カテゴリー「野菜」の記事

2017/12/06

ハクサイ(白菜)の試し採り

白菜漬けの時期が近づいてきたので、菜園「丘の畑」の白菜1個を試し採りしました。

今年の白菜栽培は、10月23日に襲来した台風21の雨と強風によって、白菜が大分痛めつけられました。白菜の栽培は、簡単そうですが、害虫と病気に弱く、ちょっと気難しいところがあります。

台風21号により、我が家のハクサイは、葉を大分痛めつけられ、茎が傾いたりしたので、ベト病や軟腐病などの怖い病気に罹っては大変と、大いに心配したのですが、なんとか切り抜けて、収穫できるようになりました。しかし、まだまだ油断はできません。

Ha100hakusaikyabetsur0013687_201712
↑ 12月6日の「丘の畑」のハクサイ(新理想:右)とキャベツ(左)

9月10日に植え付けて、今日で87日になりました。中晩生種のハクサイの標準収穫期は80~100日なので、中生種の新理想はもう収穫期に入りました。

Ha110hakusair0013696_20171206_15144
↑ 試し採りなので、一番成長の悪い白菜を選んで収穫しました。

Ha120hakusair0013706_20171206_15192
↑ 外葉は大分剥いだが、 心配した茎の’芯’は腐りは入っていませんでした。

Ha130hakusair0013710_20171206_16330
↑ 計量した結果は2.2kgでした。1個3.5kgが標準の収穫量なので、平均を大分下回っています。しかし、最も恐れていた病気にはかかっていなかったのでほっとしました。

今後の天候にもよりますが、今週中に白菜漬けをしたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/04

たくあん用の大根を収穫し、天日干しにしました。

12月14日 気象庁の週間天気予報によると、12月5日から11日までの1週間の関東地方の天気は、晴れないしは曇りで雨天無しとのこと。

好機到来です。早速、菜園に出かけ、たくあん用の大根22本を収穫し、天日干しにしました。順調に行けば、10日ほどで干しあがり、沢庵漬けの仕込みができるであろうと期待しています(*^-^)。

Ha105daikonr0013651

↑ 菜園「丘の畑」の大根が大きくなったので、今年もこの大根で「干し沢庵」をつくります。

Ha110daikonr0013656
↑ 沢庵用の大根は、長い本格的な沢庵用大根ではなく、我が家では「青首総太り大根」を転用しています。これでも、結構おいしい沢庵が食べられます。

Ha125daikonr0013665
↑ 収穫して、水洗いしました。

Ha100daikonr0013667
↑ 昨年と同じように、裏庭で天日干しにします。

Ha140daikonr0013673
↑ 夜間は、雨に会うとカビが発生することもあるので、ブルーシートを被せます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/01

ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツの初収穫、そして空豆の芽が出ました。

12月1日 ついに本年最終月の師走を迎えました。今日は、朝方は小雨でしたがお昼ごろには止んで、どうにか外に出られるような状況になりました。

気になっていた菜園「丘の畑」の野菜の様子を見に行ったところ、ブロッコリー、カリフラワー、大分大きくなっていたので、それぞれ1個づつ収穫しました。本年初収穫です。メキャベツも、これまた大きくなっていたので初採りをしました。

そして、これも気になっていたソラマメがようやく芽を出してくれました。11月9日に播種したので、2週間くらいで発芽するかと思ったのですが、21日かかりました。

Ha10brokkokarifarair0013598_2017120
↑ ブロッコリーとカリフラワーを、それぞれ1個づつ収穫しました。本年初採りです。

Ha20daikmekyasatoimor0013596_201712
↑ メキャベツも発採りです。ダイコンは、今年は台風で痛めつけられたためでしょうか、二股大根ができてしまいました。サトイモも小さなイモが沢山出来てしまいました。

Ha30soramamemer0013566_20171201_142
↑ ソラマメがようやく芽を出しました。先ずは峠を一つ越してくれたので、これからの寒い冬を乗り越えてくれることを祈っています。這えば立て、立てば歩めの親心にような気持ですねヽ(´▽`)/。

              以下は、畑の様子です。

Ha100kariburouner0013536_20171201_1
↑ 左:ブロッコリー、カリフラワーの畝。 右:ロマネスコ、メキャベツの畝。

ロマネスコは、花蕾が見えてきましたが、収穫はもう少し遅くなります。

Ha110burokkorir0013542_20171201_142
↑ 今年は台風の襲撃お受けたが、カリフラワーは思いのほか被害が軽て成長が良好でした。

Ha115kariflowerr0013590_20171201_14Ha120kariflowerr0013544_20171201_14

↑ カリフラワーも、青虫などの虫害をうけたが、生育はおおむね順調でした。

Ha130mekyabetsur0013551_20171201_14
↑ 芽キャベツも、ようやく収穫にこぎつけました。

Ha140daikon2uner0013570_20171201__2

Ha145daikonr0013580_20171201_1433_2

↑ ダイコンは台風の影響で、茎が傾き、根が真直ぐに立たないものが出て、成長に乱れが生じました。

Ha160soramameuner0013559_20171201_1
↑ ソラマメは、今年は防鳥を兼ねた防虫ネットのトンネルを張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/28

サトイモの地中保存

11月28日 「丘の畑」に植え付けたサトイモ3畝のうち2畝を、11月24日から26日にかけて、収穫しましたが、芋を長期間保管する場所が無いので、残りの1畝は「地中保存」としました。

Ha110satoimor0020772_20171128_11245
↑ サトイモは低温に弱いので、我が家にような一般家庭では、収穫後の芋の保存に苦労します。

Ha115satoimohozonr0020770_20171128_Ha120satoimohozonr0020775_20171128_

↑ そこで、「丘の畑」で栽培した3畝のサトイモのうち、2畝は収穫し、残りの1畝はそのまま栽培した場所に保存をする「地中保存法」で、残すことにしました。

左:サトイモの畝の地上部をカットする。 右:土を20cm被せます。

Ha130satoimohozonr0020780_2017112_2Ha140satoimohozonr0020787_2017112_2

↑ 左:土を被せた上に新聞紙を置きます。 右:新聞紙の上からビニールシートを被せ、周りは土を盛って、風で飛ばされないようにします。

Ha150satoimohozonr0020799_20171128_
↑ サトイモの「地中保存」完成です。 この方法で、昨年、1昨年は成功しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/24

サトイモの収穫、冬野菜・葉物の収穫

今年は、雨天の日が多く、畑がぬかってしまりして、サトイモの収穫が遅れてしまいました。サトイモは、当地方では10月下旬から11月旬が収穫適期で、降霜前に収穫するのが良いと言われていますが、降霜前に必要な分だけ一部掘りましたが、冬の保存場所が確保できないので全部は掘ることができませんでした。

残りの芋は、地元の方がしておられる「地中保存法」 (畑に保存し、必要の都度、掘り起こして収穫するという方法)で、越冬・保存させることにしました。

この「地中保存法」は、1昨年から始めたのですが、簡単で、手間がかからず、越冬後も芋の腐りがほとんどない綺麗な芋が保存できたので、今年もやろうと思っています。

Ha100satoimor0020618
↑ 11月20日~22日の3日続きの降霜で、・・・・

Ha110satoimor0020620
↑ サトイモの葉がすっかり枯れてしまいました。

サトイモは寒さに弱いが、ホウレンソウやシュンギクなどの葉物は寒さに強いです。

Ha200hourensour0020627
↑ ホウレンソウの成長が良く、次々と収穫できます。

Ha210syungikur0020631
↑ シュンギクも柔らかいところが収穫できます。

Ha220yasaisyuhkakur0020650
↑ ホウレンソウ、シュンギクのほか、ネギ、大根、カブも収穫できました(*^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/22

台風21号後の冬野菜:ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツ、ロマネスコが順調に生育しています。

10月21日に襲来した台風21号で、倒れたり、傾いたりして被害を受けた丘の畑のブロッコリー、カリフラワー、メキャベツ、ロマネスコは、その後支柱を立て直し、追肥、土寄せをした結果、思いのほか早く回復してくれました。この調子で行けば11月末~12月には収穫できそうです。

Ha100fuyuyasair0020438_20171113_122
ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツ、ロマネスコの畝。

 台風21号でダメージを受けた が、元気に回復しました(2017/11/13 撮影 以下同じ)。

Ha110burokkorir0020443_20171113_122
↑ ブロッコリー : もうすぐ収穫できそうです。

Ha120burokkorir0020458_20171113_122
↑ ブロッコリーはビタミンCがレモンの3.5倍とかヾ(.;.;゚Д゚)ノ・・・

Ha210kariflowerr0020444_20171113_12
↑ カリフラワーの花蕾も大きくなってきました。

Ha220kariflowerr0020455_20171113_12
↑ カリフラワーのシチューは美味しいですね。

Ha310mekyabetsur0020451_20171113_12
↑ メキャベツの芽も大きくなりました。脇芽が結球するように、下芽かきをしました。

Ha320mekyabetsur0020453_20171113_12
↑ 株が倒れると結球しなくなるそうです。支柱で真直に立てました。

Ha400romanesukor0020461_20171113_12
↑ ロマネスコはまだ花蕾が見えません。 ロマネスコはブロッコリーとカリフラワーの交配種だそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

ニンニクの追肥・土寄せ、サヤエンドウの種まき

ニンニクとラッキョウの畝に、あっという間に雑草が生えてしまいました。まずはニンニクの畝から片ずけようということで、ニンニクの畝の雑草取りをした後、追肥と土寄せをしました。

その後、天気が良くなってきたので、サヤエンドウ(スナックエンドウとキヌサヤエンドウ)の種まきをしました。

Ha100ninnikur0020552_20171117_15231
↑ ニンニク(2畝)とラッキョウ(3畝)の畝が、秋の長雨であっという間に雑草に被われてしまいました。

Ha120endouuner0020569_20171119_1145
↑ 雑草取りは、単調な作業sです。 全部一度に片付けるのはしんどいので、まずニンニクの畝の雑草取り、追肥、土寄せをしました。

ニンニクの次は、種まきの時期が迫ってきているサヤエンドウ(スナックエンドウとキヌサヤエンドウ)ウの種まきをして、最後にラッキョウの雑草取り、追肥、土寄せをすることにしました。

Ha120ninnikur0020575_20171119_11461
↑ これで、ニンニクもすっきりして冬を越せるでしょう(*^m^)。

Ha200endoutaner0020563_20171119_095
↑ サヤエンドウは、つるなしスナップと絹さやえんどうをまきました。

サヤエンドウは越冬前にカブを大きくさせないことがポイントであると言われています。その為には慌てて早い時期に蒔かないことですが、遅すぎてもいけないし、種を蒔く時期の見きわめがちょっと悩ましいですね。

Ha00endour0020578_20171119_114657_0Ha210endour0020585_20171119_132728_

↑ つるなしスナップの畝づくりと播種後の防虫ネットのトンネル

サヤエンドウは酸性土壌を嫌い、また連作にも強くないので、ちょっと気を使いますね。

畝づくりでは、苦土石灰を多めに施し、防鳥兼風よけのためのトンネルネットを張りました。

Ha220kinusayaendour0020595_20171119
↑ 絹さやえんどうも播種後、トンネルネットを張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

冬野菜(葉・根菜)が収穫できるようになりました。

9月末に播種した冬野菜が次々と収穫できるようになりました。寒い冬が間もなくやって来ますが、これから春にかけて、見栄えは多少悪いが、新鮮な野菜が好きな時に好きなだけたっぷりと手に入ると思うと、家庭菜園も苦になりません。自然と笑みがこぼれてきます。

Ha100yasaiokar0020524_20171116_1147

↑ 11月16日  菜園「丘の畑」の冬野菜(葉菜、根菜)の現況。

9月22日に播種した冬野菜が収穫できるようになりました。

Ha110ysasisyuhkakur0020544_20171116
↑ 収穫しました。 上から コカブ、シュンギク 、 大根、 コマツナ、 ターツアイ

防虫トンネルのお陰で、虫にはあまり食べられずに済みましたo(*^▽^*)o。

Ha210kokabur0020530_20171116_114825Ha210syungikur0020532_20171116_1148

↑ 左:コカブ     右:シュンギク

Ha220komatsunar0020527_20171116_114Ha230tahtsuair0020534_20171116_1148

↑ 左:コマツナ    右:ターツアイ

Ha310letusr0020526_20171116_114745_
↑ レタスは去年の残りのタネを蒔いたせいか、発芽率が悪く、かつ蒔き時期も遅かったためか生育が遅々として進みません。

このあとブコッコリー、カリフラワー、メキャベツがもうすぐ収穫できそうです(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

サツマイモ(ベニアズマ)の収穫

昨日のサツマイモ「ベニハルカ」41.8kgの収穫に続いて、今日は「ベニアズマ」33.4kgを収穫しました。

サツマイモは「丘の畑」のほかに、「まさる畑」でも栽培し、「ベニハルカ」19kg、「ベニアズマ」7kgを収穫しました。

Ha100beniazumar0020381_20171113_102

↑ 11月13日 菜園「丘の畑」のサツマイモ「ベニアズマ」を収穫しました。

Ha110beniazumar0020425_20171113_121
↑ ベニアズマは、皮色が鮮やかな濃い赤紫色で、肉質は粉質で食味は甘くて美味しいのですが、遅掘りになるとイモが肥大し過ぎになり、条溝ができやすくなるという欠点があります。

Ha120beniazumar0020428_20171113_121
↑ 今年の秋は、長雨で収穫が遅れてしまったので、大き過ぎのイモが多くなりました。

Ha130beniazumar0020433_20171113_122
↑ 収穫後、計量したら21株で33.4kgありました。

本年(2017年)のサツマイモの収穫総計:「丘の畑」と「まさる畑」の両者の畑からの収穫を合計すると、ベニハルカ60.8kg、ベニアズマ40.4kgとなり、総量では約100kgの収穫\(;゚∇゚)/!!  これで、本年のサツマイモの収穫はすべて完了しましたが、我が家だけでは食べきれないので、知人・縁者に方々にお分けしようと思っているのですが・・・・゚.+:。(・ω・)b゚.+:。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

サツマイモ(ベニハルカ)の収穫

今年の秋は雨天の日が多く、秋野菜の収穫が例年よりかなり遅れてしまいました。

今日は良いお天気で、明日も良い天気との予報なので、霜の降りないうちにということで、今日はサツマイモ(ベニハルカ)堀をしました。明日は、ベニアズマを収穫する予定です。

このあと良いお天気が続けば、サトイモを掘る予定にしています( ̄Д ̄;;。

Ha100beniharukar0020346_20171112_12
↑ 11月12日 少し遅れたが、お天気の良い日が続きそうなので今年最後のサツマイモ(ベニマサリ)堀をしました。

Ha110beniharukar0020353_20171112_12
↑ 今年のサツマイモは、ベニハルカとベニアズマの2品種を植え付けました。

左の葉のある畝がベニアズマで、右の掘りかけの畝がベニハルカの畝です。

Ha120beniharukar0020356_20171112_12
↑ ベニハルカ: かなり大きなイモになりました。

Ha132beniharukar0020351_20171112_12

↑ 植え付け:5月22日 収穫:11月12日  一般的には、植え付け後150日で収穫可能ですが、今年は植え付け後174日で収穫となりました。

Ha150beniharukar0020362_20171112_13
↑ ベニハルカは収穫後計量したら、17株で41.8kgありました。

1株当たりの平均収量は2.45kgとなります。明日はベニアズマ(右の葉のある畝)を収穫する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧