収穫は期待できるかなと、「やや安堵」。これらからが勝負です。

Ha140soramamer0025944_20180329_1154
↑ 追肥、土寄せをしました。地元の慣行では支柱を立てないで栽培しているので、わが家でも支柱は立てません。穂先の方にアブラムシだ着いている株が2~3株あったので、摘心しました。今後、アブラムシの動向が油断なりません。

                        サトイモの植え付けを済ませました(2018/04/01)

サトイモの種イモは、①「石川早生」と越前大野の②「上庄さといも」の2種類を、昨年の暮に用意しました。

Ha100satoimotane1tr0025975_20180401
↑ ①「石川早生」:昨年栽培した石川早生の自家採種のイモを選別して種イモにしました。

保存法は、↑図の段ボール箱に入れて、隙間は新聞紙をはさみ冷蔵庫のうえに置いて越冬させました。そのまま置いたところ冷蔵庫のほどよい放熱でイモが腐らずに保存することができました。そして、芽も出てきました。

Ha105satoimotane2r0025983_20180401_
↑ ②「上庄さといも」:知人から頂いた食用の上庄サトイモを種イモに転用しました。

今までは「土垂れ」を使っていましたが、今年は初めての栽培として「上庄サトイモ」を使ってみることにしました。冬の保存法は「石川早生」と同様の方法です。

Ha10satoimouetuker0025963_20180331_
↑ 畑づくり: 畝幅100cm、畝長8mを3畝(石川早生用2畝、上庄さといも用1畝)をつくり、 各畝の中央に深さ15cmの溝を掘りました。

Ha120satoimouetsker0025990_20180401

↑ 種イモは株間を40cmとり、芽を上にして植え付け、株間には完熟鶏糞堆肥をおきました。

Ha130satoimouetuker0026018_20180401
↑ イモと堆肥を置いた後、芋が丁度隠れるくらいに土を戻し、化成肥料(14:14:14)を施しました。

Ha140satoimouetuker0026024_20180401
↑ さらに土を戻して平らにならしました。サトイモは、全部で石川早生44個、上庄サトイモ22個を植え付けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧