カテゴリー「花」の記事

2017/12/08

アブチロン・チロリアンランプ(浮釣木)

我が家の庭の地植えのアブチロン・チロリアンランプは、熱帯アメリカ(ブラジル)原産のアオイ科の夏の花木ですが、霜の降りる12月に入っても、まだ咲き続けています。

同じアオイ科の熱帯性低木のハイビスカスは、我が家の庭では寒さに耐えきれず、数年で消滅してしまいましたが、このアブチロン・チロリアンランプは、寒さにもめげず10余年、元気に咲き続けています。

Ha100tyroleanlampr0020669_20171124_
↑ アブチロン・チロリアンランプ:まだまだ、咲き続けています(2017/11/24 撮影)。

アブチロン・チロリアンランプ:アオイ科アブチロン属 つる性木本 原産地:熱帯アメリカ(ブラジル)。 学名:Abutilon megapotamicum  和名:浮釣木 別名:チロリアンランプ

Ha110tyroleanlampr0020660_20171124_
↑ 花期: 日本では春から秋まで、長期にわたって咲き続ける。

Ha120tyroleanlampr0020666_20171124_
↑ 赤と黄色のコントラストが、インパクトを与えてくれます。

Ha130tyroleanlampr0020664_20171124_
↑ 12月に入って、葉が霜にやられましたが、花はまだ元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/03

二ホンスイセンが咲き出しました(2017/12/03)。

庭のニホンスイセン(日本水仙)が咲き出しました。 「日本水仙」は、早咲き系の水仙で、早いものは11月中下旬頃から花を咲かせますが、我が家では、時には年が明けてから咲き出すこともあります。

今年は平年に比べて気候条件が良かったのでしょうか、それとも管理が良かったのでしょうか、12月に入って早々花を咲かせてくれました。

Ha100nihonsuisenr0013631_20171203_1
↑ 日本水仙が咲き出しました(2017/12/03)、背後の赤い実をつけた小木は万両です。

Ha110nihonsuisenr0013617_20171203_1
↑ ニホンスイセン: ヒガンバナ科 多年草  原産地:地中海沿岸地方。

花は6弁花のように見えるが、内側の3枚が花弁で、外側の3枚は顎片なのです。

Ha120nihonsuisenr0013618_20171203_1
↑ 英名はナルシス(Narcisus:ギリシャ神話の出てくる美青年の名前に由来する)。

Ha130hihonsuisenr0013626_20171203_1
↑ 花は1茎に5~8個つけ、4月頃まで次々と花を咲かせてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/25

ジンチョウゲの花芽

11月25日 ジンチョウゲ(沈丁花)の花芽が大きく膨らみ始めました。これから寒い冬を迎えようとするときに、庭のこの子「ジンチョウゲ」は、来年の春の開花の準備を、せまりくる冬の寒さに向かって、黙々と進めているのに、いたく感動です。

Ha100ajintyougeakar0020682_20171124
↑ ジンチョウゲ(沈丁花): ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属 常緑低木 原産地:中国南部

日本には室町時代に渡来したと言われています。

Ha110ajintyougeakar0020711_20171124
↑ ジンチョウゲが、開花後さっぱりと剪定した枝に花芽を形成しました。

Ha120ajintyougeakahanamer0020671_20
↑ 普通種の花色は花びらの外側が紅紫色で内側が白色です。

Ha130ajintyougeakahanamer0020678_20
↑ 寒い冬をじっと耐えて、春になると花を咲かせてくれます。

Ha200bjintyougesiror0020703_2017112
↑ 白花の沈丁花も元気です。

Ha210bjintyougesiror0020707_2017112
↑ シロバナジンチョウゲも花芽を形成しました。

Ha220bjintyougesiror0020697_2017112
↑ 白花は花びらの外側も内側も白色です。

ジンチョウゲの花は、花弁は無く、花びらのように見えるのは顎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/18

菊色々:イソギク、ハナイソギク、ショクヨウギク、イエギク

我が家には、品評会や展覧会に出せるような立派な菊はありませんが、10年ちかくお友達となって毎年忘れずに花を開き、秋の風情を楽しませてくれるいくつかの菊があります。

Ha110isogikur0020254_2
↑ イソギク:今年も元気に咲いてくれました(2017/11/10 撮影)

Ha130isogikur0020266
↑ 葉の白い周縁も綺麗です。

Ha200hanaisogikur0020557_20171118_1
↑ ハナイソギクも咲き出しました(2017/11/18 撮影)

Ha210hanaisogikur0020560_20171118_1
↑ しかし、気がついて見ると、以前(2009/11/07)には見られた黄色の筒状花を取り囲む白花の舌状花が見られません

同じ株なのにハナイソギクがまたイソギクに戻ったような感じです。

Ha300syokuyougikukir0020284
↑ ショクヨウギク: 一時は大勢力(2008/10/23) を張りましたが、今はノコンギクに取り巻かれて、ひっそりと花を咲かせています。

上の黄花のショクヨウギクは、青森県八戸の特産「阿房宮」の系統の食用菊かと思われます。

Ha400kikuakamurasakir0020276
↑ イエギク:この子も長い間、我が家のお友達です。 以前、たくさん咲いていた食用菊「もってのほか」は、いつの間にか、姿を消してしまいましたヾ(;□;)э。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/17

キチジョウソウ(吉祥草)

縁起の良い花として知られている吉祥草が今年も咲いてくれました。

Ha00kitijyousour0020288_20171110_13

↑ 花は下から上へと咲き進んで行きます(2017/11/10)。

Ha00kitijyousour0020290_20171110_13
↑ 花は白い花被が基部で合生して筒状となり、先は6裂して反り返り、6本の雄蕊が伸び出し、中央に雌蕊がつき出す。

Ha00kitijyousour0020296_20171110_13
↑ キチジョウソウは、下部に咲く花は雌蕊と雄蕊がある両性花が咲き、上部に行くと雌蕊のない雄花が咲き出すという特性を持っています。

一番上の花は、雌蕊が見られませんが、もう少し咲き進んだら、上の特性がはっきりすると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

フジバカマ(藤袴)がまだ咲いています。

立冬を迎え、暦の上では冬に入りましたが、秋の七草の一つ、フジバカマ(藤袴)がまだ咲き続けています。

フジバカマは奈良時代に香料として唐からもたらされたものが野生化したと言われており、花の美しさより、その奥ゆかしい香りで人々に愛されてきました。

しかし、現在では環境の変化により自生種は激減し、絶滅危惧種に指定されています。

Ha00fujibakamar0013466_20171115_161
↑ 11月15日 庭のフジバカマがまだ咲きつづけています。

Ha100fujibakamar0019420_20171009_15
↑ 10月9日 つぼみの頃は淡いピンク色です。

Ha110fujibakamatsubomir0019423
↑ 「宿りせし ひとの形見か 藤袴 忘られがたき 香に匂いつつ」 紀 貫之 古今和歌集

Ha120fujibakamar0020272
↑ 花が咲きました。花は薄紫色の小さな筒状花の塊で、それぞれの筒状花の中心から、白いメシベが紐のように伸びだしてきます。

Ha130fujibakamar0020274
↑ 花は地味ですが、その香りがよい。フジバカマは、花も匂うが、生の葉を乾燥させるとオルトクマリンと呼ばれる物質が生成され、桜餅のような甘い香りになるので、この香りを愛でた昔の人は着物の中にしたためたりしていたそうです。

「藤袴 きて脱ぎかけし 主や誰 問えど こたへず 野辺の秋風」 源 実朝 金槐集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

サガギク(嵯峨菊)

サガギク(嵯峨菊)が咲き始めました。京都の嵯峨野大覚寺で育成されたと言われる古典菊の一品種で、スプレーギク風の中輪菊。

我が家の古いお仲間で、今年も忘れずに咲いてくれて嬉しい(o^-^o)

Ha100sagagikur0020100_20171108_1425
↑ 11月8日 庭のサガギク(嵯峨菊)が咲き出しました。

Ha110sagagikur0020102_20171108_1425
 

Ha120sagagikur0020077_20171108_1422
花の中に、また、花があります。

Ha130sagagikur0020082_20171108_1423
↑ 赤と黄色の彩がインパクトを与えます。

Haha140sagagikur0020086_20171108_14
↑ 嵯峨菊は一見弱々しそうに見えるが、その姿に似合わず強健で、病虫害にも強く、育てやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/17

雨にぬれてノコンギクとツワブキが咲き出しました。

10月17日 秋雨に濡れてノコンギクツワブキが、もう待ってはおられませんよとばかり、花を咲かせ始めました。

Ha100nokongikur0013461_20171017_150

↑ 今年も庭のノコンギクが忘れずに咲いてくれました。

Ha110nokongikur0013463_20171017_150
↑ ノコンギク キク科多年草 ヨメナとよく似ているがノコンギクの園芸種のようです。

Ha130nokongikur0013370_20171017_130
↑ ノコンギクの花は、ヨメナに比べて筒状花、舌状花ともに冠毛が長い(長冠毛)。また、葉がごわごわしている。

Ha00tsuwabukir0013452
↑ ツワブキも花を咲かせ始めました。

Ha100tsuwabukir0013456_20171017_150
↑ ツワブキ: キク科多年草 

Ha110tsuwabukir0013447_20171017_145
↑ 若い葉柄は佃煮として食べられますが、我が家では観賞用として花姿を楽しんでいます。

Ha115tsuwabukir0013449_20171017_145
↑ 黄色い花と濃い緑の葉のコントラストが鮮やかです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/10

秋の花に集う虫たち(1):ナガサキアゲハ、クロアゲハ、クロオビノメイガ、ヒメアカタテハ

今日は、朝方は涼しかったが、日中は気温が上がり半袖でも朝がにじみ出るほどの暑さになりました。 

日が照り出すと、陽ざしを浴びた草木が花を咲かせ、その花を目当てに虫たちが寄ってきます。

Ko100nagasakiagehar0019016_201710_2
↑ 公園の散歩でアベリア(花薗筑波嶺空木)の花の蜜を吸いに来た黒い蝶々ナガサキアゲハに出会いました(2017/10/02 撮影 水元公園)。

ナガサキアゲハは後翅に尾(尾状突起)がない。

Ko110kuroagehaosudsc_0326_20171002_
↑ 近くにクロアゲハの♂も飛んでいました(2017/10/02 撮影 水元公園)。

 クロアゲハほもう翅がボロボロでした。

Ko140siroobinomeigar0013285_2017100
↑ シロオビノメイガが庭のボリジ(瑠璃チシャ)の花に止まっていました。

ポリジ: ムラサキ科 1年草 葉を揉むとキュウリの香りがする。ハーブの仲間。

Ko120himeakatatehar0018777_20170927
↑ 菜園「丘の畑」のゴマの収穫跡地には、ヒメアカタテハがやって来ました。

ゴマの枯れ葉が落ちた畑地がよい保護色となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/09/29

秋の庭の花(2):ミセバヤとホトトギス

鉢植えのミセバヤと地植えのホトトギスが咲き出しました。秋の庭が色とりどりの花で次第ににぎわってきました。

Ha200misebayar0018514_20170926_1234

↑ ミセバヤ: ベンケイソウ科ムラサキベンケイ属  多年草 原産地:日本

Ha210misebayar0018517_20170926_1235
↑ 我が家の古いお友達です。

Ha220misebayar0018519_20170926_1236
↑10年以上ものお付き合いで、毎年秋になると忘れずに花を咲かせてくれます。

Ha240misebayar0018521_20170926_1236
↑ まだ蕾も沢山あるので、当分楽しめます。

Ha100hototogisur0018985_20170929_13
↑ ホトトギスも咲き出しました。

Ha110hototogisur0018992_20170929_13
↑ ここでは、たんにホトtギスと呼んでいますが、正しい呼称は’タイワンホトトギス’です。

Ha120hototogisur0018987_20170929_13
↑ タイワンホトトギスは、在来種のホトトギスに比べて花色が派手です。

Ha150hototogisur0018982_20170929_13
↑ ホトトギス: ユリ科ホトトギス属  多年草  原産地:台湾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧