カテゴリー「野鳥」の記事

2017/08/18

キアゲハ無事蛹化しました

菜園「まさる畑」のニンジンの畝にいたキアゲハ3頭のうち、終齢と思われる1頭Aを、安全のため、我が家の飼育ケースに引っ越しを願いました。

引っ越してきた子は、危険な外敵に襲われることもなくそこで安心して、「前蛹」になり、そして「蛹」になれるでしょう。引っ越しは8月12日にしました。結果は大成功、8月17日に無事「蛹」になりました。

Ko00kiagehar0016424_20170811_104402
↑ 8月11日 キアゲハA:「まさる畑家」のニンジンの畝にいました。

Ko110kiagehar0011351_20170813_06243
↑ 8月12日 わかやの飼育ケースに引っ越し願いました。

Ko115kiagehar0011445_20170815_07293
↑ 8月15日7時29分 食欲旺盛、猛烈な勢いでにニンジンの葉を食べます。

Ko120kiagehar0011454_20170816_06425
↑ 8月16日6時42分  大量の糞をしあと、あちこち動き回り始めました。

Ko140kiagehar0011487_20170816_12304
↑ 8月16日12時30分  少し太い止まり木を立ててあげたら、その木に止まり動かなくなりました。この場所が気に入ったようです。

Ko150kiagehar0011496_20170816_20370
↑ 8月16日20時37分 かいこさんのように口から糸を吐き、上手にお尻の先を止まり木に着け、胸にハンモックのように糸を回して体を固定しました。「前蛹」になりました。

Ko200kiagehar0011501_20170817_06595
↑ 8月17日6時59分 まだ前蛹の状態が続いています。

Ko210kiagehar0011532_20170817_14513
↑ 8月16日14時51分 覗いて見たら、もう「蛹」になっていました( ̄Д ̄;;。

Ko220kiagehar0011553_20170817_14582
↑ 8月16日14時56分 脱皮した抜け殻もおっていました。

Ko300kiagehar0011619_20170818_07430
↑ 8月18日7時43分 蛹化後1日経ちました。緑っぽい色が灰黄色になりました。

Ko310kiagehar0011630_20170818_07493
↑ 8月18日7時49分 背中の方から眺めました。

Ko330kiagehar0011658_20170818_07584
↑ 8月18日7時58分  ’擬態’? ミミズクが睨んでるようにみえませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

シジュウカラとアブラゼミ

雨の中を、裏庭にシジュウカラの群れが訪れてきました。何を探しているのかなと見ていたら1羽の成鳥オスのシジュウカラがアブラゼミを見つけました。

8月に入って雨続きの思わしくないお天気の日が続いています。東京は8月に入って1日から15日まで連続の雨。これは、1977年以来40年ぶりとのこと。

当地は如何?とブログで調べてみたところ、当地も東京には及ばないが、8月7日から15日まで、13日の降雨量0.0mmの日を除いて、連続の雨日でした。

8月は猛暑に襲われるかなと思っていたが、その予想が外れそうです。菜園の野菜栽培にも大きな影響を与えそうなので、今後の気象情報が注目されます。

To101dsc_3993_20170815_104840_0019
↑ 雨の降っているさなかに、シジュウカラの群れが裏庭にやって来ました。

To110dsc_4045_20170815_105429_0001
↑ 何をするのかな~と眺めていたら。1羽のオスの成鳥が何やら’大物’を見つけました。

To115dsc_4059_20170815_105516_0003
↑ 見つけたものをよく見たら、アブラゼミではありませんかw(゚o゚)w

To120dsc_4075_20170815_105524_0005
↑ シジュウカラに捕まったアブラゼミは、どうやら寿命を全うしたメスのアブラゼミのように見えました。

To130dsc_4085_20170815_105529_0006
↑  シジュウカラはさかんに突っついていたが、やがて口に咥えて背後の生垣の中に持ち込み・・・・、

To140dsc_4095_20170815_105628_0008
↑ 邪魔が来ないマサキの生垣の中で、お食事し始めました。

To145dsc_4101_20170815_105730_0010
↑ 生垣の中には今年孵ったまだ嘴の黄色い幼鳥が待っていて・・・・、

To150dsc_4107_20170815_105832_0012
↑ 餌を貰っていました。

To160dsc_4109_20170815_105833_0014
↑ 嘴の端が、まだ、ちょっと黄色いです。お食事できて満足そう(*^-^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/28

ツバメの2番子たちが元気に育っています。

お隣のSさん宅の納屋に毎年営巣して子育てをしているツバメが今年もやってきてきました。4月12日に巣材集めをして 、巣作りを終わり、5羽の雛を巣立ちさせて、これで今年の繁殖は終わりかなと思っていたところ、同じ納屋の別の場所に、また新しい巣をつくり始めました。

今年のツバメさんは何と!2回目の産卵・孵化に成功しました。産卵個数は1回目よりは少なくて3個でしたが、3羽の雛が無事に孵化して元気に育っています。

S00a20170728090857029tsubame2banko
↑ Sさん宅の納屋の蛍光灯の傘の上につくられた巣で生まれた3羽の2番子たち(2017年7月28日 撮影)。

S00a20170728091600138tsubame2banko

↑ 産毛は頭や背にまだ残っていますが、全身の羽毛はほぼ生え揃っています。この状態から判断して、孵化した日は、15日くらい前の7月13日頃で、巣立ちの日は8月2日頃と推測しました。

 ツバメのお父さん、お母さんは餌やりで大忙しです。

Tos0200a20170728090805020tsubame2ba
Tos0300a20170728090805022tsubame2ba

Tos0400a20170728090805023tsubame2ba
Tos1200a20170728091137076tsubame2ba
Tos1300a20170728091137077tsubame2ba
Tos1400a20170728091138079tsubame2ba
Tos2000a20170728091415118tsubame2ba
Tos2100a20170728091420119tsubame2ba

Tos2200a20170728091439120tsubame2_3

↑ 雛たちは食欲旺盛。この子たちも元気で巣立ちすることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/26

魅惑の鳥 サンコウチョウ

6月20日 コバルト色のアイリングをして長い尾羽を天女の羽衣のようにひらつかせて飛ぶ魅惑の鳥サンコウチョウ(三光鳥)に会いたくてプチ遠征してきました。

せせらぎの渓流をさかのぼること30分、果たしてその魅惑の鳥に会えるのかと少々不安だったが、ポイントにに近づくと、すでに三脚を立ててカメラを構えたCM&CMさんが10人近くダダズンでいたので、サンコウチョウがいるらしいということがすぐ判りほっとしました。

早速、お仲間に入れてもらい、近くのバーダーさんに、様子をお伺いすると、今オスが巣の中に入っているというのです。しかし、その方句を見ても、鬱蒼と茂った木の枝葉が目につくばかりで、肝心のサンコウチョウはどこにいるのか皆目見当がつきませんでした。

うろうろしていると、親切なバーダーさんが、自分のカメラに映った巣の映像を見せてくれて、その方向を指してくれました。そして双眼鏡で見てやっと確認できました。親切なバーダーさんのお陰で、スムーズに見つけることができました。感謝感謝です。改めて御礼申しあげます。

00sp20170615133235048sankouchyousum

↑ 巣の中で抱卵(?)していたサンコウチョウ♂。黄色の〇印の中。ノートリです。

   以下の画像はすべて、大トリミングしています。

To155a20170620132634147sankouchyou2
↑ 巣の上に止まったサンコウチョウ♂ 長い尾羽にびっくり。

To210a20170620141228071sankouchyou3
↑ 青いアイリングが魅力的。

To300sa20170620141621156sankouchyou
↑ オスとメスが交替で抱卵(?)していました。

To350sa20170620115226111sankouchyou
↑ オス(下)とメス(上)が交替しました。

To400sa20170620122142013sankouchyou
↑ 交替したメスのサンコウチョウ。

To500sa20170620145838070sankouchyou
↑ 交替時間は30分~1時間くらいでした。

To510a20170620144911051sankouchyouf
↑ 一通り元気な姿を見させてくれたので、長居しないですぐ帰りました。

撮影機材: ED82+30xWDS+DSB-N1+VR10-30mmf/3.5-5.6PD-Zoom+Nikon1V3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/06/21

サンショウクイ、ブッポウソウ、サシバ、クマタカ

信越地方の探鳥ツアーの2日目は、長野県のS村に行きました。お天気は昨日と変わらず曇り空でしたが、現地はブナの原生林が広がる標高約1000mほどの高原で、気分はさわやかでした。

現地に着くと、早速サンショウクイが迎えてくれました。しかし、お目当てのブッポウソウは、巣箱の近くを避けて、やや離れた丘の上から高圧線に出てくるところを待っていたのですが、1度だけ出てくれました。電線に止まってくれている時間は長かってのですが、遠いので私のカメラと技量では、思うような撮影画像は撮れませんでした。遠かったとはいえ、今年も、かなりの時間、元気な姿を観察することができて(o^-^o)でした。

さらに遠くの木のてっぺんには、サシバやクマタカがかなりの時間とどまって、あたりを見回していました。帰宅後資料を整理しながら、ブッポウソウや小鳥などが、あまり姿を見せなかったのは、ひょっとすると、これらの猛禽を怖がって姿を隠してしまったのかなとも考えました。

To100a20170526110355141sansyoukuima
↑ サンショウクイ : サンショウクイ科サンショウクイ属  全長 20cm

夏鳥として本州、四国、九州に渡来 (撮影 2017.06.26 長野県野々海高原)。

To110a20170526110359145sansyoukuima
↑ 昆虫類のフライイングキャッチが得意です。

To120a20170526094801087buppousoumat
↑ ブッポウソウ : ブッポウソウ科ブッポウソウ属  全長 30cm

夏鳥として九州以北に渡来(撮影 2017.06.26 長野県野々海高原)。

お目当てのブッポウソウに会えて(v^ー゜)ヤッタネ!!でしたが、今年は1回限りのお出ましで、時間切れとなってしまいました。

To125ab20170526103823016sasibamatsu
↑ サシバ : タカ科サシバ属  全長 ♂47cm ♀51cm 

 夏鳥として本州、四国、九州に渡来 (撮影 2017.06.26 長野県野々海高原)。

To131a20170525145416004kumatakamats
↑ クマタカ : タカ科クマタカ属  全長 ♂70~75cm ♀77~83cm

留鳥として九州以北の山地の森林に生息する(撮影 2017.06.26 長野県野々海高原)。

To132b20170525145627017kumatakamats

↑ 暗くてはっきりしないが、喉には1本の黒い線が認められる。

To134b20170525145626016kumatakammat
↑ 切り取撮って拡大して見ると、喉元の黒い顎線が明瞭に認められます。これで、この個体はクマタカと判別できます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/19

チゴモズ

関東では滅多に会うことができないチゴモズに会いたくて、Y社催行の1泊2日ツアー(5月25日~26日)に参加して、新潟県・長野県の山間地域で探鳥してきました。

第1日は新潟県の松之山の周辺地域。 念願のチゴモズは、初見・初撮りのライファーです。撮影画像は証拠写真程度でしたが、何とか撮れてo(*^▽^*)o満足しました。

00a20170525143204025chigomozumatsun

↑ チゴモズ : モズ科モズ属  全長 18cm (2017.05.25   新潟県)

00a20170525151955034chigomozumatsun
↑ チゴモズ : オスは頭部が青灰色(光線の当たり具合で灰色に見えるkともある)で、額から過眼線は黒く、白い眉斑がない。

日本のモズの中で最も小さいく、このことから「稚児モズ」と呼ばれるようになった。

00a20170525152529053chigomozumatsun
↑ 体上面から尾羽は赤味のある褐色。 夏鳥として本州、中部以北に渡来しるが、約40年前から渡来数が減少し現在は絶滅危惧IAに指定されている。

00a20170525152532056chigomozumatsun
↑ オスは喉から体下面は白い(メスは体下面が白く、脇に黒っぽい横斑がある)。

00a20170525152537058chigomozumatsun
↑ オスのチゴモズが、枯れたススキの穂(?)を咥えました。

00a20170525152541062chigomozumatsun
↑ 食べるのではなく、営巣のための巣材を集めているように見えました。

00a20170525152545064chigomozumatsun
↑とすると、近くに巣があり、繁殖をしているかもしれません。静かに見守り、無事子育てが終わるようにと祈りました。 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/17

春の飛島遠征2017(9): 最終回 イソヒヨドリ ほか

船の欠航を気にしながらの正味2日の鳥見旅でしたが、今年も沢山の野鳥にめくりあえて至福の一時を過ごすことができました。

朝早くから、夜遅くまで、一日中、精力的に動きまわってガイドしてくださったNさん、ありがとうございました。そして、楽しく鳥見や鳥談義を共にしてくださった同行の皆様、お世話になりました。有難うございました。

To150847a20170504084732014isohiyo_2
↑ イソヒヨドリ♂ : 早朝の探鳥会のとき、宿の近くで見つけました。

To150905a20170505090556009isohiyodo
↑  近くに♀のイソヒヨドリもいました。

To15111200a20170503111238009hakusek
↑  ハクセキレイもいました。

To20020170504051722007uminekoitobis
↑ 島の東南部、百合島はウミネコの繁殖地となっており、おびただしい数のウミネコが営巣していました。

To231013a20170503101339303umineko03
↑ ウミネコの繁殖地は、この百合が島のほかにもあり、国指定の天然記念物となっています。

To331100a20170505090725000itobitobi
↑ 天にはトンビ、・・・

To431104a20170503110501004misago
↑ ミサゴが悠々と飛んでいました。

To531725a20170503172537004atoritobi
↑ 島の中央部の畑に行くと、こづえの高いところにアトリ♀が止まっていました。

To531725a20170503172537004atorito_2
↑ 近くに♂のアトリもいました。

To631250a20170503125021001kosamebit
↑ 少し森の中に入ったところでは、コサメビタキが顔を覗かせていました。

To741035a20170504103513001kasiradak
↑ 薄暗い道端では、カシラダカが採餌していました。

To841420a20170504143008000mejirotob
↑ そして、畑と畑の間の○○櫻の咲いているところでは、メジロが姿を見せてくれて、

To841420a20170504143008000mejirot_2
↑  道行く人を愉しませてくれました。

To1000000tyoukaisan
↑ まだ、雪を被った鳥海山ともお別れしました。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/16

春の飛島遠征2017(8):ジョウビタキ、アカハラ、カワラヒワ、シジュウカラ

飛島の小中学校のグランドでは、このほかに、関東でもおなじみのジョウビタキ、アカハラ、カワラヒワ、シジュウカラなどに会いました。

To100b201705031235511009jyohbitaki1
↑ 5月3日  ジョウビタキ♀  今年はジョウビタキが一番思想が良かった。毎日、何度もグランドに姿を見せてくれました。

To125a20170505062333006jyobitakitob

↑ 5月5日  この日 は♀の若鳥のように見えるジョウビタキがグランドのポールに出てきました。

To200a20170505061201004akaharatobis
↑ アカハラ: 関東でもおなじみのアカハラにここでも会いました。

To300b20170503115433002bkawarahiwat
↑ カワラヒワ : カワラヒワも元気な姿を見えていました。

To500a201705031242551103sijyuhkara1
↑ シジュウカラ : 近くで巣づくりをしているのでしょうか、口一杯に巣材を咥えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

春の飛島遠征2017(7):ホオジロ、キマユホオジロ、サンショウクイ、センダイムシクイ

昨年の5月は、飛島の宿の周辺にはキビタキが飛び交っていましたが、今年は見られませんでした。その代り、今年はホオジロが宿の周りを飛び交っていました。

ホオジロは複数の場所で見られました。

To105a20170504052617001hohjiro1
↑ ホオジロ♂ : 5月4日 早朝5時頃  宿の近くの電線で。 朝は寒いのでしょう。ぷくぷくでした。

To108a20170503150830000hohjirotobis
↑ ホオジロ♀ 5月3日 小中学校グランド。 ♂は姿を見せませんでした。

To110a20170504065801012hohjiro1
↑ ホオシロ♂ 5月4日 一の畑の付近で、きれいな声でさえづっていました。

To202a20170505065226006kimayuhohjir
↑ 小中学校グランドの草地に出てきたのは、キマユホオシロ♀でした。

To205a20170504061926021kimayuhohjir
↑キマユホオシロ♂は、昨年も会いましたが、今年も会うことができました。

To210a20170504061921016kimayuhohjir
↑ なぜか、グランドの草地には出たくない様でした。 

To300b20170504053801003sansyoukuimt
↑ 一の畑の奥で、サンショウクイが黒い木の実を食べていました。

To310a20170504064127039sansyoukuimt
↑ 黒い木の実のお食事のあとは、若葉をつまんでいました。

To400a20170504110414003sendsimusiku
↑ ダムの近くの緑の林の中では、センダイムシクイが何か探していました。

To410a20170504110433010sendsimusiku
↑ おいしいものを見つけたようですが、何か判りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/13

春の飛島遠征2017(6):キビタキ、オオルリ、ルリビタキ♀、ノビタキ

関東では会っても僅かな時間しかお付き合いをしてくれないキビタキとオオルリが、ここ飛島では、あちこちで愛想よくあいさくしてくれました。そして長い間お付き合いしてくれるので、ついつい遊び過ぎて、時間がたつのを忘れてしまいます。

校庭の、ノビタキはもっとフレンドリーで、朝から晩まで一日中姿を見せて、訪れる人を喜ばせてくれました。

To100b20170504112908001kibitakimtob
↑ キビタキ ことしも挨拶に来て遊んでくれました。

To200a20170504114543021ohruritobisi
↑ オオルリ オオルリも複数の箇所で出会うことができました。

To210a20170504114540017ohruritobisi

↑ この子は北の森で、目線の高さで観察することができました。

To230a20170504054540034ohruritobisi
↑ そして、この子は南の畑の脇の林で会いました。

To300a20170504104650007ruribitakift

↑ ルリビタキは女の子で、男の子は姿を見せてくれませんでした。

To400a20170503140704003nobitakitobi
↑ ノビたキ 小中学校のグランドで遊んでくれました。

To410a20170503140801028nobitakitobi
↑ 人馴れしているのでしょうか、非常にフレンドリーでした。

To430a20170504165753219nobitaki2
↑ こちらはまた別の個体のようですが・・・・

To440a20170504165821226nobitaki2
↑ いろいろなパーフォーマンスをしてくれて、楽しませてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧