カテゴリー「野草」の記事

2018/04/03

春の妖精カタクリ : 野川の花1(2018/03/24)

野川の川沿いの散策をして花見、鳥撮をした後、武蔵野の自然を味わえるかなと思い、野川公園の自然観察園に寄りました。

園内はようやく木々の芽生えが始まり、林床にはリュウノヒゲやヤブランの緑は見られたが、大部分は落葉に被われて枯れ葉色でした。何も花は咲いていないな~と、散策路の柵越しから、少々落胆しながら双眼鏡で見回したところ。何やら薄紫色の花らしいものが遠くに認められました。

近寄って、よく眺めたら、なんと「春の妖精」とも言われている「カタクリ」の花ではありませんか!

カタクリは今から11年前の2007年4月13日に筑波山頂で観察し、以後、春になると筑波山に登って花を楽しんできましたが、今季は、この観察園のカタクリが1番花となりました。武蔵野の平野部では今回が初見です。

カタクリは、子供の頃、風邪を引いた時、母親がつくってくれた「カタクリのおもゆ」で、その名前を初めて知った懐かしい思い出のある、古くからの親しみのある植物です。

Ha100katakuridsc_3927_20180324_1541
↑ カタクリ : ユリ科カタクリ属  多年草 野川公園自然観察園(2018/03/24)。

Ha120katakuridsc_3948_20180324_1544
↑ 赤味がかった薄紫色の花を下向きに咲かせます。筑波山よりは開花が早いですね。

Ha130katakuridsc_3952_20180324_1544
↑ 淡い薄紫色の花をしたカタクリの花も見られました。 花は、日に当たると花被片が反り返ります。

Ha140katakurisc_3932_20180324_15421
↑ つぼみを持った個体は芽が地上に出てから10日ほどで開花し、群落での開花期間は2週間ほどだそうです。 

そして夏になると全草姿を見せなくなります。そう言うことから、このカタクリを「春の妖精」とも呼んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/19

春が来た~(2): ヒメオドリコソウ、タネツケバナ、オオイヌノフグリ

春が来た~note  山に来た~note  里に来た~note  野にも来た~notenote (*^-^)

子供のころの思い出の詰まった花たちが、今年の春も元気に咲き出しました。

Ha400himeodorikosour0024815_2018031
↑ ヒメオドリコソウ : シソ科 越年草(多年草) 

Ha410himeodorikosour0024899_2018031
↑ ヒメオドリコソウの小さな花が、可愛らしい。

Ha500tanetsukebanar0024859_20180313
↑ タネツケバナ : アブラナ科 越年草(ときに1年草)。

Ha510tanetsukebanar0024852_20180313
↑ 「タネツケバナ」とは、「苗代に種もみを水に漬ける頃」に花を咲かせるというのに因んで名づけられたという。

 今は電熱で苗をつくるので、昔のように個々の農家が、種もみを水に漬けて、芽出しをして、苗代をつくる風景は、ほとんど見られなくなった。

Ha610ohinunofugurir0024772_20180313
↑ オオイヌノフグリ : ゴマノハグサ科 越年草  原産地:西アジア

Ha620ohinunofugurir0024782_20180313
↑ 昔から日本に自生していたイヌフグリは、明治中頃に帰化したオオイヌノフグリに押されて、近年はほとんど見られなくなったという。

Ha630ohinunofugurir0024916_20180313
↑ 和名は種子が「犬のふぐり(陰嚢)」に似ていることに由来する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/17

春が来た~(1): ハコベ、ナズナ、ホトケノザの花が咲きだしました。

このところ、ちょっと肌寒い日もあったが、昼間の日差しが暖かい陽気なお天気が続いたせいでしょうか、裏庭や近所の草地では、お馴染みの野草が次々と花を咲かせ始めました。

Ha100hakober0024835_20180313_101707
↑ ハコベ : 春の七草の一つですね。 ナデシコ科 越年草。

Ha110hakober0024835_20180313_101707
↑ かつては万病を防ぐ若菜の一つとして、正月7日にかゆに入れて食べるという風習があったが、今日では畑の作もつに影響するとして邪魔者扱いにされています。

Ha200nazunar0024875_20180313_102430
↑ ナズナも春の七草の一つです。 アブラナ科 越年草。

Ha220nazunataner0025396_20180317_17
↑ 別名:ぺんぺん草。 ナズナの実(上図)が三味線の撥(ばち)の形に似ているところから名づけられた。  三味線~バチで弾いて”ぺんペン”と鳴らす。

Ha310hotokenozar0024824_20180313_10

↑ ホトケノザ : シソ科 越年草(多年草) このホトケノザは春の七草のホトケノザ(和名オニタビラコ : キク科  越年草)とは関係がありません。別物です。

Ha320hotokenozar0024909_20180313_10
↑ シソ科のホトケノザは葉を仏像の台座に見立てた名前。

今日の午後、気象庁は東京でソメイヨシノが開花したと発表しました。平年より9日早く、昨年より4日早い開花だそうです。

我が家の近くの小学校のサクラ(ソメイヨシノ)も、もうすぐ開花しそうです。春は、刻々と進んでいるようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/21

舞岡公園③:コサギ、カシラダカ、カワセミなど(2018.01.17)

「谷津田」の景観を保存した公園: 舞岡公園には沢山の野鳥がいました。

丘陵地が侵食されて形成された谷状の地形を神奈川県や東京都多摩地域では、「谷戸(やと)」と呼び、千葉県や茨城県では「谷津(やつ)」、「谷那(やな)・矢那(やな)」、東北地方では「谷地(やち)」などと呼んでいます。

To50tanbomaiokar0014396_20180117_08
↑ 公園内の「谷戸田(やとだ)」あるいは「谷津田(やつだ)」と呼ばれている「田圃」。

この田圃の周辺に沢山の野鳥や昆虫などが生息しています。

舞岡公園は、「谷戸」あるいは「谷津」の地形と景観と環境を保存した公園で、そこには関東の昔からの山里の景観が、都市化という荒波に破壊されないで残されており、その環境下で生活している野生生物が見られます。

To100kosagimaiokadsc_7377_20180117_
↑ コサギ: 大原おき池で、足を揺すりながら餌探しをしていました。

To200kasiradakamaiokaadsc_7294_2018To210kasiradakamaiokaadsc_7303_2018

↑ カシラダカ: 時々地上に降りて採餌していました。

To300kijibatomaiokadsc_7356_2018011
↑ キジバト:大原池奥にいました。この奥ではコジュケイが鳴いていました。

To310suisyagoyamaiokar0014401_20180
↑ 小学生の学童たちの勉強会:水車見学:管理のおじさんの水車の説明を聞いていました。

To320sagihasisitir0014404_20180117_
↑ 水車小屋の脇の湿地(きざはし池の向い側)でいろいろな野鳥が観察できました。

To410jyoubitakimaiokadsc_7584_20180To420jyoubitakimaiokadsc_7587_20180

↑ ジョウビタキ: ツルウメモドキの実を啄んでいました。

To510aojimaiokadsc_7769_20180117_12To530aojimaiokadsc_7889_20180117_12

↑ アオジ(左♂、右♀)が姿を見せました。

To540aojimaiokadsc_7782_20180117_12
↑ 地上に降りて採餌するアオジ。

To600kakusekireifdsc_7644_20180117_
↑ ハクセキレイ♀も来ました。

To700hakusekireimaiokadsc_7674To710hakusekireimaiokadsc_7678

↑ オスのハクセキレイは道路で採餌です。

To800sijyuhkaramaiokadsc_7730_20180To810sijyuhkaramaiokadsc_7791_20180

↑ シジュウカラも飛び交っていました。

To900mozumaiokadsc_7393_20180117_10To910mozumaiokadsc_7403_20180117__2

↑ 少し離れたところに、モズも出てきました。

To1000kawasemimaiokadsc_7473_201801
↑ 宮田池ではカワセミに会うことができました。

舞岡公園は初めての探鳥でしたが、また訪れてみたい公園の一つとなりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

人参畑に誕生したキアゲハの蛹が羽化して「蝶々」になりました。

菜園「まさる畑」のニンジンの畝に誕生したキアゲハの幼虫。最初は10数頭が見られたが、次第に数が少なくなり、4齢~終齢の頃には3頭しか見られなくなりました。

沢山いたキアゲハの幼虫は、敵の昆虫などに卵を産みつっられたりして命を落とした幼虫もあろうかと思われるが、大方は周辺に飛び交っている鳥(スズメ、シジュウカラなど)に発見されて食べられてしまったのではないかと思っています。

そこで、残りの3頭のうち1頭を保護・観察をするということで、8月12日に我が家の飼育ケースに引っ越し 願いました。

引っ越してきたキアゲハの幼虫0812A号と命名され、8月17日お昼頃に無事「蛹化」 しました。

以下は、そのキアゲハの幼虫0812A号が蛹になった後、「羽化」して成虫の「蝶」になるまでの記録をまとめました。

前回の報告と少し重複しますが、つながりを良くするため、0812A号の「前蛹」と「蛹化直後」の画像を掲げます。 

Ko100kiagehazenyour0011497_20170816
↑ 8月16日20時37分11秒  0812A号 「前蛹」になりました。

Ko200kiagehasanagir0011530_20170817
↑ 8月17日14時50分55秒  0812A号  「蛹化直後」は体色が薄緑色でした。

Ko300kiagehasanagir0011600_20170818
↑ 8月18日07時32分29秒 蛹化後、1日経ったら体色が頭部上半身は灰色、下腹から尾部は淡い橙色になりました。

Ko400kiagehar0012271_20170826_04104
↑ 8月26日04時10分43秒  朝、目を覚ましてみると、体の色が黒くなっていました。

Ko500kiagehar0012291_20170826_04171

↑ 8月26日04時17分18秒 「羽化」の予定日よりは1日早いが、体を動かし始めました。

Ko600kiagehar0012305_20170826_04580

↑ 8月26日04時58分03秒  気がついたら殻がら抜け出ていました(@Д@;

Ko800kiagehar0012329_20170826_05040
↑ 8月26日05時04分07秒  殻から抜け出たあとはゆっくりです。少しづつ羽が広がってきました。

Ko900kiagehar0012337_20170826_05055
↑ 8月26日05時05分56秒 羽の展開がほとんど完了しました。

Ko1000kiagehar0012403_20170826_0727
↑  8月26日07時27分08秒  羽ばたいて、明るい窓際の方に飛んで行き、カーテンに止まりました。

Ko1200kiagehar0012478_20170826_1008
↑ 8月26日10時08分59秒  カーテンを開けて外を覗かせてあげました。

羽が完全に乾くまで、今晩はゆっくりと休ませて、明日、仲間たちのいる自然界へと旅立たせようと思っています。

注: 今回は’羽化の瞬間’には、立ち会うことができなかったのですが、2014年に、「羽化の動画」を撮影し、当ブログ「キアゲハの蛹が蝶に変身しました(動画付き)」に掲載 していますのでご関心のある方ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/29

サトイモの雑草取り、追肥、土寄せとアブラムシ退治

7月19日に梅雨は明けたが、ここ3~4日、’梅雨の戻り’のような雨の日があり、サトイモが元気づきました。 

サトイモも元気づいたが、雑草も負けじと勢いづいたので、膳は急げ、雑草がはびこってしまわないうちに草取りをしてから、追肥、土寄せをすることにしました。

しかし、昼間は暑かったり、畑で作業中に思わぬにわか雨などがあったり、なんだかんだで労働生産性は上がらず、畑作業は3日もかかってしまいましたo(*^▽^*)o。

00a20170727113451009satoimo
↑ 7月27日 「岡の畑」のサトイモの畝の雑草取りを開始。

00a20170729113534027satoimo
↑ 7月28日 雑草を取り終わり、化成肥料を追肥する。

00a20170729130758032satoimo
↑ 7月29日 土寄せを完了する。

00a20170729172600000satoimo
↑ よく見たら、早くもアブラムシが葉にたかっていたので、アブラムシ退治をしました。

殺虫剤は使わないで、’軍手’で払い落としました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

生姜の芽出しと植付け、ミニトマトの苗づくり。

4月17日、HCで生姜の種1kgを購入し、4月22日に発砲スチロールの箱に入れて芽出しをした結果、芽が出たのか確認されたので今日(5月14日)畑に植え付けました。

GWの後半に、娘夫婦と孫娘が、じじばば如何にとやって来たとき、今年小学1年生になった孫娘がイエロー・ミニトマトの種をプレゼントしてくれました。

聞けは、今年の自主学習テーマとして、トマトの栽培と観察をすることにしたそうです。トマトの種はそのお余りで、おじいちゃんも一緒に栽培してほしいという。そこで、じいも残りの種をいただいてイエローミニトマトの栽培に挑戦することにしました。

Ha100a20170514104806002syougauetsuk
↑ ショウガ(三州)の芽出し。 種生姜:4月17日HCで1kg(680円)購入。

4月22日: 発泡スチロールで苗床をつくり芽出し開始。種生姜は手で割って20個の分割(1片の平均重50g)。発泡スチローㇽの底は水が溜まらないように穴をあける。

Ha110a20170514104906004syougauetsuk

↑ 芽がでました。

00a20170514104942007syougauetsuke
↑ 5月14日:すべての種片の1個以上の芽がついたのが確認できたので、畑に植え付けることにしました。

Ha130a20170514173659021syougauetsuk
↑ あらかじめ、畑づくりをして黒マルチで被っておいた畝に、深さ10cmほどの穴を掘り、種片を30cm間隔で置き、土を厚さ5~6cmほどかぶせる。

Ha140a20170514181817022syougauets_2
↑ 種を植え付けた後は、マルチが風ではがされないように厚さ2cmくらい土をのせました。

Ha200a20170514105848008minitomatota
↑ イエローミニトマトの種(サカタのタネ・非買品): 発芽率75%

Ha210a20170514105848008minitomatota
↑ 5月8日播種。 土は2mmくらいかぶせる。 5月12日発芽。

Ha230a20170514105848008minitomatota
↑5月14日 15mmくらいに伸びる。

草丈は15cmくらいまで伸びて、支柱なしでも栽培できるので、ビルのベランダでも栽培できるという。うまく収穫できて、収穫までこぎつけられるか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/21

庭に来た野鳥(6): ヒヨドリ

ヒヨドリは、あまり庭には来ないのですが、甘いものが好きなようで、ミカンなどを見つけるとすぐ食べに来ます。

メジロはミカンが好きですが、ヒヨドリもミカンが好きです。ヒヨドリはメジロさんのために庭に置いたミカンにすぐ気が付いて、食べに来ました。しかし、メジロと仲良く食べるのではなく、メジロを追い散らして、独り占めして食べてしまうので、ヒヨドリに対してはネットを張って食事制限をしました。

To100a20170105113114hiyodori0105a02
↑ 庭に来た鳥(2017-6) ヒヨドリ 1月5日撮 本年初撮。

庭がメジロやシジュウカラの鳴き声で賑やかなのにヒヨドリが気がつき、何事かと様子を見に来ました。

To200a20170105112655hiyodori0105a00To210a20170105112655hiyodori0105a00

↑ 好物のミカンを発見。飛びつきました。

To300a20170105113321hiyodori0105a04To310a20170105113325hiyodori0105a05

↑ あれよ、あれよと言う間に、メジロさんの分まで食べてしまいました。

これではたまりません。ヒヨドリさんに食事制限をさせてもらうことにしました。

To500a20170117114317hiyodori0117a00
↑ その方法とは・・・・・・  ( ヒヨドリ 1月17日撮)

To600a20170117114508hiyodori0117a06To610a20170117114508hiyodori0117a_2

↑ ネットを被せることです。

メジロさん専用の「ネット・レストラン」とヒヨドリさん用のネットを張らない「オープン・レストラン」を別々に開きました。

To700amejiro0117a001To710amejiro0117a000

↑ メジロさん用の「ネット・レストラン」には、メジロは簡単に入れるが、ヒヨドリはネットが邪魔をして簡単には入れません。 メジロさんはネットの下の隙間から出入することができます。

これで、メジロさん、安心して食事だできるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/23

コセンダングサに集う蝶々たち

ようやく秋らしいお天気が続くようになりました。昨日は少々肌寒い日でしたが、今日はぽかぽか陽気の暖かい日となりました。

菜園の見回りをした後、少し遠回りをして帰路についた途中の路傍で、コセンダングサ(小栴檀草)の花に、蝶々~キタテハ、キチョウ、アマトシジミが忙しく飛び交っているのが目につきました。

Ha100a20161023120658kosendangusa001

↑ 路傍に花を咲かせたコセンダングサ(小栴檀草)。

コセンダングサの種子(そう果) には釣り針の返しのような下向きのとげがついているので、冬に、この枯れた叢にうっかり立ち入ると衣服にとげとげの種子がくっついて、取るのが大変です。この種子を「引っ付き虫」とも呼んでいるところもあります。

Ha210a20161023121429kitateha009
↑ コセンダングサの花に来たキタテハ。

白い小さな花びらが見えるので、「コシロセンダングサ(小白栴檀草)」かもしれません。

Ha215a20161023121950kitateha000
Ha220a20161023121342kitateha008
↑ キタテハの幼虫の食草はカナムグラで、成虫は越冬します。

Ha300a20161023121621kichyou000
↑ キチョウも飛んできて吸蜜していました。

Ha400a20161023120916yamatosijimi001
↑ ヤマトシジミも仲良く吸蜜です。

Ha410a20161023121154yamatosijimi005

↑ この花も白い花びらがついているので「こシロノセンダングサ」のようです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/09

菜園の近況(6-7):ラッキョウの収穫と「塩漬け」づくり。

梅雨時になると、ソラマメ、タマネギ、ニンニク、ラッキョウ、ジャガイモなどの野菜類が一斉に収穫の時期を迎え、嬉しいけれど、てんてこ舞いの忙し時となります。

ソラマメ、タマネギ、ニンニクの収穫を終わり、ビワの「袋かけ」も済ませて、昨日(8日)はラッキョウの収穫と、「塩漬け」を済ませました。ラッキョウの「塩漬け(下漬け)」は、1~2週間ぼど経ったら、塩抜きをしたあと、漬け直して「甘酢漬け」などの本漬けにする予定です。

これで、あとはジャガイモの収穫を残すのみとなり、梅雨時の忙繁期は、一段落したので、明日からお山にプチ遠征してきます。ブログを2~3日お休みにしますので、よろしく。 ノ o(_ _)o゚します。

Ha10020160607144532rakkyou001r00144
↑ ラッキョウ畑のラッキョウ(2016/06/07)。今年の我が家のラッキョウは、病虫害の被害はほとんど受けなかったが、収量は例年より少なくて、あまりよい作柄とは言えませんでした。

Ha20020160607160329rakkyou002r001_2
↑ 今年は、玉が大きくならず、分げつ数も少ない。例年は玉が大きくなり過ぎて困ったと思ったのですが、小ぶりな玉が多くなってくると、どこか悪いのかなと思って、またちょと心配になります。

Ha30020160608131105rakkyou003r00144
↑ 掘り上げたラッキョウは鮮度が落ちないうちに、早速、葉茎と根を切り落として水洗いします。

Ha40020160608135100rakkyou004r00144
↑ 薄皮をはがして綺麗に水洗いをした後、笊にあげて水を切り、「塩漬け(下漬け)」のために必要な塩の重量を決めるためのラッキョウの計量をします。

Ha50020160608161045rakkyou007r00145
↑ 今年の「塩漬け」用のラッキョウは1.4kgありました。

昨年は3.3kgを塩漬けにしたので、今年は昨年の半分の量となりました。ちょっとすくないかな~と思ったのですが、1昨年、昨年のラッキョウ漬けがまだ残っているので、今年はこれくらいでもまあ十分かなと自分にいいきかせました。

Ha0020160608161506rakkyou008r001450
↑ ラッキョウの重量が1.4kgなので、「塩漬け」に必要な粗塩はラッキョウの重量の10%としているので、粗塩140gを計量しました。

Ha60020160608162559rakkyou009r00145
↑ 塩を振りながらラッキョウを容器にに入れ、終わったら、ラッキョウがひたひたになるまで水を加えます。そして最後にラップでラッキョウの表面を覆います。

Ha70020160608170429rakkyou000r00145

↑ 容器のふたをした後。備忘のために、ラベルに「塩漬け」漬けこみの年月日、ラッキョウの重量、使った粗塩の重量などを記入して張っておきます。

2週間ほどして泡がふつふつ出てきて発酵したら、塩抜きをした後、3%の塩水に付け直して、「甘酢漬け」をつくる予定です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧