カテゴリー「家庭菜園」の記事

2017/03/27

2016年産サトイモの保存結果:腐り少なくて成功です!

サトイモは寒さに弱く低温条件下では簡単に腐ってしまい、また乾燥条件下に置くと水分の蒸発によりイモが干からびて味覚が激減し品質は大幅に低下してしまいます。

このため、どのような方法でサトイモを保存したらうまく冬を越せるのかが生産者にとって大きな課題となります。

家庭菜園レベルでのサトイモの冬季保存方法はいくつか紹介されていますが、これまで次の2つの方法「 ①穴を掘って埋めて保存する。 ②栽培した場所でそのまま保存する。 」を試してみました。

①の方法は、菜園を始めた10年前に、園芸書を参考にしながら3~4年試みましたが、「労多くして益少なし」という結果となり、この方法を続行することを断念しました(その理由んついては、文末に後記しています。興味ある方はご覧ください)。

②の方法は、あまりにも簡単すぎるので、当初は「まゆつば」でしたが、地元の方がやられておられたので1昨年試しにやってみたら、越冬したイモの腐敗率は極めて少なく好成績であったので、昨年(2016年)産のサトイモ も、②の方法を続行することにしました。

今日のブログ「2016年産サトイモの保存結果」はこの②の方法による保存の報告です。

          サトイモの保存   

0020161202153201satoimolast012r0025Ha100a20170311154336okanohatakeyasa

↑ サトイモ収穫後、短期保存(左)と長期保存のイモの割り合を決定する。2016年は

1畝を掘り、短期保存とし、2畝を長期保存とすることにしました。

 左:短期間(収穫後年内)の保存は、イモの細根を取り除き、1個1個分離して、すぐ使う場合には水洗いし、しばらく置く場合には泥つきのまま、発泡スチロールの箱に入れて保存します。

  右:冬を越す長期保存の場合は、②の方法で保存しました。1)イモの地上部(茎・葉)をカットし 2)土を10cm程度被せ、その上に新聞紙で覆う 3)さらにマルチ用のポリビニールをかぶせ、4隅にピンを挿し込んで止め、四周に土を寄せがけして、土の重みでマルチが風に飛ばされないようにする。4)強風が吹くところは、念のためマルチの上に土をのせてマルチが飛ばされないようにする。

Ha120a20170311154417satoimookanohatHa200a20170324111004satoimohoridasi

左: 2017年3月11日に一部掘り起 こし。 右: 3月24日に掘り起こしたサトイモ。 

↑ 年が明けてサトイモを掘ってみました。心配されたサトイモの腐れはほとん無く、無事に越冬できたのが確かめられたので、寒さの心配がなくなった3月24日全部掘り起こしました。

Ha300a20170324111116satoimohorida_2Ha400a20170324123300satoimohorida_2

左:水が澄むまで水洗いをする。  右:イモを大きさごとに区分して、水切りと1日天日干しをする。

↑ 掘り上げたサトイモは、通常の方法で根や汚れを取り、常温保存が可能となったので全部水洗いをして、イモの大きさごとに区分けをした後、2日ほど天日干しをしました。

Ha50020170325122909satoimosyukaku00Ha51020170325122515satoimosyukaku00Ha610a20170325122913satoimosyukaku0

↑ 天日干しをした後、イモの規格別計量をしました。

サトイモの規格別計量結果(規格: 重量:個数:いも1個当たりの重量)

左上: 2L:3.2kg:31個:103g  左下:L :6.5kg: 80個:81g

中上: M :3.0kg:60個: 50g  中下:S :3.5kg:100個:35g

右 :   SS:5.5kg:186個: 27g

結論:腐ったイモはほとんどありませんでした。腐ったイモと傷イモを除いた全収量は21.2kg、全個数は457個でした。今後もこの方法で越冬保存をしようと考えています。

後記:①の保存方法は

1)深さ60~80cmの穴を掘らなければならないが、人力では相当の労力を要する。 

2)サトイモは一旦掘り、根を上にして穴に入れなければならないが、これも相当の労力を要する。②の方法は掘らないで、土をかぶせ、その上に新聞紙とポリビシートをかぶせるけで良い。 

3)埋め込む際、保温資材(わら、もみ殻など)を必要とするが、一般家庭菜園家は調達しにくい。 

4)春になってイモを掘り返すとき、ケース(段ボール、発泡スチロールなど)や袋、あるいはネットなどに入れて埋めた方が、容易に掘り返すことができるが、その分、余分な経費がかかる。

などの欠点があげられるが、②ほ方法では、古新聞と、マルチのポリビシートおよび留めピン以外は経費は掛からず、労力もはるかに少なくてすみます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/26

サクランボ(暖地桜桃)の花が満開です。ハクモクレンも開花し、菜園の夏作のための畑づくりが完了しました。

菜園「まさる畑」の周辺も急に春らしくなってきました。「まさる畑」は、冬野菜栽培後の残り物を撤去して、3月24日、懇意のSさんにトラクターで起耕してもらって夏野菜栽培のための「畑づくり」を完了しました。

そして、隣の畑ではサクランボ(暖地桜桃)の花が満開になり、近くの小学校の庭ではハクモクレンが花を咲かせ始めました。春は着々と進行しています。

Ha100a20170325120913masarubataketsu
↑ 菜園「まさる畑」には、「丘の畑」に植え付けた残りのジャガイモ(キタアカリ)1kgを植え付け、後は定番のキュウリ、ナス、トマト、ピーマン、トウガラシ、シシトウ、オクラ、ズッキーニ、クウシンサイ、インゲン、ササゲ、ショウガ、ニンジン、トウガンなどを栽培する予定にしています。

Ha105a20170325120706autoumasarubata
↑ サクランボ(桜坊):バラ科 落葉樹  別名:オウトウ(桜桃)、ミザクラ(実桜) 

お隣の畑の桜桃の花が満開です。お隣の畑は「まさる畑」と同じ地主さんの畑で今は休耕地となっており果樹だけが残っています。

Ha120a20170325120428autoumasarubata
↑ 桜桃には①甘果桜桃、②酸果桜桃、 ③中国桜桃 の3種があるが、本種は流通名「暖地桜桃」(中国桜桃の仲間 )と呼ばれている品種です。中国桜桃の正式和名はシナミザクラ(たんにミザクラと呼ぶこともある)で、園芸店では「暖地桜桃」の名前で流通しています。

よく名前の知られている「佐藤錦」は①甘果桜桃に属し、果実は大きくて甘いが、自家不結実性です。

Ha130a20170325120445autoumasarubata
↑ 甘果桜桃は自家不結実性で2本の木がないと受粉がうまくゆかず結実しないが、暖地桜桃は自家結実性で1本の木を植えただけでも結実するので、果実が小さいという欠点を除けは、栽培しやすいので家庭菜園向きです。

Ha140a20170325120633autoumasarubata
↑ 毎年、人工受粉をせず、自然放任状態にしていますが、けっこう結実します。しかし、木の高い方の果実は、人手が届かないので野鳥に取られっぱなしです(;д;)。

Ha100a20170325121043hakumokurenmasa
↑ハクモクレン: モクレン科 落葉低木~高木 

Ha110a20170325121043hakumokurenmasa
↑ ハクモクレンは花びらが繊細なので、少し強い風が吹くと、花びらが枝にこすれて痛んでしまうのですが、今年は、まだそのような強風が吹いていないので、純白で綺麗な花を咲かせています。

Ha120a20170325121043hakumokurenmasa
↑ まず花が咲き、若葉は開花中に伸びだしてきます。

Ha200a20170325121043hakumokurenmasa
↑ 入学試験の合否発表の頃に花を咲かせ、入学式の頃には花は終わってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

ジャガイモの植え付けをすませました。

3月24日 晴れ。今日は風がすこしあったが、暖かい良いお天気。一昨日、適度の降雨があり、明後日はまた雨が降るとの予報。3月20日に購入した種ジャガイモの植え時と判断して、「丘の畑」に「男爵」2kg(イモの個数31個)と「キタアカリ」1kg(イモの個数24個)を植え付けました。

Ha10020170320165530jyagaimotane001
↑ 種イモ(男爵2kg、キタアカリ1kg):3月20日 Yホームセンターで購入しました。

Ha110a20170324123222jyagaimouetsuke
↑ 購入した種イモで、男爵は10個ほど、大きいイモがあったので、20日に2分割しあと、切り口を乾かせるために24日まで陰干しをしました。

種イモは男爵31個(1個平均64.5g)、キタアカリ24個(1個平均41.7g)を用意しました。

Ha120a20170324153511jyagaimouetsuke
↑ 3月18日 トラクターで畑づくり をすましたが、今年は 「そうか病」防止のため、苦土石灰は散布しないことにしました。

3月24日 畝づくり。畝幅は少し広く取って100cmにしました。鍬で深さ15cmくらいの溝を掘ります。畝の長さは、これも余裕をもって12mにしました。

Ha140a20170324153551jyagaimouetsuke
↑ 肥料: 元肥として化成肥料(N:P:K=14:14:14)と完熟けいふんを用意しました。

「そうか病」防止のためには、けいふんの使用は控えた方が良いようですが、価格が安いので鶏糞を施用しました。

Ha150a20170324160823jyagaimouetsuke

↑ 種イモは30cmの間隔で置きました。2分割した種イモは切り口を下にして置きます。

Ha200a20170324161722jyagaimouetsuke

↑ 種イモの間に化成肥料1握り、完熟けいふん1握りを施して土を被せました。

植え付けたあと、水はやりません(イモが腐る可能性があるので)。天然の雨を待つのみです。これで終わりですが、いつ、芽が出るか、楽しみです(o^-^o)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

ラッパ水仙が咲きだしました:ジャガイモ種イモの準備

この2~3日暖かいお天気の日がつずきました。「丘の畑」の冬野菜の片付けが終り、18日、地主さんに耕運機で畑の起耕をしていただいたので、今日はHCに行き、ジャガイモの種(キタアカリ2kg、男爵2kg)と1本ネギ(石倉1本、30本)を購入してきました。明日は、雨天の予報なので、お天気と相談しながら明後日以降1週間以内に植え付けをする予定にしています。

この陽気で、庭のラッパズイセン、ムスカリ、トサミズキが咲きだしました。一足先に咲いてくれたマンサクや梅の花はそろそろ終りで、いまクリスマスローズ(レンテンローズ)とジンチョウゲが満開の花盛りです。

Ha10020170320174130rappazuisenniwa0
↑ 庭のラッパズイセンが咲きだしました。

Ha20020170320174218rappazuisenniwa0
↑ ラッパズイセン: ヒガンバナ科 球根植物

Ha30020170320175607rappazuisenniwa0
↑ ラッパズイセンは副冠がラッパ状で、その長さが花びらと同じか、あるいはそれ以上ある。

          ジャガイモの種イモの準備  

Ha10020170320165530jyagaimotane001
↑ 本日(3月20日)お馴染みのHCで、今年の春のジャガイモの種イモ(男爵2kg、キタアカリ1kg)を購入してきました。

Ha20020170320172554jyagaimotane007

↑ 男爵種イモ(A): 小ぶりのイモ21個 

Ha30020170320172440jyagaimotane005
↑ 男爵種イモ(B): 大きい種イモは5個は半分に切割り、10個にしました。 

切った種イモは、切り口を上にして1週間ほど乾かしてから植え付ける予定です。

男爵の種イモは丸のままの種イモが21個、切った種イモが10個で合計31個。植え付けは株間30cmとすると植え付けの長さ9.3m。10m長の畝に丁度はいるかなと考えています。

Ha40020170320172756jyagaimotane011
↑ キタアカリの種イモは1kgで、24個ありました。種イモい個の平均重は41.7gとなります。10m長の畝には余裕をもって植え付けられるかなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

冬野菜畑の片付けと春作の準備開始

未だ朝起きてみると、庭や畑が薄っすらと白くなっていることがあります。霜が降りているのです。しかし、日中はぽかぽか陽気の日が多くなり、春の兆しが感じられます。

菜園の冬野菜もいよいよ終わりに近づきました。一昨日は、畑に保存しておいた里芋を掘り、ブロッコリーと芽キャベツを収穫しました。メキャベツはこれで収穫が終りです。

Ha100a20170311154340okanohatakeyasa
↑ 畑に、当地方の昔ながらの伝統的な「地中保存法」で保存したサトイモを掘り出しました。

Ha110a20170311162121okanohatakeyasa
↑ 芋は、ほとんど腐っておらず、うまく越冬することができました。

Ha120a20170311162218okanohatakeyasa
↑ 4個の親芋からの収穫です。多少、大小不ぞろいなところもありますが、自家消費ですので、まあまあの収穫かなと思っています。

Ha200a20170311154440okanohatakeyasa
↑ ブロッコリも、脇芽が大きくなったので収穫しました。

Ha210a20170311154523okanohatakeyasa
↑ 少し蕾が大きくなったものもありますが、まだ食べられます。

Ha220a20170311154635okanohatakeyasa
↑ お店で売っているようなブロッコリーには及びませんが、結構おいしくいただけます。

Ha300a20170311154733okanohatakeyasa
↑ 芽キャベツは、最終段階です。収穫後、株を撤去しました。

Ha305a20170311162418okanohatakeyasa
↑ 葉は、ヒヨドリやカラスなどの野鳥に大分食べられましたが、

Ha310a20170311154904okanohatakeyasa
↑ 結球(脇芽)の部分は葉に隠れていたので無事でした。

Ha320a20170311154803okanohatakeyasa
↑ 頂部も結球しました。これも食べられそうですが、今まで食べたことがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/20

春を告げる花:マンサクとクロッカスが咲きだしました。

17日の関東地方は、強風が吹き荒れて春一番に見舞われました。寒さで凍えていた我が家の庭も、ようやく春の兆しが見えてきました。

今年も、庭のマンサククロッカスが元気に花を咲かせてくれました。未だ庭の大部分は枯れ葉色ですが、赤、黄、スカイブルーの花色で、ちょっぴり明るくなってきました。

Ha100a20170220141934sinamansakuki00
↑ 庭のマンサクが咲きだしました。

ここでは単に「マンサク」と呼んでいますが、日本在来の「マンサク」ではなく正式名は「シナマンサク」です。日本在来のマンサクに比べて花付きがよく豪華です。

Ha120a20170220141813sinamansakuki00
↑ 昨年の葉がついたままで花を咲かせます(シナマンサクの特徴)。この枝には昨年つけた果実も未だ付いていました。

Ha200a20170220141742akabanamansakuk
↑ 赤花のマンサクも咲きだしました。

Ha220a20170220141721akabanamansakuk
↑ 寒さにもめげず、元気に咲く出してくれました。 

Ha300a20170220142131curocusniwa003
↑ ブロッカス: 暖かい太陽の光をあびて、ぽったりと花びらを開いてくれました。

Ha320a20170220142326curocusniwa010
↑ 陽が翳ると、花びらを閉じ、陽が当たるとまた、花びらを開けます。

Ha400a20170220142258curocusniwa007
↑ 淡い青紫色のクロッカスも咲きだしました。

Ha420a20170220142202curocusniwa006
↑ 清楚で端正なかたち姿が魅力的です。

| | トラックバック (0)

2017/01/21

庭に来た野鳥(6): ヒヨドリ

ヒヨドリは、あまり庭には来ないのですが、甘いものが好きなようで、ミカンなどを見つけるとすぐ食べに来ます。

メジロはミカンが好きですが、ヒヨドリもミカンが好きです。ヒヨドリはメジロさんのために庭に置いたミカンにすぐ気が付いて、食べに来ました。しかし、メジロと仲良く食べるのではなく、メジロを追い散らして、独り占めして食べてしまうので、ヒヨドリに対してはネットを張って食事制限をしました。

To100a20170105113114hiyodori0105a02
↑ 庭に来た鳥(2017-6) ヒヨドリ 1月5日撮 本年初撮。

庭がメジロやシジュウカラの鳴き声で賑やかなのにヒヨドリが気がつき、何事かと様子を見に来ました。

To200a20170105112655hiyodori0105a00To210a20170105112655hiyodori0105a00

↑ 好物のミカンを発見。飛びつきました。

To300a20170105113321hiyodori0105a04To310a20170105113325hiyodori0105a05

↑ あれよ、あれよと言う間に、メジロさんの分まで食べてしまいました。

これではたまりません。ヒヨドリさんに食事制限をさせてもらうことにしました。

To500a20170117114317hiyodori0117a00
↑ その方法とは・・・・・・  ( ヒヨドリ 1月17日撮)

To600a20170117114508hiyodori0117a06To610a20170117114508hiyodori0117a_2

↑ ネットを被せることです。

メジロさん専用の「ネット・レストラン」とヒヨドリさん用のネットを張らない「オープン・レストラン」を別々に開きました。

To700amejiro0117a001To710amejiro0117a000

↑ メジロさん用の「ネット・レストラン」には、メジロは簡単に入れるが、ヒヨドリはネットが邪魔をして簡単には入れません。 メジロさんはネットの下の隙間から出入することができます。

これで、メジロさん、安心して食事だできるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/30

菜園の仕事納め:お世話になりました。

我が家の菜園の野菜たち、初夏の干ばつ、秋の長雨など、天候異変が続きましたが、何とか頑張ってくれて、収穫までこぎつけてくれました。ありがとさんです。

Ha100a20161229143259kyabetsuyasaiok

↑ キャベツ(稜山2号):今年の野菜栽培で最も成績の良かった野菜は、キャベツでした。青虫の食害を若干受けましたが、そのほかはなんの不安もなくすくすくと育ってくれて収穫することができ、親戚などにもおすそ分けすることができました。

Ha110a20161229112703kyabetsuyasaiok
↑ まだ、来春の分まで残っています。無農薬栽培で安心して食べられます。

Ha200a20161229140245hakusaiyasaioka
↑ 白菜(新理想): 生食、白菜漬け、キムチ漬け、おすそ分け用などに収穫しましたがまだ若干残っています。

Ha210a20161229112727hakusaiyasaioka
↑ 寒害や鳥害をさけるため、頂部に下葉を被せて越冬させます。

Ha300a20161229112853burokkoriyasaio
↑ ブロッコリー:ブロッコリーも今、収穫最中です。

Ha310a20161229112915burokkoriyasaio

Ha320a20161229112931burokkoriyasaio
↑ 脇芽の小さなブロッコリーは来春早々に収穫でしそうです。

Ha400a20161229113212karifloweryasai
↑ カリフラワー : カリフラワーも収穫期となりました。

Ha410a20161229113212karifloweryasai
↑ カリフラワーは、ヒヨドリによって葉の食害をかなり受けています。

Ha500a20161229113757romanesukoyas_2
↑ ロマネスコ: 少し成長が遅れてしんぱいしたのですが、きれいな姿を見せてくれて安心しました。

Ha510a20161229114019romanesukoyasai

↑ ロマネスコの葉もヒヨドリの食害を受けて葉がボロボロになってしまいました。

Ha600a20161229113705mekyabetsuyasai
↑ 芽キャベツ: 健康優良児で、病気にもかからず、食虫害もほとんど受けていません。冬のビタミン補給野菜として重宝しています。

Ha700a20161229140158daikonkabuyasai
↑ ダイコンとカブ: 大根は「沢庵漬け」用として、収穫したが、まだ生食用その他として畑に残したものが収穫できます。

Ha710a20161229123007daikonyasaiokai
↑ 大根は漬け物、煮物、生食用などいろいろな用途に使えるので重宝します。冬越文がまだかなり残っています。

Ha720a20161229123640kabuyasaiokai07
↑ カブも大根と同様、いろいろな用途に利用できますが。私は、京都風のべったら漬けが大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/22

白菜キムチを漬け込みました(2016.12.21)

あっと言う間に、師走も半ばを過ぎてしまいました。菜園の野菜類が収穫できたので、このところ、大根、白菜など、野菜の漬け物づくり三昧です。

12月18日に収穫した白菜6株を1株4分の1に分割して「下漬け」したのが漬け上がったので、20日に白菜3.5株(1/4分割で14切れ)を「本漬け」として漬け込み、残りの2.5株(10切れ)は「キムチ漬け」として、昨日21日に漬け込みました。

今年も、自前の大根の沢庵、白菜漬け、白菜キムチがお正月にはいただけるでしょう。自然の恵み、天地に感謝です。

Ha100b20161221162844kimutizuke059r0

↑ 12月18日に下漬けをし、12月21日に取り出した下漬け白菜2.5株(10切れ)。

水を絞った後の重量は6.2kgありました。

Ha110b20161221120353kimutizuke013r0
↑  キムチ漬けの材料は九条ネギ(今年は欠)を除いて、昨年と同じです。

ヤンニョム(漬けダレ・薬味)の作り方は・手順・画像は、2015年版および2013年版とほぼ同じです。なお今年作り方は・手順・画像の記録は本文(続き)に掲載されています

Ha120b20161221170547kimutizuke063r0

↑ 用意したヤンニョムの材料。

Ha130b20161221193734kimutizuke165r0
↑ 出来上がったヤンニョム。

Ha140b20161221200445kimutizuke175r0
↑ 白菜へのヤンニョムの塗り込みは夕食後になってしまいました。

Ha150b20161222111626kimutizuke013_2
↑ 白菜にヤンニョムをはさみ、まんべんなくぬり終わったらキムチのタレがこぼれないように二つ折リにし、一番外側の葉で内側の葉を包んで丸め、これを並べて、積み重ねます。

Ha160b20161222111944kimutizuke016r0
↑ 白菜を樽に詰め終わったら、白菜が空気に触れないように表面をならしてラップでぴったりと被います。

順調に行けは1週間ほどで食べられるようになるでしょう(*^-^)。

 

続きを読む "白菜キムチを漬け込みました(2016.12.21)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/20

白菜の「本漬け」をしました。

18日に「下漬け」をした白菜の水が上がったので本日(20日)取り出して、「本漬け」として漬け直しました。

下漬けして2日ほど経ち、1日目で水が上がり、2日目に味見をした結果、やや酸味も感じられるようになったので、取りだして「本漬け」することにしました。

00a20161220122504hakusaihonzuke016r
↑ 12月18日に「下漬け」した白菜(6株)が、2日経過したので本日(20日)、「本漬け」として付け直すために、樽から出し、水を絞って計量しました。計量した結果14.1kgありました。

本漬けの時の塩の量は、昨年と同じくこの計量値0.5%(40g)としました。

今年も「下漬け」した白菜から、「本漬け」と「キムチ漬け」の2通りの漬け物をつくります。

今年は「白菜漬け」(3.5株、8.0kg)、「キムチ漬け」(2.5株、6.2kg)に案分しました。

00a20161220125400hakusaihonzuke024r
↑ 本漬けに必要な材料は次のとうりです。「下漬け」した白菜は3.5株分8kgでしたので。

  塩     40g        昆布     はがき大 5枚

  生姜    5片       唐辛子           5本

00a20161220144725hakusaihonzuke035r
↑ 生姜は千切り、昆布は3cm角切り、唐辛子は手で細かくちぎりました。

00a20161220145130hakusaihonzuke037r
↑ 本漬けした白菜は3.5株分14切れ。漬け樽は少し大きめの40リットルのポリエチレン製容器を使い、45リットルのポリ袋に入れて漬けました。

00a20161220145944hakusaihonzuke050r
↑ 漬け方は2015年と同じなので、詳しい説明は省略します。

00a20161220150319hakusaihonzuke056r
↑ 3段漬け終わって上蓋をし、漬物の2倍ほどの重さの重石をのせます。

00a20161220150354hakusaihonzuke000r
↑ 3~4日で漬け上がるかと思うので、それまでが待ち遠しいですo(*^▽^*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧