カテゴリー「魚類」の記事

2017/04/25

クロジ(2017/04/24)

今年も夏鳥たちが次々と水元公園に姿を見せているという情報に接しながら、諸般の事情で、なかなか折り合いがつかず、出かけることができないでいましたが、昨日(4月24日)ようやく訪れることができました。

森では大勢のCM,CWさんがオオルリやキビタキの出現を待っていましたが、私の今回の水元公園鳥見行の目的は、まだ会ったことがないクロシさんに会うことに一点集中し、鳥の種数にはあまり拘らないことにしました。

クロジさんは早くから姿を見せているという情報を得ているので、もう抜けてしまったかなと心配でしたが、まだ健在でしたので、ほっとしました。これで、また一つ、ライファーが一つ増え、嬉しさいっぱいで帰宅しました。

To100a20170424141141010kurotsugumio

↑ クロジ♂: 留鳥または漂鳥。 中部地方以北で繁殖。中部地方以南では冬鳥。 成鳥♂は全体に黒味のある灰色だが、光線具合では青っぽく見える。(参考:中野・叶内・永井著:「日本の野鳥識別図鑑」 成文堂新光社)。

To110a20170424141012002kurotsugumio
↑ クロジは日本以外にはい千島列島、カムチャッカ半島だけに分布する東アジア特産種である(監修・樋口 緒・石田「野鳥図鑑」 ナツメ社)

To120a20170424141018003kurotsugumio
↑ よく見ると、下嘴が肉色で、↑嘴が黒っぽい。

To130a20170424141034004kurotsugumio
↑ 食性は雑食性で昆虫類、種子などを食べる。

To200bb20170424140040104kurotsugumi
↑ ♀も姿を見せてくれました。メスは全体が灰色がかった茶色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

葛西臨海水族園・夕焼け富士

葛西臨海公園の鳥類園で鳥見をしたあと、水族園に入り海の生物を見学しました。この水族園には、約527種の魚類・鳥類・哺乳類・無脊椎動物などが収集されているそうですw(゚o゚)w。

展示されている生物は約4万5千点で、全部を観賞するには、およそ1時間30分から2時間くらいかかります。そして園内(敷地面積85,000㎡)も散歩できるし、レストランもあるので一日中楽しめます。( ̄Д ̄;;。

入場料は一般700円、中学生250円、65歳以上350円で、シニアは優遇されています( ^ω^ )。

Ha0111010415310101suizokukankasai01

↑ 巨大魚メガネモチノウオ(撮影 2011/01/04 葛西臨海水族園)

Ha0111010415400112suizokukankasai_2

↑ リーフィーシードラゴン。俗に「竜の落し子」と呼ばれている生物。

Ha0111010416290130suizokukankasai01

↑ 光るクラゲ

Ha0211010416020120suizokukankasai01

↑ ゴンズイ。 ゴンズイという名の植物もありますね。

続きを読む "葛西臨海水族園・夕焼け富士"

| | コメント (4) | トラックバック (0)