カテゴリー「家庭菜園」の記事

2019/06/09

ナス、キュウリ、ズッキーニ:菜園「まさる畑」の近況(2019/06/08)

4月21日に第2菜園「まさる畑」に植え付けたナス、キュウリ、ズッキーニが収穫できるようになりました。

象庁は6月7日午前、関東・甲信ほか3地方で梅雨入りしたと見られると発表。当地も7日にかなりの降雨があり、近くのアメダス(つくば)気象観測記録をインターネットで参照したところ、7日は9mm、8日は0.5mmの降雨があったことが確認され、梅雨入りしたことが実感されました。

水分不足であえいでいた夏野菜ナス、キュウリ、ズッキーニもこれで一息ついてくれたようです。

Ha20010nasuimg_0023_20190606_073304_0001
↑ ナス(千両2号、長ナス)が収穫できるようになりました。
Ha20020nasus2img_0025_20190606_073346_00
↑ 千両2号(タキイ種苗): 高温性の野菜で、夏の暑さにもよく耐えてくれます。我が家の夏の定番野菜の一つとなっています。
Ha20030nasulimg_0024_20190606_073327_000
↑ 長ナスです。鳥(カラスかキジ?)に啄まれたような傷跡がありました。
Ha30010kyuriimg_0026_20190606_073402_000
↑ キュウリ(夏すずみ・タキイ交配): 耐病性・耐暑性が強いと言われている品種です。
Ha30020kyuriimg_0029_20190606_073442_000
↑ 結実したが、5月の干天続きで土壌水分が欠乏し、肥料不足を惹き起こしたのでしょうか、果実の形状が悪くなってしまいました。
Ha40010zukkiniimg_0032_20190606_073512_0
↑ ズッキーニ: 手前が黄色種、奥が緑色種。
原産地は南米で、温暖で乾燥した土地を好むが、夏の暑さにはやや弱いと言われています。
Ha40020zukkiniyimg_0034_20190606_073523_
↑ ズッキーニ(黄色種)
Ha40030zukkiniyimg_0037_20190606_073601_
↑ ズッキーニ(黄色種)の花。
Ha40040zukkinigimg_0035_20190606_073533_
↑ ズッキーニ(緑色種)
Ha40050zukkinigimg_0036_20190606_073548_
↑ ズッキーニ(緑色種)の花
ズッキーニはウリ科カボチャ属の1年生果菜で、花はカボチャの花に似ています。

 

 

 

|

2019/06/08

トマト:菜園「まさる畑」の近況(2019/06/08)

4月21日に第2菜園「まさる畑」に植えつけたトマト(ホーム桃太郎4株、アイコ2株、レッドオーレ1株、スイートトマト1株、ぷるるん1株)が「ホーム桃太郎」1株を除いて、ほぼ順調に結実し果実が大きく膨らんできました。

今年は、例年に比べて4月、5月の当地の降水量は平年の7~8割程度で、畑の野菜にとっては土が乾燥気味で厳しい状態でした。しかし、トマトはむしろ多日照で乾燥気味の天気の日が続いたほうが良いようで、水撒きができなかったので、ちょっと心配したのですが、暑さにへこたれないでよく頑張ってくれました。昨日は、関東・甲信地方が待望の梅雨入り、久しぶりの雨で畑の野菜たちがよみがえったように元気になりました。

Ha100010tomato00img_0001_20190606_072545
↑ 4月21日に植え付けたトマト(5品種)が大きくなりました(2019/05/31撮影)。
Ha11001amomotaroimg_0002_20190606_072557
↑ 大玉トマト「ホーム桃太郎」・1段目
Ha11201amomotaroimg_0004_20190606_072652
↑ ホーム桃太郎・2段目
ホーム桃太郎は4株植えたが、1株が害虫の被害を受けて順調に育たなかったので処分しました。
Ha12001b0aikoimg_0005_20190606_072710_00
↑ 小玉トマト「アイコ」は毎年栽培している我が家の常連さんです。
Ha12201b1aikoimg_0007_20190606_072748_00
↑ アイコ(赤)・1段目
cHa12401b2aikoimg_0008_20190606_072804_00
↑ アイコ(赤)2段目
Ha12601b3aikoimg_0009_20190606_072826_00
↑ アイコ(赤)3段目
アイコは、表皮はちょっと堅いが、丈夫で育てやすく沢山実が着きます。
Ha13001b4aikoimg_0010_20190606_072853_00
↑ アイコ(黄):「イエローアイコ」(サカタのタネ)
Ha13201b5aikoimg_0011_20190606_072904_00
↑ イエローアイコ 1段目
Ha13401b6aikoimg_0012_20190606_072934_00
↑ イエローアイコ 2段目
Ha13601b7aikoimg_0013_20190606_073015_00
↑ イエローアイコ 3段目
Ha14001c1roreimg_0014_20190606_073024_00
↑ 中玉トマト「レッドオーレ」
Ha14201c2roreimg_0015_20190606_073039_00
↑ レッドオーレ 1段目 赤くなった1個が何者かに突っつかれて一部食べられてしまいました。
カラスかキジの仕業かと睨んでいるのですが、現場を押さえていないので何とも言えません。
傷ついたトマトは泣く泣く処分して、6月7日に急遽、防御ネットを張りました。
Ha143c3roreimg_0016_20190606_073047_0000
↑ レッドオーレ 2段目
Ha15001d1sweettomatoimg_0017_20190606_07
↑ 中玉トマト「スイートトマト」(カネコ)
Ha15201d2sweettomatoimg_0018_20190606_07
↑ スイートトマト 1段目
Ha15401d3sweettomatoimg_0019_20190606_07
↑ スイートトマト 2段目
Ha16001e1pururuntomatoimg_0020_20190606_
↑ ミニトマト「ぷるるん」(カゴメ)
Ha16201e2pururuntomatoimg_0021_20190606_
↑ 「ぷるるん」1段目 小玉トマトです。かわいらしい実が着きました。
Ha115001f1tomatoimg_0010_20190608_111152
6月7日 トマトを食害する正体不明の侵略者に対処するために、畝の周りに支柱を立てて、防御ネットを張りました。
Ha115201f2tomatoimg_0012_20190608_111209
↑ 払暁の忍者のごときインベーダーに対する専守防衛のネットです。
専守防衛でも防衛費がかかります。

 

|

2019/06/07

菜園「丘の畑」の近況(2019/05/31)

6月7日 朝方は曇り空でしたが、午後から、野菜たちには待望の待望の雨がふりだしました。気象庁は本日、関東・甲信地域が「梅雨入り」した模様と発表しました。我が家の野菜たちも、ほっと一息つげるでしょう。

Ha100000okanohatakeimg_0220_20190530_131
↑ 菜園「丘の畑」の野菜たち 左:ジャガイモ 中央:エダマメ 右:トウモロコシ(5月31日現在)
Ha100001ajyagaimoimg_0163_20190530_10370
↑ ジャガイモは花が咲き始めたので、
Ha100001bjyagaimoimg_0166_20190530_10373
↑  追肥・土寄せをしました。
Ha100002aedamameimg_0159_20190530_103631
↑ エダマメ
Ha100002bedamameimg_0237_20190531_101911
↑ エダマメも追肥・土寄せをしました。
Ha100002cedamameimg_0239_20190531_110205
↑ マルチはもう少し張っておきます。
Ha100003atoumorokosiimg_0193_20190530_12
↑ トウモロコシ
Ha100003dtoumorokosiimg_0211_20190530_12
↑ トウモロコシも追肥・土寄せをしました。
Ha100004a1suikakuromusumeimg_0224_201905
↑ スイカ(黒娘)のツルも大きく伸びました。
Ha100004a2kuromusumeimg_0249_20190531_11
↑ 黒娘の花(雄花)も咲きました。
Ha100004bbenikodamaimg_0254_20190531_110
↑ 紅小玉も順調に生長しています。
Ha100004bbenikodamaimg_0256_20190531_110
↑ 紅小玉の花(雄花)。
Ha100004ckaturauriimg_0263_20190531_1108
↑ 今年は「桂うり」を育ててみました。
Ha100004ckaturauriimg_0267_20190531_1110
↑ 生育は順調で花も咲きました。
Ha100004ckaturauriimg_0270_20190531_1111
↑ 雌花も見られました。
Ha100005atamanegi1img_0144_20190530_1033
↑ タマネギが大きくなり、倒れ始めました。しかし今年は、なぜか3割くらい塔立(坊主)がでました。
Ha100005btamanegi1img_0147_20190530_1034
↑ 黄玉ねぎ(OL黄)
Ha100005etamanegi1img_0288_20190531_1815
↑ 試し取り(初収穫)をしました。
Ha100006asoramame1img_0138_20190530_1032
↑ ソラマメの収穫をしました。
Ha100006csoramame1img_0134_20190530_1030
↑ 莢が下を向いたものを、種子用のものを残し、あとは収穫しました。
Ha100006dsoramame1img_0276_20190531_1810
↑ 食べきれないので、親戚や東京に住む子供たちにも送りました。
Ha100006fsoramame2img_0060_20190607_1351
↑ 種子用のソラマメは畑で乾燥させて6月6日に収穫しました。
Ha100006gsoramame2img_0062_20190607_1351
↑ 種子を取り出し
Ha100006hsoramame2img_0065_20190607_1352
↑ 来年の種子用に良い種子を選別して、ビンに詰めました。
Ha100007aninnikuimg_0278_20190531_181143
↑ ニンニクも収穫しました。
Ha100007bninnikuimg_0280_20190531_181204
↑ 病気にもかからず、
Ha100007cninnikuimg_0290_20190531_181612
↑ まずまずの収穫でした。

|

2019/05/06

菜園の近況(2): サツマイモの植え付けが終りました(2019/05/04)

5月4日は、少し曇り空でしたが、前々日に21mmほどの降雨があったので畑の土はほど良い土壌分となりました。善は急げです、午前中のスイカ・ウリの植えつけに続いて午後はサツマイモ(ベニアズマとベニハルカ)の植え付けをして無事完了しました。

Ha10010satsumaimoimg_0046_20190503_12131
↑ 5月3日 サツマイモの植えつけ用の「畝づくり」をしました。
あらかじめ耕しておいた畑の畝(畝幅70cm、畝長8m)の中央部に幅20cm、深さ30cmほどの溝を掘り、そこに元肥を施しました。
Ha20010satsumaimoimg_0050_20190503_12151
↑ 肥料は、発酵熟牛糞、発酵鶏糞、イモ豆肥料(いづれも少なめ)、枯れ葉、ヨウリン少々。
Ha40010satsumaimoimg_0069_20190503_13063
↑ 2畝作りました。
Ha50010satsumaimoimg_0078_20190503_13194
↑ 土を埋め戻して高畝(高さ25cm、畝幅40cm)にしました。
Ha60010satsumaimoimg_0106_20190503_17252
↑ つくった高畝に幅95cmの黒マルチ(穴無し)を被せます。
Ha70010satsumaimoimg_0112_20190503_17571
↑ マルチの裾は風で飛ばされないように、溝を掘り、土中に埋め込みます。
Ha80010satsumaimoimg_0146_20190504_15495
↑ 5月4日 苗(ベニアズマ10本、ベニハルカ30本)を、地元のAHCで購入しました。
Ha90010satsumaimoimg_0192_20190504_17334
↑ 左畝:ベニアズマ10本、ベニハルカ5本 右畝:ベニハルカ15本を植え付けました。
Ha100010satsumaimoimg_0199_20190504_1805
↑ 株間は畝の長さに余裕があったので、45cmをとって土に差し込みました(斜め植え栽培)。
斜め植え栽培については当ブログ(2015年5月23日掲載)の「サツマイモ:黒マルチ・斜め植え栽培」の記事で説明していますので割愛しました。ご関心のある方は、こちら→「サツマイモ:黒マルチ・斜め植え栽培」をチェックしてみてください。

 

 

 

|

2019/05/05

菜園の近況(1):スイカ、ウリの苗を植えつけました(2019.05.04)

5月2日は立春の日から数えて丁度「八十八日目」に当たる日です。今年も、自前のスイカやウリを食べたいと思い、菜園「丘の畑」に出かけて、スイカとウリの畝づくりをしました。

もう、霜の降る恐れも無くなり、寒さに弱い夏物の野菜も安心して栽培できるような気候になりました。「夏も近づく八十八夜~」と唄った子供の頃が懐かしく思い出されます。 

Ha100suikauriunezukuriimg_0032_20190502_
↑ 5月2日 夏野菜スイカとウリの栽培のための畝づくりをしました。
元肥(鶏糞堆肥、化成肥料、ヨウリン)を全面に施し、土によくすき込み110cm幅の畝をつくりました。
Ha200suikauriunezukuriimg_0038_20190502_
↑ 幅135cmの透明マルチを使って、マルチの四周は土に埋めて110cm幅の畝をつくりました。
Ha300suikanaeimg_0134_20190504_154518_00
↑ 5月4日(午前)苗購入: スイカの苗はおなじみのYHCから購入しました。
青ポット:タヒチ 黒ポット:黒娘 赤ポット:紅小玉
Ha400urinaeimg_0138_20190504_154629_0011
↑ ウリの苗も同じHCで購入。
黄ポット:青ハグラ 黒ポット:桂うり
Ha02000suikauriuetsukeimg_0158_20190504_
↑ 5月4日(午後) 植え付け: 苗の植穴は「鞍つきじ」で、株間は150cmとりました。
Ha200001kuromusumeimg_0161_20190504_1647
↑ スイカ:黒娘
Ha200002benikodamaimg_0163_20190504_1647
↑ スイカ:紅小玉
Ha200003tahichiimg_0166_20190504_164819_
↑ スイカ:タヒチ
Ha200004aohaguraimg_0172_20190504_164958
↑ ウリ:青ハグラ
Ha2000katsurauriimg_0169_20190504_164853
↑ ウリ:桂うり
Ha2000suikauritonneruimg_0175_20190504_1
↑ 植え終わったあと、防風・乾燥予防・保温のためのトンネルネットを張りました。

|

2019/04/24

春夏野菜の植えつけ(3)キュウリ、ズッキーニで第1陣完了。”あんどん(行燈)”をはりました。

4月21日 春夏野菜第1陣(「まさる畑」1~3番畝)の植え付けを完了しました。このあと、引き続いて第2陣(インゲン、ラッカセイ、カボチャ、スイカ、ウリ、サツマイモなど)の植え付けを予定しています。

Ha10010masaru123uneimg_0164_20190421_165
↑ 今年の第2菜園の春夏野菜の植えつけプラン
1番の畝:A・トマト4品種、B・未定  
2番の畝 C・ナス3品種、D・トウガラシ、シシトウ、カラーピーマン、子供ピーマン(以上前掲)
3番の畝 E・ キュウリ(夏すずみ)、F・ズッキーニ(緑、黄) 
Ha12010natsusuzumiimg_0098_20190421_1640
↑ キュウリ(夏すずみ)
Ha10510zukkinigimg_0140_20190421_164724_
↑ ズッキーニ(緑)
Ha10610zukkiniyimg_0142_20190421_164737_
↑ ズッキーニ(黄)
Ha13010masarubuneimg_0177_20190421_17441
↑ 植え付け完了。 植え付けが終わった後、株の周りに水やりをしました。
Ha14010masaruandonimg_0187_20190421_1821
↑ 肥料の空き袋を利用した「あんどん」を張りました。

 

 

 

|

2019/04/23

春夏野菜の植えつけ(2)ナス3種、トウガラシ、シシトウ、ピーマン、カラーピーマン、子供ピーマン

前回の記事(1)の続きです。4月22日は天気が良かったので、第2菜園「まさる畑」の、春夏野菜の植えつけは一気に進捗しました。

毎年のことですが、連作障害を避けるための作物と畑地の組み合わせが、何をどこに植えたら良いかどうか、障害でだめなのか等々~あれやこれやで悩ましい! 過去の記録を引っ張り出して、連作障害のないような植え付け場所を決めていますが、・・・・なかなか理想道理には行きません。

Ha10020masarubatakeimg_0001_20190420_155_3
↑ 畑の2番の畝は、2ブロックに分けて2-①区はナス3種7株を植え付けました。
Ha10010nasunoune1img_0152
↑ 2番の畝2-① 
手前から①白ポット:長ナス(1株)、②緑ポット:水ナス(2株)、③黒ポット:千両2号(4株)
Ha11010naganasukyimg_0112_20190421_16423
↑ 長ナス
Ha12010mizunasuimg_0113_20190421_164259_
↑ 水ナス
Ha100010nasus2img_0116_20190421_164333_0
↑ 千両2号:我が家の定番品種で4株植えました。
Ha10010tougarasiuneimg_0148
↑ 2-②区はトウガラシ(タカノツメ1株)、シシトウ(2株)、ピーマン(京波2株)、カラーピーマン(赤1株、黄1株)、子供ピーマン(1株)を植えつけました。
Ha20010takanotsumeimg_0108_20190421_1642
↑ トウガラシ:「鷹の爪」
Ha30010sisitouimg_0136_20190421_164653_0
↑ シシトウ:シシトウは2株植え付けました。
Ha40010pmankyonamiimg_0134_20190421_1646
↑ ピーマン「京波」:京波も2株植え付けました。
Ha50010cpmanrimg_0129_20190421_164552_00
↑ カラーピーマン(赤)
Ha60010cpmanyimg_0131_20190421_164613_00
↑ カラーピーマン(黄)
Ha70010kodomopmanimg_0127_20190421_16453
↑ こども(子供)ピーマン: 可愛らしい小粒のピーマンです。昨年初めて栽培したのですが柔らかくて、甘くて美味しかったので今年も栽培しました。

 

 

|

2019/04/22

春夏野菜の植え付け(1)トマト4品種(2019.04.21)

4月20日に畝づくりした第3菜園「丘の畑」1の畝に、21日、HCで購入したトマトの苗4ひん種8株を植え付けました。

Ha10020masarubatakeimg_0001_20190420_155_1
↑ 1の畝にトマトの苗を植え付けました。
Ha10030tomatonouneimg_0154_20190421_1654
↑ ①手前からスイートトマト(中玉)、②レッドオーレ(中玉)、③アイコ(黄・小玉)、アイコ(赤・小玉)、ホーム桃太郎(大玉;4株)。
Ha50010tomatosweetimg_0155_20190421_1654
↑ スイートトマト(カネコ種苗)
Ha40020redoleimg_0157_20190421_165448_00
↑ レッドオーレ
Ha60025aiko2yimg_0158_20190421_165455_00
↑ イエローアイコ(サカタのタネ)
Ha70020aikorimg_0159_20190421_165501_000
↑ アイコ(赤・サカタのタネ)
Ha80010momotorouimg_0122_20190421_164424
↑ ホーム桃太郎(大玉)は4株植えました。
畝の余った場所は、第2陣の春夏野菜を植え付ける予定です。
 

 

|

2019/04/20

第2菜園「まさる畑」の畝づくり

4月20日 今日は第2菜園「まさる畑」3畝の畝づくりをしました。気象情報によれば、向こう3日間は大むね晴天ということで、第1菜園に続いて、第2菜園の春・夏野菜のための畝づくりを進めました。

Ha10020masarubatakeimg_0001_20190420_155
↑ 今年の第2菜園の春夏野菜栽培計画
1:トマト4種 2:ナス2種、タカノツメ、シシトウ、ピーマン、カラーピーマン、子供ピーマン
3:キュウリ2種 4:インゲン 5:サツマイモ
Ha30010masarubatakeimg_0010_20190420_160
↑ 1、2の畝は苦土石灰を散布して、中央に深さ約30cmの溝を掘り、完熟鶏糞堆肥、化成肥料、ヨウリンを施して溝を埋めました。
Ha40010tomatonasuimg_0018_20190420_17355
↑ 溝を埋めたあと、地温を上げるため黒マルチを張りました。
 
Ha50010kyuriimg_0020_20190420_173608_000
↑ 3の畝はキュウリなどの畝で、畝全面に苦土石灰を散布したあと耕し、さらに完熟鶏糞堆肥、化成肥料、ヨウリン、牛糞堆肥を全面散布してよく耕しました。
Ha600103unekanseiimg_0028_20190420_18124
↑ 3の畝も地温の低下と水分蒸発を防ぐために黒マルチを張りました。

 

|

2019/04/19

トウモロコシの畑づくりと種まき(2019.04.18-19)

この3日ほど、当地の最高気温は20℃前後を記録し、初夏のような陽気。菜園の作業は日中は汗ばむが、やり易くなりました。

枝豆の畑づくりと種まきに続いて、18日、19日はトウモロコシの畑づくりと種まきをしました。

Ha10010toumorokosi1img_0044_20190418_162
↑ 4月18日 畑の準備:ネットを張ったエダマメの畝の右側にトウモロコシの畝をつくりました。あらかじめ苦土石灰を散布しておいた畑地に完熟鶏糞堆肥と化成肥料をまいて土に混ぜ・・・・
Ha20010toumorokosi1img_0049_20190418_170
↑ 長さ8m、幅75cmの高畝をつくりました。
Ha30010toumorokosi1img_0053_20190418_175
↑ 雑草防御や害虫の食害を避けるため、銀ネズの2穴マルチシートを張りました。規格は前掲のエダマメの畝に使った銀ネズの2穴マルチシートと同じです。
Ha40010toumorokosi1hbimg_0038_20190418_1
↑ 種は ハニーバンタムと
Ha40020toumorokosi1grimg_0066_20190418_1
↑ ゴールドラッジュです。
Ha50010toumorokosi1tameimg_0071_20190418
↑ 4月18日 1晩水に浸しました。
Ha60010toumorokosi2img_0002_20190419_112
↑ 4月19日 トウモロコシの種を1あ穴2粒づつ蒔きました。
Ha70010toumorokosi2img_0010_20190419_114
↑ 種を蒔いたあと、水をたっぷり与えました。
Ha80010toumorokosi2img_0013_20190419_114
↑ 左はエダマメの畝、右はトウモロコシの畝です。
Ha90010toumorokosi2img_0014_20190419_150
↑ トウモロコシも害虫や鳥の食害を避けるためにネットを張りました。

 

|

より以前の記事一覧