カテゴリー「家庭菜園」の記事

2020/12/20

白菜キムチをつくりました(3):キムチの塗りつけと漬け込み完了しました。(2020/12/16)

 我が家の菜園で12月12日に収穫した白菜のキムチ漬の漬け込みが16日に完了しました。収穫から漬け込み完了まで5日ほどかかりました。

少々日時がかかりすぎ!という感もありますが、寒かったが、この間天気が良かったので、体が良く動き、のんびりと愉しみながら仕事を続けることできました。

あと1週間ほどで、食べ頃の時期を迎えます。今年も美味しいキムチ漬がたべられると期待されるので・・・心わくわく楽しみにしています。

20201216400kimutiringoimg_4435
用意したキムチ漬けの材料 1
上段左から右へ:  ①ニンニク ②ショウガ ③リンゴ ④ニンジン
下段左から右へ:  ⑤タマネギ ⑥ネギ   ⑦ニラ ⑧ダイコン 
20201216405ikanosiokaraimg_4439
用意したキムチ漬けの材料 2
左から右へ: ⑨すりごま ⑩はちみつ ⑪ナンプラー 12・イカの塩辛
20201216410kimutinomotozairyouimg_4444
容器に上記の材料を・・・
20201216420kimutinomotozairyouimg_4446
順次いれて・・・先につくったキムチ糊と混ぜ合わせます。
混ぜあわせるときと、次のキムチの塗込めの作業の時は、ビニール手袋は必須。前掛けも準必須。そして場合によってはマスク、眼鏡をかけた方が良いこともあります。
20201216440mimutinomotodekiagariimg_4449
味見をして、用意した薬味や蜂蜜、ナンプラーなどで、辛み、甘み、旨みを調節します。
20201216450yannyomunuriimg_4448
下漬けした白菜とヤンニョムが入った容器をならべて、塗りつけ準備が終わったら、白菜の葉と葉の間に1枚1枚丁寧にヤンニョムを塗り込んで行きます。この、4作業は丁寧にやる必要があるので、たいへん時間がかかります。
塗り終わった白菜は、いったん仮置きの容器(画像の奥に写っている2個の容器)に入れて、それから漬け樽に入れました。

20201216600tarunitsukekomikanimg_4469
「漬け樽」にポリ袋を敷き、白菜を順次詰めてゆきます。白菜の間に隙間が出来たときはヤンニョムを詰めます。

20201216720tsukekomikanryouimg_4475

「漬け樽」の大きさは、ホームセンターで購入した20リットル入りの漬物用ポリ樽で、3個の白菜が十分余裕を持って収まりました。
20201216740tsukekomihakusaikimutiimg_448
蓋をして、一晩部屋(常温)に置いたあと、軒下デッキ(寒いところ)に置き、シートをかぶせて、発酵が進むのを待ちます。
食べ時の目安は1週間ほど経った頃から。
そのときが楽しみです。

|

2020/12/19

白菜キムチをつくりました(2):キムチの材料集めと漬け込み下ごしらえ(2020/12/16)

自家栽培で収穫した白菜は単純な塩漬けなども美味しくて重宝しますが、もう少し、食のレパートリーを広げようと思いたち、韓国風キムチ漬けをここ数年、作っています。

今年も、白菜が収穫の時期を迎え、冬が訪れてきたので、近くのスーパーに出かけて必要な食材キムチの素や、足りない野菜・食材などを買い求めて、納得のいく”美味しい?”「キムチ漬け」づくりにいそしんでいます。

作り方の基本は、本場韓国のレシピに従っていますが、日本では得がたい食材もあり、代替品を使っているので、出来た味わいは本場物とはかなり、かわっているかも知れません。作り方レシピは、昨年と同じですが、白菜の下漬けの塩分は昨年は3%でしたが、今年は4%として、漬けましたが、味見したところ、少し塩辛かったので水洗いしました。

ヤンニョム作りに使った食材

リンゴ・中玉:赤:さんフジ  黄:シナノゴールド

2020121603164kimutiringoimg_4423
卸し金で「摺りおろし」
皮付き、皮をむいてもどちらでも良い。
2020121604126kimutisyougaimg_4408
ショウガ:卸し金で「摺りおろし」


2020121607270daikonkimutiimg_4390
大根:「千切りスライサー」で千切り(細切り)

2020121607272kimutidaikonimg_4393
軽く塩を振ると水気が出るので、水を絞り出す。

2020121606168kimutininjinimg_4399
人参の千切り(大根と同様)

2020121605122ninnikuimg_4428
ニンニク:手動「みじん切り器」で微塵切りにする。
簡単で、手間がかかりません。

2020121608190nirakimutiimg_4403
ニラ:包丁で「小口切り」 長さ約4cm
2020121608192kimutiniraimg_4406
ニラの小口切り
ネギも同様にして、長さ4cmの小口切りにする。
以下「画像枚数の制限」のため、次号につづきます。

|

2020/12/18

白菜キムチをつくりました(1):ヤンニョム(キムチの素・キムチ糊)作り(2020/12/15)

12月14日夜から15日の朝にかけて、大陸からの寒気の侵入を受けて、関東地方南部も冷え込みが一層厳しくなり、横浜気象台では「初雪」が観測されたそうです。茨城県南部の当地も、15日朝起きて裏の畑を見ると日陰のところは一面に霜柱が立っていました。

しかし、その霜柱も日の出とともに次第に消え去り、風は冷たいけれど、防寒をしっかりすれば、なんとか外仕事も出来そうな冬日となりました。そこで、善は急げと、13日につけ込んだ白菜の下漬けをとりだして、キムチの漬け込みにかかりました。

2020121510hakusaisitazuke_20201217230501
12月13日一昼夜漬けしたキムチ用の白菜の下漬けができあがりました(2020/12/15)。
2020121520hakusaimizuaraiimg_4314
白菜は、一夜干しした白菜の重量の4%の濃度で塩漬けをしたので、ちょっと食べてみて塩辛かったので、
軽く水洗いをして全体を絞り、ざるケースにあげて水をきります。・・・・
2020121530hakusaisitazukeimg_4328
下漬けした白菜は、ざるケースにあげ、一夜干しておいて水をきりました。
下漬けの作業が終わったので、午後はヤンニョムをつくるための材料集めをしました。
12月16日  ヤンニョム(キムチの素・キムチ糊)づくり 
20201216115kimutidukezairyou1img_4354
キムチ漬けの材料1:①ニラ1把 ②ネギ1本 ③リンゴ2個 ④ショウガ100g
⑤ニンニク3玉+α ⑥人参1本 ⑦大根1本1000g 
2020121650kimutizukezairyou2img_4355
キムチ漬けの材料2:⑧蜂蜜・適量 ⑨中粗挽き唐辛子100g ⑩粉唐辛子50g ⑪だし昆布13枚(5cx8cm)
12・イカの塩辛220g 13・だしパック1袋 14・すりごま1袋 15・鰹だし1袋 16・ナンプラー・大さじ3 17・塩532g(下漬用) 
2020121660konbukatsuobusiimg_4369
キムチのりをつくるための「だし汁」をつくります:
次に「キムチのり」をつくります。
2020121670motinoriimg_4375_20201217230501
キムチのりは、5~10mm角に刻んだお餅を使ってつくりました。
2020121680mochinoriimg_4376_20201217230601
水500ccを入れた鍋にサイコロ状に刻んだお餅を入れて火をつけ、割り箸でかき混ぜながら焦がさないようにして溶かします。
これに、別につくっておいた昆布のだし汁や、かつおのだし汁を加え、のり状になったら中粗挽き唐辛子(100g)、粉唐辛子(50g)を少しずつ混ぜて攪拌し、均等になったら火を止めます。

2020121690kimuchinoriimg_4380_20201217230601
できあがったヤンニョム「きむちのり」。
以下、次号に続きます。

|

2020/12/13

白菜キムチの下漬けをしました(2020/12/12~13)

2020/12/12: 白菜が収穫の時期を迎えたので、今年も自家製の「白菜キムチ」づくりをはじめました。菜園「まさる畑」で栽培した白菜「新理想」3個を収穫し、枯れ葉や余分な外葉を取り除き、土などによる汚れを水で軽く洗い落として1個づつ計量した後、それぞれの白菜を4等分して12片に分割しました。分割した白菜は、乾きを早くするために、根元に包丁を入れた後、プラスチックケースに並べ、1昼夜干ししました。

2020/12/13:1昼夜干しした白菜を、再び計量し、その重量Wを基準値として採用しWの4パーセントを「下漬けの塩の重量S」としました。1昼夜干しした白菜の重量Wは3個で13.3kgあったので、「下漬けに必要とする塩の重量」Sは532gとなりました。

2020121210ahakusaihatakeimg_4183s
9月18日植付け、12月12日収穫。
植え付けから収穫まで85日かかりました。

2020121210hakusaisitazukebimg_4269
左:A株5.2kg  中央:B株5.0kg  右:C株4.8kg
今年は、天候不順でしたが白菜は“ホウサク?”でした。

20201212100hakusaisitazukeimg_4270
4分割して1夜干し(12/12-12/13)したあと、また計量して、
「下漬け」に必要な塩の重量を算出ました。
手前:A株 4990g  中:B株 4190g  奥:C株 4140g

20201213100hakusaisitazukeimg_4285
焼酎で漬け樽を消毒しました。 着け樽の大きさは20リットル樽
3株の分割した白菜12片は、この2個の樽に振り分けて漬けました。
もちろん塩の量も同じ割合(4パーセント)で振り分けました。

20201213100hakusaisitazukeimg_4291
下漬に使った塩の量は、1夜干し後の白菜3株の総重量(13.3kg)の4パーセント(532g)としました。

20201213100hakusaisitazukeimg_4292
漬け樽は20リットル樽2個を使用しました。
始めに、白菜が樽に入りきれるか試しに入れてみます。OKです。
20201213100hakusaisitazukeimg_4294
塩を振った白菜はポリ袋に入れて、2つの樽に分けて入れ、漬け込んだ白菜の重さの3倍+αの重石をのせました。


20201213100hakusaisitazukeimg_4300
軒下に置いたので、漬け樽全体をポリ袋で覆いました。

 

 

|

2020/12/05

サトイモを収穫しました(2020/12/04)

数日前の朝、裏の畑にうっすらと霜柱が立ったのが観察されました。「そろそろ、サトイモの収穫の時期が近づいたよ」との、天からのおしらせです。寒くなると、だんだん外に出るのが億劫になってきますが、4日は朝から風もない、ぽかぽか陽気の菜園日和り。天の呼びかけに感謝して、畑で陽をあびながらサトイモ掘りをして体力を鍛えました。

 

20201204150satoimosyukakuimg_4121
収穫したサトイモ(石川早生系)の一部(2020/12/04 撮影)
12株で8.6kgありました。
我が家の畑では平年に比べてイモか小ぶりで、収量は少ないです。原因は天候不良によると思われる。

20201204140satoimosyukakuimg_4116
掘りあげた様子 (2020/12/04 撮影)


20201204130satoimosyukakuimg_4107
切り株 (2020/12/04 撮影)


20201204120satoimosyukakuimg_4100
左の1畝だけほりました。(2020/12/04 撮影)


20201204110satoimosyukakuimg_4090
霜が降りて葉が少し枯れ込みました。
左の畝:石川早生系  右:土垂れ (2020/12/04 撮影)


2020090210satoimoabimg_2754
8月~9月は平年に比べて降水量がすくなかった。
左の畝:石川早生系  右:土垂れ (2020/09/02 撮影)

2020062911satoimoimg_2707
5月~7月は平年に比べて降水量が多かった。
左の畝:石川早生系  右:土垂れ (2020/06/27 撮影)

2020041613satoimoabr0012574
4月16日に植付けました。収穫まで7カ月余・・・長いですね!
左の畝:石川早生系  右:土垂れ (2020/04/16 撮影)

 

 

|

2020/12/02

菜園の冬野菜(2):ブロッコリー、カリフラワー、ハクサイ、ロマネスコ

9月18日菜園に植付けたブロッコリー(ハイツSP)、9月20日に植付けたカリフラワー(白)、ハクサイ(冬峠)、ロマネスコが、栽培初期は水分不足に悩まされ、中期は”青虫”(モンシロチョウの幼虫)などの害虫による食害を受けて悩まされました。このため、今年の収穫はだめかと、あやぶまれましたが、後期の天候の回復によってようやく体勢を持ち直し、待望の収穫の望みが見えてきました。

2020120106aburokkoriimg_4058_20201202200301
ブロッコリー(ハイツSP) 12月1日撮影

2020120107romanesukoimg_4067
ブロッコリーの畝  ”青虫”に葉を大分かじられてしまいました。

20201201kariflower01img_4052
カリフラワー 12月1日撮影
1個収穫しました。初収穫です。

202012106burokkoriimg_4055
カリフラワーの畝 

20203011030hakusaifuyutougeimg_3478
ハクサイ(冬峠) 11月30日撮影
冬採りの中晩生種です。

20203021030hakusaifuyutougeimg_3476
ハクサイ(冬峠)の畝 「新理想」より”巻き”が遅い。

20201201kariflower02img_4050
ロマネスコ まだ”蕾”が小さいです。12月1日 撮影
青虫の食害を受けています。

2020103008romanesukoimg_3483
ロマネスコ  11月30日 撮影
この頃は”青虫”の被害は、受けていない。

2020103009romanesukoimg_3481
ロマネスコの畝 11月30日撮影。
9月20日に植付けたが、生長はいちばん遅れました。

|

2020/12/01

菜園の冬野菜(1):ハクサイ、芽キャベツ、キャベツが大きくなりました。

9月18日に植付けたハクサイ(新理想)と芽キャベツ、9月20日に植付けたキャベツ(陵山2号)が大きくなったので、ハクサイ1個を試し採りしました。今年冬野菜の初収穫です。

芽キャベツは、「芽かき」をしましたが、捨てないで味見をしてみようと思っています。キャベツも大きくなったので、1個試し採りして味見をしようと思っています。

2020120101ahakusai35kgimg_4030
白菜(新理想) 今冬の初収穫です。3.5kgありました。
2020120101bhakusaiuneimg_4034
白菜の畝 

2020120101chakusaisinrisouimg_4036
青虫の被害を受けましたが、まあ、大丈夫でしょう。

2020120104amekyabetsuimg_4045
芽キャベツの「芽かき」をしましたが、全部捨ててしまわないで、良さそうなものを味見しようと思っています。

2020120104cmekyabetsuimg_4086
味見用の芽キャベツ

2020120102bkyabetsurz2img_4042
キャベツ(稜山2号)も大きくなりました。

2020120102akyabetsurz2gouimg_4038
キャベツの畝

|

2020/11/29

11月の菜園の作業のまとめ

11月29日 あと1日で11月もおわりで、明後日から12月です。このところ、ブログの掲載が怠りがちになってしまいましたが、菜園の野菜栽培は続けています。栽培状況の画像は撮っているのですが、撮った画像の処理や、掲載に手間がかかってしまったので、今回は掲載は諦めて、栽培の記録は、箇条書きで簡単にももするだけにとどめました。

11月2日 ネギ(根深ネギ、下仁田ほか)の追肥と土寄せをする。

11月5日 ホウレンソウ(次郎丸)種まき完了。

11月13日 さといも(第1陣・自家栽培種「土垂れ」)を収穫。

11月15日 ソラマメ(第2陣・千葉半立ち)移植。

11月21日 つくば市T自然の森公園に鳥見行。ルリビタキなどを撮影する。

11月23日 つくば市T自然の森公園に鳥見行。

11月24日 エンドウ、ソラマメの「小枝支柱」を立てる。

11月27日~29日 庭の草取り、庭木の剪定・切り戻しなどを行う。

 

 

|

2020/11/25

ビワの枝の切り戻し(間引き剪定)と摘蕾

11月1日 菜園「まさる畑」の隅に植えてあるビワ(茂木)が、大きくなったので間引き剪定(切り戻し)をシマした。蕾も見えだしたので、もう少し経ったら、摘蕾しようと思っています。

 

|

2020/11/02

サツマイモを収穫!

しばらく休息しましたが、ブログを再開します。
鳥見などに出かけたいのですが、コロナ騒ぎで遠出の外出は自粛し、もっぱら近間の菜園で野菜づくりにいそしんでいます。
2020092501satsumaimoimg_2870_20201102004501
2020102902satsumaimoimg_3419
2020103001satsumaimoimg_3434
2020102910satsumaimoimg_3438
2020102912satsumaimoimg_3441
2020103001satsumaimoimg_3504

5月4日に植付けたサツマイモ(ベニアズマとベニマサリ:各10株づつ)を9月29日に収穫しました。

収穫量はベニアズマ18.2kg、ベニマサリは18.8kgありました。

|

より以前の記事一覧