カテゴリー「家庭菜園」の記事

2017/11/21

霜柱立つ!! 毎朝の冷え込みが厳しくなりました。

昨日、今日と二日続きで、周辺の畑に霜柱が立ちました。朝の冷え込みが一段と厳しくなり、いよいよ本格的な冬の到来です。

菜園のサトイモの葉がぐんなりと萎れてしまったので、明日はサトイモ堀をすることにしました。

Na100simor0020603_20171121_081457_0
↑ 今朝、裏の畑を見ると、3cmくらいに成長した霜柱が立っていました。

Na110simor0020598_20171121_081416_0
↑ 朝の冷え込みが一層厳しくなりました。

Na120simor0020597_20171121_081357_0
Na130simor0020605_20171121_081632_0

Na00simor0020608_20171121_081751_00
↑ 昨日も今日も、この霜柱は1日で溶けてしまったが、菜園にも本格的な冬が訪れてきたようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/19

ニンニクの追肥・土寄せ、サヤエンドウの種まき

ニンニクとラッキョウの畝に、あっという間に雑草が生えてしまいました。まずはニンニクの畝から片ずけようということで、ニンニクの畝の雑草取りをした後、追肥と土寄せをしました。

その後、天気が良くなってきたので、サヤエンドウ(スナックエンドウとキヌサヤエンドウ)の種まきをしました。

Ha100ninnikur0020552_20171117_15231
↑ ニンニク(2畝)とラッキョウ(3畝)の畝が、秋の長雨であっという間に雑草に被われてしまいました。

Ha120endouuner0020569_20171119_1145
↑ 雑草取りは、単調な作業sです。 全部一度に片付けるのはしんどいので、まずニンニクの畝の雑草取り、追肥、土寄せをしました。

ニンニクの次は、種まきの時期が迫ってきているサヤエンドウ(スナックエンドウとキヌサヤエンドウ)ウの種まきをして、最後にラッキョウの雑草取り、追肥、土寄せをすることにしました。

Ha120ninnikur0020575_20171119_11461
↑ これで、ニンニクもすっきりして冬を越せるでしょう(*^m^)。

Ha200endoutaner0020563_20171119_095
↑ サヤエンドウは、つるなしスナップと絹さやえんどうをまきました。

サヤエンドウは越冬前にカブを大きくさせないことがポイントであると言われています。その為には慌てて早い時期に蒔かないことですが、遅すぎてもいけないし、種を蒔く時期の見きわめがちょっと悩ましいですね。

Ha00endour0020578_20171119_114657_0Ha210endour0020585_20171119_132728_

↑ つるなしスナップの畝づくりと播種後の防虫ネットのトンネル

サヤエンドウは酸性土壌を嫌い、また連作にも強くないので、ちょっと気を使いますね。

畝づくりでは、苦土石灰を多めに施し、防鳥兼風よけのためのトンネルネットを張りました。

Ha220kinusayaendour0020595_20171119
↑ 絹さやえんどうも播種後、トンネルネットを張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

冬野菜(葉・根菜)が収穫できるようになりました。

9月末に播種した冬野菜が次々と収穫できるようになりました。寒い冬が間もなくやって来ますが、これから春にかけて、見栄えは多少悪いが、新鮮な野菜が好きな時に好きなだけたっぷりと手に入ると思うと、家庭菜園も苦になりません。自然と笑みがこぼれてきます。

Ha100yasaiokar0020524_20171116_1147

↑ 11月16日  菜園「丘の畑」の冬野菜(葉菜、根菜)の現況。

9月22日に播種した冬野菜が収穫できるようになりました。

Ha110ysasisyuhkakur0020544_20171116
↑ 収穫しました。 上から コカブ、シュンギク 、 大根、 コマツナ、 ターツアイ

防虫トンネルのお陰で、虫にはあまり食べられずに済みましたo(*^▽^*)o。

Ha210kokabur0020530_20171116_114825Ha210syungikur0020532_20171116_1148

↑ 左:コカブ     右:シュンギク

Ha220komatsunar0020527_20171116_114Ha230tahtsuair0020534_20171116_1148

↑ 左:コマツナ    右:ターツアイ

Ha310letusr0020526_20171116_114745_
↑ レタスは去年の残りのタネを蒔いたせいか、発芽率が悪く、かつ蒔き時期も遅かったためか生育が遅々として進みません。

このあとブコッコリー、カリフラワー、メキャベツがもうすぐ収穫できそうです(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

サツマイモ(ベニアズマ)の収穫

昨日のサツマイモ「ベニハルカ」41.8kgの収穫に続いて、今日は「ベニアズマ」33.4kgを収穫しました。

サツマイモは「丘の畑」のほかに、「まさる畑」でも栽培し、「ベニハルカ」19kg、「ベニアズマ」7kgを収穫しました。

Ha100beniazumar0020381_20171113_102

↑ 11月13日 菜園「丘の畑」のサツマイモ「ベニアズマ」を収穫しました。

Ha110beniazumar0020425_20171113_121
↑ ベニアズマは、皮色が鮮やかな濃い赤紫色で、肉質は粉質で食味は甘くて美味しいのですが、遅掘りになるとイモが肥大し過ぎになり、条溝ができやすくなるという欠点があります。

Ha120beniazumar0020428_20171113_121
↑ 今年の秋は、長雨で収穫が遅れてしまったので、大き過ぎのイモが多くなりました。

Ha130beniazumar0020433_20171113_122
↑ 収穫後、計量したら21株で33.4kgありました。

本年(2017年)のサツマイモの収穫総計:「丘の畑」と「まさる畑」の両者の畑からの収穫を合計すると、ベニハルカ60.8kg、ベニアズマ40.4kgとなり、総量では約100kgの収穫\(;゚∇゚)/!!  これで、本年のサツマイモの収穫はすべて完了しましたが、我が家だけでは食べきれないので、知人・縁者に方々にお分けしようと思っているのですが・・・・゚.+:。(・ω・)b゚.+:。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/12

サツマイモ(ベニハルカ)の収穫

今年の秋は雨天の日が多く、秋野菜の収穫が例年よりかなり遅れてしまいました。

今日は良いお天気で、明日も良い天気との予報なので、霜の降りないうちにということで、今日はサツマイモ(ベニハルカ)堀をしました。明日は、ベニアズマを収穫する予定です。

このあと良いお天気が続けば、サトイモを掘る予定にしています( ̄Д ̄;;。

Ha100beniharukar0020346_20171112_12
↑ 11月12日 少し遅れたが、お天気の良い日が続きそうなので今年最後のサツマイモ(ベニマサリ)堀をしました。

Ha110beniharukar0020353_20171112_12
↑ 今年のサツマイモは、ベニハルカとベニアズマの2品種を植え付けました。

左の葉のある畝がベニアズマで、右の掘りかけの畝がベニハルカの畝です。

Ha120beniharukar0020356_20171112_12
↑ ベニハルカ: かなり大きなイモになりました。

Ha132beniharukar0020351_20171112_12

↑ 植え付け:5月22日 収穫:11月12日  一般的には、植え付け後150日で収穫可能ですが、今年は植え付け後174日で収穫となりました。

Ha150beniharukar0020362_20171112_13
↑ ベニハルカは収穫後計量したら、17株で41.8kgありました。

1株当たりの平均収量は2.45kgとなります。明日はベニアズマ(右の葉のある畝)を収穫する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/11

ソラマメの播種(第2陣)と秋冬野菜の間引き

初冬のさわやかなお天気が続いています。お山は紅葉が一段と綺麗になったようですが、菜園の野菜もぐんぐん成長し菜園日和でもあります。

今日は、先日9日のソラマメの播種第1陣に続いて第2陣の種まきをし、秋冬野菜の間引きをしました。間引いた野菜は夕食の時、おいしくいただきました。

Ha100soramame2r0020309

↑  11月11日 落花生の第2陣種まきの用の畝をつくりました(幅70cm、長さ8m)。

Ha120soramame2r0020326
↑ 落花生の播種: 株間35cmで、2粒づつ、お歯黒を下にして2条まきました。

蒔いた後は防虫・防鳥のためのトンネルネットを張りました(右:第1陣、左:第2陣)。

Ha300yasaimabikir0020333
↑ 秋冬野菜(左からターツアイ、コマツナ、シュンギク、ホウレンソウ)の間引きをしました。

間引きした野菜は、夕食の時、美味しく食べました。1日では食べきれません、2~3日は食べられそうです。

Ha200tahtsuair0020338
↑ ターツアイ

Ha210komatsunar0020343
↑ コマツナ

Ha220syungikur0020342
↑ シュンギク

Ha240hourensour0020335
↑ ホウレンソウ

日が短くなりましたね。午後4時を過ぎると薄暗くなり、5時を過ぎるともう真っ暗になります。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/11/09

ホウレンソウ、ソラマメの種まきと大根の土寄せ。

今年の秋は長雨続きで秋冬野菜の作業が遅れ気味です。ようやく晴れのお天気が続くようになって、畑の作業がフル回転です。

Ha100hourensour0020193_20171109_1_2
↑ ホウレンソウは時期をずらして少しづつ種を蒔いています。

Ha110hourensour0020213_20171109_163
↑ 種子は1cm間隔、2条まきです。

Ha120hourensour0020196_20171109_161
↑ 畝の長さ3mで、種子は未だかなり残っています。

Ha200soramamer0020214_20171109_1858
↑ ソラマメの種子は自家採種です。最初は購入した種子を蒔いていましたが、ここ4~5年は、自家採種の種子を使っています。

Ha210soramamer0020184_20171109_1239
↑ 畝幅80cm、畝の長さ8mで株間35cmで種を2個づつ播きました。

Ha220soramamer0020207_20171109_1614
↑ 種子はカラスが狙っているので、ネットを張りました。

Ha310daikonr0020056_20171108_135333
↑ ダイコンが大きくなって、地上に飛び出てしまったので、

Ha300daikonr0020210_20171109_161514
↑ 雑草を取り、肥料を少々与えて、土寄せをしました。

Ha320daikonr0020190_20171109_132700
↑ この大根は沢庵漬けに使う予定にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/07

タマネギ(黄玉)の植え付け

ようやく晴れのお天気が続くようになりました。今日は菜園「丘の畑」に行き、午前中は畝づくりをして、午後は昨日購入したタマネギ(黄玉)100本を植え付けました。

Ha100kitamanegir0020041_20171107_15
↑ 苗は昨日、地元のHCで、黄玉ネギの苗150本、赤タマネギの苗50本を購入しました。このうち、今日は黄玉ネギの苗100本を植えつけました。

Ha110kitamanegir0020022_20171107__2Ha120kitamanegir0020023_20171107__2

↑ 午前中は、鶏糞堆肥、化成肥料、ヨウリンを散布して、畝づくり。

Ha00kitamanegir0020030
↑ HCで、タマネギ用の穴あきマルチを購入しました。

Ha130kitamanegir0020027_20171107_11
↑ タマネギ150本分の長さにシートをカットして敷きました。

Ha140kitamanegir0020042_20171107_16Ha150kitamanegir0020052_20171107_16

↑ 秋も深まってくると日の暮れるのが早い!黄玉ネギの苗100本を植えたら、もう日が傾いて薄暗くなってきたので、本日はこれでお仕舞いにしました。

残りの黄玉ネギの苗50本は妻君が「まさる畑」に植える予定でいます。また赤玉ネギ50本は明日、引き続き、この「丘の畑」に植え付ける予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

秋蒔きの冬野菜:コマツナ、ホウレンソウ、コカブが元気です。

9月22日に播種した秋蒔きのコマツナ、ホウレンソウ、コカブが大きくなりました。種を蒔いてから44日目です。今年は、台風や、雨降りお天気でスケジュール通りのお世話ができなかったが、思いのほか元気に育ってくれました。

Ha100tonnelr0019756_20171014_120420
コマツナ、ホウレンソウ、コカブ: 9月22日の播種後 、すぐに虫除けネットのトンネルを張って、防虫対策は万全と思ったのですが・・・・

Ha200komatsunar0020017_20171105_165
↑ 11月5日 ネットを外したら、コマツナの葉に虫が食べたらしい穴があいていました。

コマツナは連作の害が出にくいので育てやすいが、虫にはちょっと用心する必要がありそうです。播種後30~40日で収穫でき、秋まきは春の3月頃まで収穫できるので嬉しい。

害虫は外から入らないようにしっかり閉じたので、土中に産み付けられた卵が孵った幼虫(?)が加害したのかもしれないと疑っているのですが、虫も見当たらず、被害は拡大していないのでほっとしました。

Ha300hourensor0020012_20171105_1645
↑  ホウレンソウはほとんど虫にやられていません。 秋蒔きのホウレンソウは播種後30~50日で収穫できます。混みあっているところを間引きしながら収穫しています。

Ha400kokabur0020016_20171105_164917
↑  コカブ 播種後45~50日で収穫できます。コカブも間引きしながら順次収穫して行く予定です。

虫除けのネットは、防寒も兼ねるのでまだ当分つけて置くつもりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

冬野菜(ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツ、キャベツ、ハクサイ)の現況(2017/11/04)

台風21号によって倒伏したり、葉茎が折れたりしてダメージを受けた我が家の冬野菜(2017/10/24 UP 大分弱っていたように見えましたが、支柱の立て直しや土寄せによる根元の強化などが多少、役に立ったのでしょうか、その後元気をとりもどして立ち直り、ブロッコリー、カリフラワー、メキャベツの花蕾が、この2~3日の暖かいお天気で急に大きくなり出しました。

また、キャベツハクサイも、生育が多少足踏みしたように見えましたが、結球は外観的には順調に進んでいるように見えており、平年並みの収穫ができるかな~と思っています。

Ha100yasaiokanohataker0019943_2
↑ 菜園「丘の畑」の冬野菜(1)。台風による倒れからほぼ完全に立ち直りました。

   左:ブロッコリー(ハイツ)、カリフラワー(スノークラウン)の畝   右:ロマネスコ(品種不詳)、メキャベツ(品種不詳)の畝。

Ha110burokkoriokar0019953Ha120burokkoriokahataker0019948

↑ ブロッコリー:花蕾が大きくなり始めました。

Ha210kariflowerokar0019962Ha220burokkoriokar0019961_2

↑ カリフラワーの花蕾も大きくなり始めましたが、ロマネスコは未だ花蕾が見えません。 

Ha300kyabetsuhakusaiuner0019997

↑ キャベツ(稜山2号:左)とハクサイ(新理想:右)の畝。

ハクサイは台風21号の強風の影響により、外葉が大分痛んでいるが、なんとか頑張っています。

Ha400mekyabetsuokar0019972
↑ メキャベツも茎に結球(脇芽)ができ始めました。

Ha410mekyabetsuokar0019965
↑ メキャベツの花蕾。 小さな結球(脇芽)が見え始めたので、日当たりを良くするため、下の方の葉を摘み取りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧