カテゴリー「家庭菜園」の記事

2019/12/23

サツマイモ:干し芋作り

12月23日 朝方はまだ雨が少々残っていましたが、9時頃から空は晴れ渡り、陽がさしてきました。3日ほど晴天の日が続くという気象庁の気象情報が実感されたので、早速、収納小屋に保存していたサツマイモを取り出して、待ちに待った「干し芋」作りに取りかかりました。

小屋に保存してしていたサツマイモは「紅はるか」と「紅あずま」で、「干し芋」は、この2品種でつくりました。

2019122310hosiimor0010580
↑ サツマイモ 紅はるか 糖度 50~60度
「紅はるか」は、傷ついたところが痛んで、カビが生えたりしたところがあったので、その部分は切り捨ててつかいました。
計量したら1kg強ありました。

2019122320hosiimor0010583
↑ サツマイモの下ごしらえは「蒸す」方法と「茹でる」方法がありますが、蒸す方法は時間がかかるので、
ここでは「茹でる」方法を採用しました。
上図の「蒸し器」を使いましたが、蒸さないで、水をイモがひたひたに浸かるまで入れて茹でました。

2019122330hosiimor0010596
↑ 時々、細い竹箸でイモを刺してみて、すっと入るようになったら茹であがったと判断しました。

2019122340hosiimor0010598
↑ 茹であがったら、パットに取り出します。
ただし、この画像の芋は「紅あずま」です。
「紅あずま」は糖度30度前後で、関東地方をはじめとして全国的に人気がありましたが、
最近は新しく作出された「紅はるか」の人気が高まってきました。

2019122350hosiimor0010600
↑ 冷めないうちに皮をむきます。
皮はぜんぶ手で剝ぐベテランさんもいますが、イモが熱々なので、箸を使ったり、包丁を使ったりして剥ぎました。

2019122360hosiimor0010602
↑ きれいに剥けたら、厚さ5mmくらいでイモの縦筋方向にスライスします。

2019122370hosiimor0010594
↑ 「干しざる」は、梅干し用「干しざる」の転用と、・・・

2019122390hosiimor0010591
↑ もう一つは、市販の「野菜干しネット」(吊るし干しかご)を使いました。

2019122380hosiimor0010605
↑ 「干しざる」は、小面積でたくさんのイモを干すことができますが、
鳥や犬猫などの食害を防ぐための何らかの方策を考えなければならないという弱点があります。

2019122392hosiimor0010606
↑ 「野菜干しネット」は、空中に吊るすので、鳥や犬猫の害は避けることができるが、・・・20191223100hosimor0010613

↑ 1個のネットであまり数多くのイモを干せないので、干すイモが多い場合には、
必要な数だけのネットの個数を揃える必要があります。
TVのニュースでは、明日、明後日の天気も晴れのようです。
「白菜のキムチ」に加えて、「サツマイモの干し芋」の楽しみが、
もう一つ増えました( ^)o(^ )。

 

 

|

2019/12/21

今年も白菜キムチを仕込みました。 2:キムチ糊、ヤンニョム、本漬け

12月16日「まさる畑」の白菜3株を収穫し、17日に下漬けを完了。18日は、漬物に必要な材料の買い回りなどに時間を割き、19日は朝8時にキムチ(薬念)糊、ヤンニョム(具)作りを開始して、下漬けした白菜にヤンニョムを挟み、ポリエチレン製の漬け樽に収めて、午後9時に本漬けを終了しました。

19日は、久しぶりの長時間労働でしたが、美味しいキムチ漬けの味を夢見て楽しい時間をすごしました。1週間ほどしたら美味しいキムチ漬けが食べられるでしょう。その日を楽しみに床につきました。

2019121920nkimutir0010477
↑ キムチ糊・ヤンニョムの材料1
注: ②は市販の切り餅 ④は韓国産唐辛子(粉挽き)⑤は韓国産唐辛子(中荒挽き) ⑦は炒り胡麻 ⑧は砂糖

2019121921nkimutir0010483
↑ キムチ糊・ヤンニョムの材料2
注:⑪はニンニク ⑬はニラ  ⑭はイカの塩辛 ⑮は生姜

2019121930nkimuir0010529
↑ キムチ糊
① 切り餅2枚(100g)を1cm角に刻んださいころ餅にして300ccの水を入れた鍋に入れて火にかける(ここではIHレンジを使用)。沸騰したら、しゃもじでかき混ぜながら餅を粥状に溶かす。鍋の水が蒸発して少なくなったら切昆布を浸した出汁を継ぎたしてとろみの程度を調節する。

2019121938kimutir0010527
② せん切スライサーで千切りにした大根(800g)を塩もみをして水分を絞りとり、韓国産の粉挽き唐辛子(100g)と中粗挽き唐辛子(50g)をまぶし、箸で大根の塊をほぐしながら丁寧に混ぜる。

2019121939kimutir0010534
↑ ①と②を合わせって、唐辛子・大根細切り入りのキムチ糊をつくる。
次は野菜の下ごしらえです。
2019121940kimutimijingirikir0010546
↑ 野菜微塵切りスライサー(手動)
これで、ニンニクや玉ねぎを微塵切しました。スライサーは手動ですが、扱いが簡単で、みじん切りが能率よくできました。
2019121942kimutir0010538
↑ ショウガ
少し硬い野菜はおろしがねを使いました。

2019121941kimutir0010544
↑ ”すりもの”の出来上がり。
左:玉ねぎ  中:ニンニク 右:生姜

2019121944kimutir0010561
↑ ネギとニラは、包丁を使って1cmほど長さに切りました。
(3cmくらいという解説書もありましたがここでは1cmとしました。)

2019121946kimutir0010555
↑ リンゴ(梨の代わりに使いました)
リンゴは皮をむき、芯を取った後、せん切りスライサーを使って、大根と同様に、千切りにしました。

2019121947kimutir0010559
↑ リンゴの千切
リンゴは酸化しないように、薄い塩水につけておき、使用するとき水をよく絞る。
リンゴは最後に加え、炒り胡麻、ナンプラーを加えて混ぜ、ヤンニョムの味見をして、塩、砂糖、蜂蜜を加えて塩加減をする。


2019121950nkimutir0010566
↑ ヤンニョムの材料がそろいました。
注: ⑥切昆布 ⑦炒り胡麻 ⑬ネギ ⑯ニラ ⑰ナンプラー 
⑭イカの塩辛。包丁でペースト状になるまでよくたたく(アミの塩辛の代わりとして使う)。

2019121960kimutir0010570
↑ 狭い台所で、ポリ手ぶくろをして、ボウルにキムチ糊と下ごしらえをした野菜や調味料を混ぜあわせてヤンニョムを仕上げました。

2019121961kimutir0010498
↑ 本漬け作業に取り掛かる前に、パット容器をそろえる。

2019121970kimutir0010496
↑ 漬け樽も準備します。
パット容器も漬け樽もホワイトリカー(アルコール濃度35度)で消毒しました。


2019121972kimutir0010574_20191222000001
↑ ヤンニョムの塗り付けを終わった白菜を樽の中に詰めます。
(白菜にヤンニョムを塗り付ける作業は、素手ですると、キムチ糊が手についたりして手が荒れたり、衣服などに付いて汚れたりしないように、ポリ手袋をして行ったので、カメラを持つここができず、その間、写真は撮りませんでした。)

2019121974kimutir0010575
↑ ヤンニョムを塗り付けた白菜がすべて漬け樽の収まったら、白菜の表面が空気に触れないように上面をラップで覆います。

2019121972kimutir0010574_20191222000001
↑ そして、ビニール袋の口を閉じて、蓋をします。
順調に行けば発酵が進み1週間ぐらいで食べごろになるかと思いますが、24日のクリスマスイブの日に味見をしたいと思っています( ^)o(^ )

 

 

 

|

2019/12/20

今年も白菜キムチを仕込みました1:収穫と下漬け

日が短くなってきて、次第に寒さが厳しくなってきましたが、冬に備えての野菜の漬物の季節の到来です。もう、10年ほど続けている冬の漬物の王者「白菜キムチ」を今年も仕込みました。

20190901100hakusaiimg_0808_20191220225401
↑ 9月1日に「まさる畑」に植え付けた可愛らしい白菜(新理想)の苗が収穫の時期をむかえました。

2019121601hakusaihataker0010385
↑ 12月16日 今年の秋は暖かい日が続いたおかけでしょうか、モンシロチョウが11月末まで姿を見せて、白菜に卵を産み付けたおかげで葉は青虫に大分食べられてしまい、ボロボロになってしまいました。

2019121603hakusaimizuarair0010436
↑ 緑の葉は、大分食害を受けたが、中の方まで被害を受けなかったのでとうにか助かりました。3個を収穫して水洗いしました。1個平均3kgほどありました。


20191216hakusai1tyuyabosir0010445
↑ 4分割して一昼夜干しをしました(12月16日)。

2019121701hakusair0010451
↑ 12月17日 朝 下漬けの準備をしました。
漬け樽はホワイトリカー(アルコール度数35度)で消毒しました。

2019121702hakusair0010457
↑ 一昼夜後の白菜3株(分割後は12片)の重量(A)を計測した結果は8.24kgありました。この結果から、下漬け用の粗塩を275g(Aの3%)としました。

2019121703hakusair0010460
↑ 用意した漬け樽に粗塩をまぶしながら白菜片を段ごとに交互に直角に並べて詰め込みます。

2019121710hakusair0010462
↑ 上蓋をかぶせて

2019121730hakusair0010467
↑ 重石を乗せます。重石は白菜の1.5倍の重さ(約13kg)を目安とします。(12月17日 )。
以下、次回に続きます。

 

| | コメント (0)

2019/11/13

サトイモ(土垂れ)の収穫第1陣(2019/11/13)

遅れていたサツマイモ堀りが終わったので、引き続いて13日はサトイモ(土垂れ)堀りをしました。当初の予定では、サトイモ1畝(22株)を1日で全部掘り上げる予定でしたが、秋の天気は変わりやすいですね、午後になって曇ってきたなと思ったら天気が急変し、雨がぽつぽつ降り出しました。

13日の天気は、スマホで当地の気象情報を検索したら、明日の午後以降は2~3日晴れの日が続くという情報なので、芋堀りは午前中に掘った10株で一先ず終了し、残りのイモは明日以降に掘ることにして作業を打ち切りました。

Satoimo0120191113r0010218
↑ 11月11日に試し掘りをしたサトイモの畝です。右の「土垂れ」から収穫を始めました。

Satoimo0220191113r0010222
↑ まず葉茎を切り落とします・・・

Satoimo0320191113r0010221
↑ 茎の切り口の模様がきれいです・・・

Satoimo0520191113r0010225
↑ イモは生育中は地下に隠れているので、掘り上げるまではどうなっているがわかりません。
掘り上げて、今年もしっかりイモがついているなと分かった瞬間、嬉しさがこみあげてきます。

Satoimo0720191113r0010230
↑ 午前中の作業で10株掘り上げました。

Satoimo1020191113r0010236
↑ 家の裏庭に運んで天日干しをしました。
午後もイモ堀りを続行するつもりでしたが、雨が降り出したので芋掘りは中止しました。
収穫したイモの総重量は13.2kgでした。1株当たりの収量は1.32kgとなります。

 

 

| | コメント (0)

2019/11/12

サツマイモ「紅まさり」を収穫しました(2019/11/12)。

1昨日(11月10日)、サツマイモ「紅あずま」を収穫した後、引き続いて昨日、「紅まさり」を収穫する予定でしたが、天気の動きが予想外に早く、昨日は朝起きて外を見たら雨が降っていました。雨は午後にはやみましたが、畑は泥んこ気味なので、サツマイモ堀りは断念しました。

そして、今日、ようやく晴れ間が見えてきたので、朝10時過ぎ、菜園「丘の畑」に行き、イモ堀りを開始。「紅まさり」の収穫を終えることができました。そろそろ初霜が降りる頃です。天気が良ければ、引き続いてサトイモ堀りをしようと思っています。

Benimasari0220191112r0010193
↑ 12日午前中にサツマイモ「紅まさり」を掘り上げ、そのまま畑に午前中は「天日干し」しました。
Benimasari0120191112r0010196

↑ 午後2時頃まで畑に置いてイモを乾かした後、余分な蔓やひげ根をとって、家に持ち帰りました。
Benimasari0320191112r0010207
↑ イモの形は「紅あずま」より良いが、収量は少ない。

Benimasari0420191112r0010198
↑ 野ネズミの食害を受けたイモも見つかりました。

Nezuminosu0520191112r0010185
↑ 野ネズミの巣を見つけました。

Nezuminosu0620191112r0010188_20191112224701
↑ 4匹の子ネズミがいました。
少し可哀そうですが、野ネズミが増えると大変なので処分しました。
Benimasari1020191112r0010215
↑ 家に持ち帰って計量し、また庭に干しました。
収穫したサツマイモ「ベニマサリ」は以下の通りです。
植え付け年月日:2019年5月4日   収穫年月日:2019年11月12日
収穫株数:12株   収穫総重量:13.2kg  収穫イモ個数:43個
1株当たり収量:1,10000g   いも1個当たりの平均重量:307g

 

 

 

| | コメント (0)

2019/11/11

里芋の試し掘り(2019/11/08)

11月8日 菜園「丘の畑」の里芋(土垂れ)の試し掘りをしました。1株だけの試し掘りですが、今年のイモは全体的に小振で大きいイモはできませんでしたが、1株で1.3kgの収穫となりました。

Ha10satoimo20191110r0010120
↑ 11月8日 サトイモ1株分を試し掘りしました(2019/11/08)。

Ha110satoimo20190829img_0794
↑ 9月10日の里芋の現況

Ha200satoimo20191110r0010147
↑ 11月10日現在の里芋の現況。
左の畝の一番手前の株を試し掘りしました。

Satoimo20191110r0010117
↑ 今年は夏は高温で土が乾燥して水不足、秋に入ってからは重なる台風の襲来で成育が阻害されたので、作柄は良いとは言えない状態でした。
試し掘りしたイモはひげ根を取り、水で洗ったあと計量しました。

Satoimo20191110r0010122
↑ 親株を除いたイモ28個の総重量は1.3kgありました。
イモの総数は28個でしたので単純平均ではイモ1個当たり56.5gとなりますが、いもの大きさを大中小に3区分して整理すると
大玉級(大きい方から10個)の総重量=700g・・・・1個平均 70g
中玉級(中間の大きさ8個)の総重量=400g・・・・・1個平均 50g
小玉級(小さい方から10個)の総重量=200g・・・・1個平均 20g
となりました。

|

2019/11/10

ようやくサツマイモ「紅あずま」を収穫しました。

ようやく好天気が続く兆しが見えてきたので、今日、午前中の作業で菜園「丘の畑」のサツマイモのうち「紅あずま」1畝を収穫しました。今年は(も?)収穫が遅れて、5月4日の植え付けから、今日11月10日の収穫日まで190日かかりました。 明日は「紅まさり」1畝を収穫する予定にしています。

「紅あずま」は、例年と変わらずイモの形は大小不ぞろいで、野ネズミに食べられたのもありましたが、これらを除いて、泥付きのままを計量した結果は、15株(1畝分)35kgあり、1株当たり2.3kgの収量が得られました。

今年の秋の関東甲信地方や東北地歩では例年にない大型台風の襲来で風水・土砂災害を受けた地方が少なからずあったもかかわらず、我が家の菜園を含めて当地域は、それほど甚大そな被害を蒙らなかったので、天運を天の神の御守護と感謝しました。

Satsumaimo2019111000r0010170
↑ サツマイモ(べにあずま)を収穫しました(2019/11/10).
形はあまりよくありませんが、今年のたて続けの台風による風水害にもかかわらず、よく頑張ってくれました。
計量したら15株で35kgの収穫がありました。
以下、収穫までの記録。
Satsumaimo20190825img_0697-2
↑ 8月25日 つる返しをしました。
Satsumaimo20190910img_0798
↑ 9月10日 蔓ボケになりはしないかと心配になるほど元気旺盛でしたが、そのあと台風15号、19号及び21号の襲来で畑の土は水分過剰気味になりました。。
Satsumaimo2019111001r00144
↑ 11月10日 ようやく好天気が続くようになりました。
蔓・葉を切り払い、黒マルチをはがした後、「べにあずま」(右の畝)から収穫しました。
左の畝は「べにまさり」の畝で、明日掘る予定です。

Satsumaimo20191110r0010168
↑ 天気が良かったので畑において1日天日干しにして夕方家に持ち帰りました。
家の庭で2~3日天日干しをする予定です。

| | コメント (0)

2019/11/08

立冬:ノコンギク満開、ネギの草取り・追肥・土寄せ

11月8日 今日は立冬。昨日は札幌で初雪が観察されたとの気象庁の発表。夏が終わったかと思ったら、もう冬です、月日は矢のように過ぎ去ってゆきます。

庭のノコンギクが満開になりました。台風で、遅れ気味になっていたネギの草取り、追肥、土寄せをようやく終えました。

Nokongikur0010109
↑ ノコンギク(野紺菊)が満開になりました。

Tsuwabukir0010105
↑ ツワブキ(石蕗)も満開になりました。
いよいよ冬です。でも今年は初冠雪や初雪が平年より遅いですね。

Negi201911072r0010053
↑ 菜園「丘の畑」のネギ(石倉)の草取り、追肥、土寄せをしました。
今年は台風のおかげで、ネギの土寄せが遅れてしまいました。

Negi201911073r0010077
↑ 台風15号、19号の強風のおかげで大分痛めつけられましたが、何とか回復しました。
追肥は化成肥料がなくて、鶏糞堆肥のみ。

Negi201911074r0010086
↑ 葉鞘部が隠れるくらいまで土を寄せて土寄せ終了です。
これで最終の土寄せを終わります。
あとは12月に入っての収穫を待ちます。

 

 

|

2019/09/27

冬野菜の植え付け

ジャガイモを収穫した後、地元のHCで、冬野菜の苗、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、ロマネスコをそれぞれ9株づつ購入して、9月1日に植え付けました。

20190901110kyabetuimg_0813
↑ キャベツ:陵山2号

20190901100hakusaiimg_0808
↑ ハクサイ:新理想

20190901130burokkoriimg_0822
↑ ブロッコリー:ハイツ

20190901120kariflouwerimg_0818
↑ カリフラワー

20190901140mekyabetsuimg_0830
↑ メキャベツ

20190901150romanesukoimg_0831
↑ ロマネスコ

20190901200hatakeimg_0805
↑ 各苗を9株づつ、3畝に植え付けました。

20190901210tonneruimg_0841
↑ 植え付けた後、たっぷり水をあげて、防虫ネットのトンネルを張りました。

|

2019/09/25

ジャガイモの収穫と冬野菜の植え付け(2019/08/31)

しばらくご無沙汰してしまいました。今年は天候不順で、菜園の野菜栽培の計画が大幅にくるってしまい、作業が遅れがちになってしまいました。夏の暑さで、体調も思わしくなかったので、ブログもしばらくお休みになってしまいました、ようやく涼しくなったので、また再開いたしますので、よろしくお願いいたします。

20190829100jagahatakeimg_0758
↑ 収穫が大幅におくれましたが8月29日に夏野菜のジャガイモ(男爵とキタアカリ)を収穫しました。

20190829110jagaimg_0745

20190829120img_0752
↑ 大きさは不ぞろいになってしまいましたがまあまあの収穫ができました。

20190829130img_0755
↑ 1日日干しをしてケースに入れ、小屋に収納しました。

 

|

より以前の記事一覧